グループホームの費用相場について!初期費用と月額費用を解説!

介護の施設には様々な種類がありますが、特に認知症患者が集う施設は、患者本人と共に世話をする家族の支えとなっている場合があります。その中でも今回紹介するグループホームは、費用に関することを始め知らないことが多い施設の一つです。現在家族が認知症患者である場合を始め、興味がある方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

グループホームとは


グループホームとは、認知症や痴呆症の症状を持っていて、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が専門スタッフの援助を受けながら5名から9名の1ユニットで共同生活する介護福祉施設です。特に介護関連の場合には、認知症高齢者のための住まいとして認知症対応型老人共同生活援助事業と呼ばれているグループホームは、家庭に近い環境で入居者の能力に応じて、それぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら自立した生活を送ります。認知症にかかっている高齢者が入居を検討する施設として、最初に名前が上がってくるのがグループホームです。社会的に高齢化が進み認知症高齢者の数も増えてきた今では、その情勢に合わせるようにグループホームの数も少しずつ増加傾向にあります。

グループホームは狭き門です

施設数に対して入居希望者が多いグループホームは、少人数制であるため利用したくても利用できない場合や、希望とは違う施設に決められてしまう場合があります。しかしこの差は地域によって異なり、比較的スムーズに入居できる地域もあります。

入居に条件があるの?

グループホームは、入居対象となるのは原則65歳以上の方です。要支援2または要介護1以上の介護認定を受けている方で、施設の所在地と同じ市区町村の住民の方が入れます。グループホームは地域密着型サービスのひとつですので、施設と同一地域内に住民票がある方が対象となっています。例えば遠方に住む家族が高齢者を転居させて、自分の自宅近くにグループホームに入居させるということはできません。

グループホームの医療や介護は?


認知症について正しい知識を持った介護スタッフが常駐していますので、入居する高齢者の精神的な安定や自立支援を目的とした介護を行います。原則的に医療面でのケアは行っていません。伝染性の病気や疾患を持っている方、重度の介護が必要な方で共同生活を送ることが困難な方は、入所が難しい場合がありますので良く確認をしましょう。また入所時から比べて身体状況が悪化して共同生活ができなくなった方や、入院期間が長くなった場合には退去しなければならないこともあります。なお入所の際には審査が必要になり、面談や診断書から本人が入所基準を満たしているかどうかを判断しています。

グループホームって何するの?

グループホームの入居者は、介護サービスや生活支援サービスを受けながら、食事や掃除を始め洗濯を自分たちで行い、共同生活をしていきます。リハビリやレクリエーションの機能訓練を通して、認知症の進行を緩やかにします。そして健康的な暮らしができるように日々の生活からできることを増やします。

グループホームで必要な費用は?

グループホームで必要な費用について紹介します。

初期費用

初期費用とは入居一時金と保証金です。合計で100万円ほどと言われています。内訳を紹介します。

入居一時金

入居一時金とは、グループホームを利用する権利を得るために支払う費用です。施設によっては償却期間や償却率があらかじめ決められていて、一定期間内に退居した際にはこのルールに基づいて返還金が入居者や家族に返還されることになります。償却期間や償却率は国によって定められた規定がないため、施設によって2年のところもあれば10年以上のところもあるなど様々です。

保証金

保証金とは、賃貸住宅入居する際にかかる敷金にあたるものです。退居をする際の修繕費や清掃費、家賃を滞納した分の滞納分として預けるものとなります。基本的に退居時に返却されますが、契約内容によっては返却がない場合もあるので契約時に償却金と保証金ともにどういった場合にどのくらい返ってくるのかを事前に確認しておきましょう。後々になって退居時のトラブルにも繋がりかねません。注意しておくことをおすすめします。

月額費用

毎月納める費用です。施設などの条件によって異なりますが20万円前後とされています。

介護サービス費用

介護に関わる様々な費用です。グループホームサービス費やサービス加算などが含まれます。

居住費・食費などの生活費

家賃や食費、水道光熱費や紙おむつ代など、生活に関わる全ての出費です。

入居一時金の償却について

入居一時金の償却についてはどのようになっているのでしょう。

知っておきたい!入居一時金の償却について

入居一時金は一定期間内に退去した場合に、施設で決められたルールに基づいて返還金を受け取ることができます。

決まりが施設によって様々

グループホームの入居一時金は、償却期間や償却率は国によって定められた規定がないため、施設によって2年のところもありますが、10年以上のところもあるなど、それぞれによって違いがあります。

グループホームの費用の相場


グループホームの費用の相場について紹介します。

月額使用料は?

月額利用料は15万円から30万円ほどが相場です。内訳は介護サービス費自己負担額が1万円ほど、食費が3万円から5万円ほど、居住費が5万円から8万円ほどです。おむつなどのその他費用は4万円から7万円ほどで、合計しますと月額利用料は15万円から30万円となります。

家賃補助制度とは?

自治体によっては、難病患者などで非課税の方などの場合、家賃補助が受けられる補助制度を導入しているところもあります。この制度は地域によって異なりますので、ケアマネジャーや市区町村の担当窓口で相談してみるのがおすすめです。

その他費用関連で知っておくべき情報

その他費用にはおむつ代などが含まれますが、賢く活用できる耳寄りな情報があるのでしょうか。

場合によっては補助金の適用が可能

収入が低く介護保険適用の介護サービス費が一定額以上であれば自治体から補助金が受けられます。これは高額介護サービス費のことで、介護保険であれば、自己負担金が所得によって決められた上限を超えてしまった方は、超えた分の払戻処置があります。

グループホームのサービスは確定申告での申請は不可

介護サービス費も医療費控除の対象になりますが、グループホームは医療費控除の対象外ですので、話が混同しないように気を付けましょう。

グループホームのサービス加算について


たくさんの加算項目があることは実際にサービスを利用していないとなかなか分かりにくいことです。グループホームに入居するのであれば、その施設が加算対象としている項目の内容を知ることは、どんなサービスを提供しているのかを知るきっかけにもなります。ここではグループホームのサービス加算にどのようなものがあるのか紹介します。

夜間支援体制加算とは

夜間支援体制加算とは、1ユニット辺りに対して深夜や夜間の時間帯に1人以上の職員を配置している事業所が、さらに1人以上の介護従事者もしくは宿直勤務者を配置している際に加算されるものです。加算の単位についてはその事業所が1ユニットか2ユニットかによって異なります。1日25円から50円の加算は月あたりにしてみれば750円から1,500円前後です。夜間の見守り体制に不安があるという方も多いですから、こうした加算をしているかどうか確認するのも大切です。

若年性認知症利用者受入れ加算とは

グループホームの中には65歳以下で認知症を発症した若年性認知症患者の入居を受入れているところがあります。こうしたグループホームに65歳以下で入所する場合は、若年性認知症利用者受入れ加算が利用料金に加えて加算されます。担当者を中心にして若年性認知症患者の特性やニーズに合わせたサポートを行っていることが条件で、1か月あたり3,600円前後が利用者負担として必要となります。

医療連携体制加算とは

グループホームの入居者の高齢化が進みますと、自立した生活を基本とするグループホームでも、医療ケアや看護ケアなどのサポートを必要とする方が増えてきています。しかし、医療体制についてはグループホームによってその体制はバラバラです。医療連携体制加算がされているグループホームでは、24時間連絡体制が整った看護師がいることや日常的に医療機関との連携体制が整っています。最期のときまで入居をしたいと考える方のために、症状が重度化した場合の看取りや対応指針を整備して、家族への説明や同意の取り付けがしっかりとされていることも条件に入っています。看取りケアを希望する方はこうした加算がされることを頭に入れておきましょう。1割自己負担分としては1ケ月あたり1,200円前後です。

看取り介護加算とは

終身グループホームの利用を希望する場合、看取りケアをグループホームにお願いすることとなります。こうした看取りケアも介護保険サービスの加算対象となります。看取り介護加算は、死亡日から起算して1か月間に加算されるものです。医師が回復する見込みがないと診断したのち、介護計画を作成して医師や看護師、介護スタッフが利用者や家族に対して説明を行い同意が得られた上で行われる介護です。

まとめ

いかがでしたか。グループホームは認知症患者が集う施設ですが、共同で職員と生活することで、少しずつ自立した生活へ戻れるようにしていく場所です。介護のスタッフだけでなく家族が一緒に協力することが求められるグループホームでの生活は、入居する本人の認知症の症状が緩和していることが一番の目的です。現在認知症のご家族の施設探しをしている方は、グループホームも入所する施設の候補の一つに是非加えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい