国民年金と厚生年金の違いは?

国民年金や厚生年金と聞くと、はっきりとした違いがきちんと説明できる方は、実際にはあまりいないかもしれません。知っているようであまり分かっていない国民年金や厚生年金のことは、実はきちんと理解をしておいた方が得することが多くあるようです。今さら誰かに聞くこともできない国民年金と厚生年金の違いについて紹介します。是非参考にしてください。

国民年金とは?


国民年金とはどのような内容のものなのでしょう。

20歳以上60歳未満のすべての人が加入する年金

国民年金は20歳以上で60歳未満の全ての方が加入する年金で、国民年金の被保険者となります。国民年金第1号の加入手続きをする必要があり、住まいがある役場で申請を行います。手続きが終了した段階で毎月保険料を納めますが、難しい場合には納付猶予制度も設けられています。

20歳以上でも学生の場合には…

大学生や専門学校生など、20歳以上になっても学生の方は今の時代珍しくありません。このような場合は学生納付特例制度の申請を行います。在学証明書や学生証の写しが必要になりますが、短時間で手続きが完了しますので安心です。この手続きによって10年以内であれば追納することが可能で、その期間は全額納付をしたことと同じ扱いになります。

65歳から「老齢基礎年金」を受け取れる

老齢基礎年金は65歳から受け取れます。日本の公的年金制度は、社会保険方式を採用していて、20歳から60歳までの人が払う保険料を基本としています。それに国庫負担である税金を組み合わせることで運営するのが特徴です。

一方で厚生年金とは?

国民年金とは異なる厚生年金はどのような内容でしょう。

法人に勤める70歳未満のサラリーマンは基本加入しなければならない

法人に勤める70歳未満の方が加入するのが厚生年金です。国籍や年金の有無に関わらず被保険者として厚生年金に加入する必要があります。使用期間中の方やアルバイト、パートなど短時間勤務の方も加入することとされています。

個人がもらっている給料によって金額が異なる

しかし支払う金額は事業所からもらっている給料の金額によって異なりますので、沢山稼いで収入が多い方のほうが多く納めるシステムになっています。

最初から2階建ての年金(国民年金が「1階」)


厚生年金保険は、国民年金に追加で支給を受けられる年金とされています。このような構造をしている年金制度を建物に見立てて、一階建てと二階建てというように表現されることがあります。更には企業年金などの私的な年金を受給できる場合、年金の構造は三階建てになることもあるようです。公的年金や私的年金には、国民年金や厚生年金保険以外にも、国民年金基金や確定拠出年金などが含まれます。つまり国民年金が一階で厚生年金が二階、退職年金が三階ですので、上の階ほど手厚い保障が期待できます。

年金保険料の半分は、勤め先が負担

厚生年金の特徴は全額自分で納める訳ではないということです。半分は勤め先の事業所が負担してくれますので安心でしょう。

厚生年金基金、確定給付年金、確定拠出年金の3種類

厚生年金は厚生年金基金と確定給付年金、確定拠出年金の3つで構成されています。厚生年金基金とは、公的年金である厚生年金とは違う厚生年金基金は、企業が運営する企業年金で、所定の条件を満たしている企業でしたら、厚生年金に加入している段階で厚生年金基金にも加入していますので、手厚い年金サポートが期待できます。確定給付年金とは、企業が運用する企業年金で、給付額を先に設定して、将来の年金支給に備える方法です。確定拠出年金とは、加入者が掛け金を自由に設定することで、将来の年金に備えられる方法となります。

厚生年金加入によって受け取れる保険給付

厚生年金に加入することのメリットは、将来への不安や心配を最小限に抑えることです。厚生年金保険では、老齢年金と障害年金、遺族年金が給付されます。しかしそれぞれを受け取るには、受給に関する要件などが設けられていることが多く、この条件を満たす必要があります。

結局国民年金と厚生年金の違いって何?

国民年金は誰もが同じ金額の保険料を納めますが、厚生年金は収入に応じて納める保険料が異なります。このように似たようなシステムである国民年金と厚生年金でも、実際の細かな内容は大きく変わります。制度の仕組みをしっかり理解することが大切です。

国民年金のみの加入と厚生年金に加入している場合の受け取り額の違い

では国民年金と厚生年金では、実際の受取金額にどれほどの差があるのでしょう。

国民年金と厚生年金の平均月額は?

厚生労働省の発表によりますと、国民年金の平均月額54,497円で、厚生年金の平均月額は147,513円とされています。平均額ですので、条件などによって多少の違いがありますが、およそ9万円もの違いがあることが分かります。

夫婦2人の場合の金額の違いは?

夫婦2人の場合はどうでしょう。例えば具体的な数値で例えますと、国民年金を54,497円、厚生年金を147,513円とします。夫婦2人で国民年金のみに加入していた場合は、合計で胃108,994円となります。また国民年金だけでなく厚生年金にも加入していたケースで考えますと、夫婦2人の合計は256,507円と計算できます。このように加入していたものが違う場合によって、合計金額が大きく変わるのが特徴です。

増えています!国民年金の未納者

年金を受け取る権利が得られる国民年金ですが、きちんと納めていない方は何の恩恵も受けられません。しかし経済的な理由を始め、意図的に支払うことを拒否する場合など、未納者が増えているのが現状です。しかし中には様々な理由によって、ある一定期間だけ納め忘れているなどというケースもあります。このような場合は、5年の後納制度というものを活用して、納めていない分の国民年金をきちんと納めることが可能です。

納める方法が色々選べる国民年金

コンビニエンスストアでの支払いやクレジットカードでの決済が可能になった国民年金ですが、納め忘れずにより身近に感じてもらえるように工夫されています。納めても納めなくても大きな違いがないのでは?と勝手な判断をせず、自分の生活に合った方法を選んできちんと納入することをおすすめします。

保障が手厚い厚生年金

高い保険料を支払って加入している方も多い民間の生命保険ですが、厚生年金加入者の場合ですと、遺族年金が支給されますので、無理をして高い保険料の民間商品を利用することはないかもしれません。しかし知人の紹介で加入した手前解約しにくいなどという理由が多い民間の生命保険ですが、家計の見直しをする際に一度生命保険についても再検討することで、意外と大きな出費をしていたのかと気づくかもしれません。

自営業の方の対策は?

厚生年金に加入したくても加入できない自営業者や起業している人などは、国民年金だけでなく国民年金基金などをプラスして将来に備えた方が良いかもしれません。老後だけでなく現役で働いている時から保障の手厚さが異なる国民年金と厚生年金は、自分である程度の金額を確保してもしもの時の予備費を確保しておきますと、仕事中のケガや事故などのトラブル時も安心です。いざという時に役立つものとして、便利な制度を上手に活用しましょう。

国民年金から厚生年金への切り替えはどのようにするの?

国民年金から厚生年金に切り替える手続きは、就職をして働き始める時に行います。一体どのようなことが必要になるのでしょう。

誰が行う?厚生年金への変更手続き

国民年金から勤め先の厚生年金へ切り替える場合には、事務的な手続きは勤め先で行ってくれますので、自分で行うのは国民健康保険の脱退手続きのみです。

前払いした国民年金の保険料…返ってきますか?

国民年金の保険料を前納したにもかかわらず、その前に就業先が決まった場合には、納め過ぎた国民年金の保険料は、手続きをすることで返還されるので安心です。全ての手続きが完了して多く支払った分が戻ってくるまで2か月程度掛かるかもしれませんが、前払いした分は、返還される手続きをするのがおすすめです。

厚生年金から国民年金へ戻す手続きは?

国民年金から厚生年金になることもありますが、その逆で厚生年金から国民年金へ戻ることもあります。このような場合も厚生年金の脱却手続きは会社が行いますが、国民年金への種別変更の手続きは自分で行う必要があります。しかしここで配偶者が厚生年金に加入していて、その厚生年金の被扶養者になる選択肢も加えられます。どちらにしても大切な手続きですので、早めに行って忘れないようにしましょう。

手続きに必要なものは?


どのような手続きをするのかきちんと理解して、適切な書類を取り寄せる必要があります。例えば厚生年金から国民年金へ切り変える時に、その他の書類を記入して届け出しても自分が思った通りのことは実現されません。しっかり確認して取り寄せるのがおすすめです。

国民年金に切り替えたけど保険料の納付が難しい場合

厚生年金から国民年金へ切り替えた時に起こる保険料の納付が困難な状況は、収入の減少や失業などによってやむ終えない時も考えられます。このような時には未納状態を継続させてしまうのではなく、保険料の免除や猶予の手続きを行うことをおすすめします。この制度を利用するためには審査や基準などがありますが、未納のままにするよりは大きなメリットがあります。

まとめ

いかがでしたか。国民年金と厚生年金の違いは、知っているようで知らないことが沢山あることが理解できました。国民年金も厚生年金も加入しなければならない大切なものですので、制度の仕組みをきちんと理解することが重要です。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい