今注目されている遺品整理士とは?遺品整理士を選ぶ際の注意点と費用相場!

遺品の整理をする場合には、個人で行うことができる一方で、業者に依頼して任せる方法もあります。持ち主がいない遺品の整理は想像以上に大変で、専門家に任せて進めた方が早い場合があります。今回は遺品整理のプロとして数多くの現場で活躍している遺品整理士について紹介します。業者の選び方や費用の相場を参考にしますと、適切な業者か否かを瞬時に判断できます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

遺品整理士とは?


遺品整理士とは、遺品整理士認定協会による資格を取得した者で、遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法規制等の知識を、正しく身に付けた遺品整理のプロのことを指します。亡くなった方の荷物を片付けるだけの仕事と思われる遺品整理ですが、その現場では様々な判断が求められることもあります。

遺品整理で苦労しないための生前整理

遺品整理で残された家族が苦労する一番の理由は、荷物が多いことが多く対応に困るという点です。物を大切にする年代であるシニア層は、何でも大切に保管している方が多い傾向にあります。しかし最近注目されている言葉として生前整理や老前整理があります。文字通り老いる前の生きている間に身辺整理をすることで、家にある荷物もそうですが、人間関係においても本当に自分が必要とする方とだけ繋がるようにするという形に片づけることです。

遺品整理士は何でも捨ててしまう?

片付けと聞くと何でも捨ててしまう印象や処分されるイメージを持つ方が多く、遺品整理士の仕事がゴミ処理係と思っている方も少なくありません。しかし実際は遺品整理士が遺族に寄り添いながら、必要であるものともう捨てて良いもの、今判断できないものというように、偲ぶ気持ちと共に片付けを行うのが本来の姿です。

遺品整理士の国家資格化が進められている

遺品整理士と言う資格は現在のところ民間資格として運営されていますが、今後需要が高まることや、本当に必要性が高いことなどを踏まえて、現在国家資格化が進められています。

民間の資格を国家資格にできる?

医療事務などの民間の資格は、有名な資格であっても容易に取得できるイメージがありますが、栄養士や歯科衛生士のように国家資格となりますと、資格そのものの重みが異なります。現在、遺品整理士は国家資格化に向けて動いている最中です。

遺品整理士か国家資格になるとどうなる?

民間の資格を国家資格にすることは容易ではありませんが、実際に国家資格になった場合には、現在以上に世間に名前が知られる存在となり、より一層需要が高まるはずです。現在でも数多くの方から相談がある遺品整理ですが、国家資格化が実現しますと資格取得に関心を抱く方が今以上に多くなりますので、遺品整理で悩む方をサポートする人材が多くなります。

遺品整理士が行ってくれること


では実際に遺品整理士が行ってくれるのはどのようなサービスなのでしょう。

遺品の一次整理作業

遺品整理士の仕事は遺品の一次整理作業から始まります。この作業は不要なものと遺品として残しておきたいものを分ける作業です。沢山荷物がある場合には時間が掛かる作業となりますが、遺族の気持ちに寄り添いながらゆっくり作業をします。遺品には故人の面影や思い出がたくさん詰まっていますので、この作業を遺族が一人で行うのは限界がありますが、遺品整理士と一緒に相談しながら行うことで故人の死を受け止める余裕が生まれます。

廃棄物やリサイクル品の取り扱いを正しく行ってくれる

遺品整理を行いますとどんなに荷物が少ない方でも大量の処分品やゴミが出されます。このようなゴミの分別は、地域ごとに異なる可能性があります。廃棄物やリサイクル品の取り扱いは、正しく行わないといけませんので知識がある専門家に任せると安心です。

リサイクル品の買取りまたは無料引き取り

まだ使用できるものであっても遺族が引き取る可能性がない場合、遺品整理士がリサイクル品の買取りや無料での回収を行います。何でもゴミとして捨ててしまうのは簡単ですが、活用できるものは活用することで、場合によっては遺品整理の費用から買取り価格を差し引いて計算してもらえます。

個人情報の適切な処理

個人情報の適切な処理はとても大切な作業で、遺品整理士に依頼することで安心して任せられます。特に最近はデジタル機器の中にあるデータの処理が大きな一つの作業となっています。このようなことに対する相談をすることができます。

簡単な清掃

荷物を片付けで終わりではないのが遺品整理です。最後に簡単な掃除をして部屋の中を綺麗な状態にして作業が終了します。場合によっては家を引き払う方や手放す方もいます。ゴミなどを全て片付けて元通りにします。

遺品整理士に任せた場合の費用相場は?

実際に遺品の整理を遺品整理士に任せた場合には、費用の相場がどのくらいであるかしっておくと良いでしょう。しかし地域によって相場が異なるため、目安の料金となりますが参考になると思います。
■ワンルーム: 30,000円~110,000円
ワンルームのマンションやアパート、部屋の一室などがこの料金になります。

■1DK:30,000円~130,000円
ワンルームよりも少し広くなる1DKは、相場価格も少し値上がりします。

■1LDK・2DK:50,000円~260,000円
部屋が広くなる分だけ相場価格が上昇します。

■2LDK・3DK:90,000円~410,000円
アパートや団地などに多い間取りですので、多くの遺品整理の際はこの金額で見積もりする方が多い傾向にあります。

■3LDK・4DK:120,000円~700,000円
一軒家の遺品整理を行いますと、高い場合には50万円以上になります。

■4LDK・5DK:150,000円~800,000円
少し広い一軒家ですと100万円近い費用を用意しておいた方が安心です。

遺品整理士への依頼は複数の見積りで比較

一つの業者で決めてしまう方も多い遺品整理士への依頼ですが、複数の業者へ見積もりを依頼した方が、サービス面や費用の比較ができるのでおすすめです。場合によってはすぐ対応してもらえない場合がありますので、時間に余裕を持って依頼しましょう。

遺品整理士は希望した日時に遺品整理を依頼できますか

業者側の予約状況によっては、依頼者が希望する日時に先約がある可能性がありますが、希望する日時をいくつか候補として挙げておきますと、柔軟な対応ができます。業者によっては土日や祝日、早朝からの作業や夜間のゴミ回収に対応してもらえることがありますので、相談してみる価値は十分あります。

遺品整理士が多い業者ほど良い業者?

遺品整理士が多い業者は信頼できる感覚ですが、多くの在籍数を誇る業者であっても全員が遺品整理の日に来るわけではありません。アシスタント的な役割の方も同行することが多いので、遺品整理士の人数だけで全てを判断するのは良くありません。様々なポイントを見極めましょう。

遺品整理士を選ぶ上での注意点


遺品整理士を依頼する場合には、様々なチェックポイントがあります。自分が受けたいサービスが受けられるように、しっかり調べてから契約するのがおすすめです。

悪徳業者には注意を!!

どのような業界にも存在する悪徳業者ですが、遺品整理士にもそのような業者が存在します。良く分からないことや初めて依頼する方が多い分野ですので前例を知らないことから、騙されやすい傾向にあります。まずは見積もりを取って、費用を確かめるようにします。その際必ず総額」記載されているか確かめます。基本金額は格安だが追加料金などを積み重ね多額な請求をしてくる業者も多く、安いと思って契約したのに結局他よりも高い費用を払って損をしたという方も多いようです。注意しましょう。

キャンセル料も確かめておく


キャンセル料の項目はあまりチェックしないかもしれませんが、よく見ておきましょう。事情によってキャンセルをする場合、キャンセル料が発生する場合や全額費用を納めてからのキャンセルの場合は、返金されないなどのトラブルが多いようです。

大切な遺品を大切に取り扱ってくれそうかを確かめる

遺品整理の大切なポイントは、遺品そのものに対する取り扱い方です。遺族に何も相談しないで何でも捨ててしまう業者も多く、実際には遺品として残そうと思っていたものまで捨てられてしまった経験をする方もいます。実際に作業を開始するまでは分かりませんが、依頼者への対応の仕方などから推測するしかありません。

遺品整理士に依頼せずに行う遺品整理は可能?

荷物が少ない場合や几帳面な故人が生前既に荷物をある程度片づけていた場合などは、専門家に依頼せずに自力で遺品整理をする方もいます。

遺品整理前には遺産分配を円滑に進めよう

個人的に行う遺品整理の場合は、家族だけでなく親族に集まってもらって、遺産の分配も済ませてしまいましょう。時期的には四十九日法要の前後など忙しい時期ではありますが、後になって欲しかった〇〇が見つからない!などと言い争いになることがあります。できる限り予定を合わせて遺産分配を済ませましょう。

費用が掛からないから自分で遺品整理をしたほうがお得?

遺品整理は個人で行った方が安上がりで良いと思われますが、処分品をトラックで運ぶ手間や不用品の買取り依頼を自分で行うなど、費用を掛けない分だけやることが多くなって負担が増えます。荷物が少ない場合であっても、適切な処分が必要な人形や仏具などの取り扱いなど、やはり相談したいことが出てくるはずです。親族とよく相談をして遺品整理士への依頼をするのかやめるのか考えてみましょう。

まとめ

いかがでしたか。遺品整理士という資格は良く知られる存在となってきましたが、今後さらに需要が高まる注目の資格です。遺品を整理することは亡くなった方の荷物を処分するだけではなく、様々な思い出が詰まったものを遺族と一緒に整理する作業です。遺品整理士への依頼を検討している方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい