相続放棄の期限が過ぎてしまった場合はどうしたらよい?

相続放棄をする理由は遺産が少ない、相続争いに巻き込まれたくないなど、人によってその事情は様々です。相続放棄の手続きには期限が設けられているため、きちんと期限内に行う必要があります。しかし、期限が過ぎてしまった場合、相続放棄の手続きはもうできないのでしょうか。今回はそうした相続放棄手続きの期限が切れた場合の対処について、詳しく解説をします。

相続放棄をするまでの期限は?


相続放棄は、基本的に相続があったことを知った日から3ヶ月以内にする必要があると定められています。亡くなった人と一緒に住んでいた場合や頻繁に会っていたといったケースでは、相続放棄の手続きには3ヶ月もあれば充分に行えるかもしれませんが、長年交流がなくいつ亡くなったのか曖昧だと言うこともあり得ます。相続放棄は亡くなってから3ヶ月以内と言う数え方をするのではなく、相続人であることを自分が知ったその日から3ヶ月以内になるので、その辺を間違わないようにしましょう。

3ヶ月以上経ち期限切れとなってしまった場合は?

3ヶ月以内に手続きが必要な相続放棄ですが、手続きをせずにそのまま期限が過ぎてしまったら、原則として全ての財産を相続しなくてはなりません。もし、亡くなった人に多くの借金が残っていた場合、相続ではこうした負の遺産も受け継がれますので、何も手続きをしなければ借金は相続人が全て継ぐことになるのです。

期限を過ぎた後に期限を延長する方法はある?

原則として、相続放棄ができる期間は3ヶ月以内と決められていますが、事情によっては相続手続きが行える期間を延長した上で、相続放棄をすることを認められるケースもあります。

「相当の理由」があれば延長可能

相続放棄では、相当の理由があるならば3ヶ月を経過した後でも手続きができる場合もあるとしています。相当の理由としては、不動産や貴金属といったいわゆるプラスの財産、そして固定資産税や銀行のローンなどマイナスの財産がどの程度のあるのか、その状況を知らされた日から3ヶ月が経っていないことです。

遺産の状況を知ってから3ヶ月以内であることを立証できればよい

先にもあった通り、相当の理由の1つには相続になればどのくらいの遺産を引き継ぐことになるのか知り、3ヶ月を経過していないことが挙げられます。そして、その状況をきちんと立証できれば、3ヶ月を過ぎた後でも相続放棄が認められる場合もあると言われています。相続放棄の延長にあたっては、必ず認められると言うわけではありませんが、依頼をするなら弁護士や司法書士などの専門家に任せるのがおすすめです。

裁判所が延長可能か、またどれくらい延長するかを決定


延長が叶うか、どのくらいの期間を延長させるかは裁判所が決めることです。もし、延長が認められれば、一般的にはその期間延長中にできる限り遺産の状況を調査し、それを考慮した上で相続をするのか、相続放棄の手続きを進めたいのか決められます。

相続放棄の期間の伸長手続きについて


相続放棄にあたって延長を認めてもらうには、なぜ手続きの期間を伸ばす必要があるのか、どのくらいの時間があれば相続放棄を検討する理由が解消できるのか、といったポイントを正確かつ丁寧に説明をしなければなりません。しかし、相続放棄に関する熟慮として期間の伸長を考えた場合、そもそもどういった手続きを踏めばよいのか分からないと言う人も多いのではないでしょうか。伸長手続きには、様々な書類の用意や下記のような場所への申立が必要です。

必要書類

まず、必要書類としては相続放棄の期間伸長を求める申立書、相続人の戸籍謄本、被相続人の戸籍謄本あるいは住民票除票、そして申立人との利害関係を証明する資料として、戸籍謄本といった書類を準備する必要があります。期間伸長の申立書は、どの地域の家庭裁判所でも手に入れることができます。さらに、期間伸長の申立をする相続人1人につき800円の収入印紙、連絡用の郵便切手も用意することになります。郵便切手については各地域の裁判所によって金額や枚数が異なりますので、あらかじめ確認が必要です。

書類を提出する裁判所

これらの書類の提出先は家庭裁判所となっています。家庭裁判所は各地域に所在を置きますが、どのエリアの裁判所でも対応してくれるわけではありません。亡くなった人が最後に住んでいた住所にある家庭裁判所と決められていますので、申立の際にはその点もしっかりと把握しておきましょう。

詳細は相続放棄専門の司法書士にお願いすることがおすすめ


もし、相続放棄の形となった場合は相続放棄を得意とする専門家に依頼をすると便利です。もちろん、司法書士といったその道のプロに頼らず自分で手続きをすることもできますが、必要な書類や資料を書き揃えるには時間が掛かりますし、毎日忙しくフリーな時間がなかなか取れない人にとってはとても大変なものです。遺産相続専門の司法書士に任せれば、こうした書類の準備をしてくれますので、相続人となる依頼者は手間が掛かりません。また、相談をすれば相続放棄以外に問題が解決できる様々な方法も教えてもらえるかもしれないので、ここは相続についての法律と知識が豊富な司法書士を頼った方が安心できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。相続放棄は期限となる3ヶ月を経過した後でも可能な場合があるものの、必ず認められるわけではないので、その点もよく理解した上で専門家に相談をしましょう。

あわせて読みたい