納骨堂への納骨費用はどれくらい?費用相場を紹介!

葬式を終えて次は納骨となりますが、納骨堂へ納骨をする場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?費用相場を知って、高すぎないか知ることで、損はしないので、調べてから納骨堂を決めてみてください。遺族にとって供養も大切ですが、様々なことにお金が掛かるので、詳しく紹介していきましょう。

納骨堂とは?


納骨堂とは室内に遺骨をおさめるタイプのお墓です。形式は様々なものがあり、ロッカー式のもの、納骨堂の建物の中に墓石をおく室内墓所、仏壇に位牌や遺骨を置く場所があるものなどがあります。納骨堂の管理・運営は寺院・公営・民営などで行われています。メリットとして宗教の制約がなく、快適にお参りできる点が挙げられます。

納骨堂に納骨する場合の費用

一般的な墓に入るより、納骨堂に納骨した方が、比較的費用は少なく済むと言われています。また、生前から購入することができるので、家族にとっても、経済的な負担が少なくて済みます。この項目では必ず掛かるお布施の費用相場と、場合によっては掛かる費用について、その他について詳しく説明していきたいと思います。

必ず掛かる費用:お布施

納骨堂に遺骨を納骨する時に行われる儀式が、納骨法要や納骨式と呼ばれるものになります。この時に、僧侶に読経してもらって、供養をしてもらいます。納骨式のお布施の相場は、40,000円前後が相場となっています。お布施を僧侶に渡す時は、お札がむき出しにならないように奉書紙か白い封筒に入れて、お盆か袱紗に乗せて渡します。

場合によっては掛かる費用

僧侶にお布施以外のお礼として掛かる費用には、交通費としてお車代、納骨式の後の会食に僧侶が同席しなかった場合として御膳料があります。費用の相場としては、お車代が5,000円~10,000円程度で、御膳料として5,000円~20,000円程度と言われています。このお車代や御膳料は、お布施を渡す時に一緒に渡すようにします。

お寺の本堂や法要室を使用する場合の使用料

納骨式でお寺の本堂や、法要室を使用する時、使用料について分からないという人は多いです。使用料は、無料の場合もありますが、お寺によっては有料となります。また、金額は所によって様々なので確認が必要です。そのためお寺の本堂や法要室を利用する時は、使用料を確認しましょう。

敷地内に卒塔婆を立てる場合

納骨堂の室内に卒塔婆を立てることは不可能ですが、敷地内に卒塔婆を立てることができる納骨堂もあります。その場合、30,000円前後が相場となっています。こちらも納骨堂ごとに費用の相場は違ってきますので、事前に確認をしてみてください。卒塔婆は1枚いくらと決まっているので、お布施とは別に包みます。

お供え物やお花など

お供え物やお花は必要に応じて、用意します。決まりはありませんが、故人の好きだったものをお供えします。一般的にはお花やお菓子、丸餅やお酒などをお供えします。お供え物やお花の相場は、おおよそ5,000円ほどを見ておけばいいと思います。納骨堂によってはお供え物自体を禁止している所もありますので、確認してからお供えしましょう。

納骨堂以外への納骨について

ここまで納骨堂への納骨について書きましたが、納骨堂以外の納骨についても説明したいと思います。一般的に多い方法として、お墓に納骨するか、現在広まりつつある方法として、納骨はせずに散骨などをするかの、2つの方法があります。現代ではお墓に納骨しても墓の跡取りがいない場合があるので、納骨方法に散骨という方法を選ぶ人も多いです。

お墓に納骨

お墓に納骨する場合、身近にお墓に詳しい人がいますし、形式が分かりやすいことが特徴です。墓石もかなり丈夫で、耐用年数も高いので、維持費がかからないことがメリットです。しかし、お墓に納骨する場合のデメリットに、お墓の跡取りがいないと撤去されることもあるので、跡取りがいるかどうか確認してから納骨を決めましょう。

納骨はせず散骨などを行う

納骨はしないで散骨する場合は、お墓に納骨した時のように跡取り問題もないので、跡取りがいない場合も大丈夫です。ただ、海や山のような自然に散骨する場合、法的に禁止されている場所もあるので、確認が必要です。最近では宇宙葬や海洋葬などを行う業者もあるので、調べてみるといいかもしれません。

お墓に納骨する場合の費用

お墓に納骨する場合に掛かる費用は、どのくらいなのでしょうか?ここでは、例えば納骨するための石材店に支払う作業費用、墓石に彫刻する戒名彫刻料、僧侶に支払うお布施、塔婆を立てる場合は塔婆料、引き出物、線香やマッチ、法要部屋の使用料など…様々な費用について、説明していきたいと思います。

納骨するための作業費用

遺骨をお墓に納めるためには、お墓の下の方にあるカロートという部分を開けて、納めるようになります。このカロートを開ける作業を石材店にお願いする場合は、費用が大体20,000円前後掛かります。なお、自分で開閉できるタイプであれば、石材店に依頼する費用が節約できます。

戒名彫刻料

戒名彫刻料とは、お墓に埋葬されている方の戒名を墓誌に彫刻してもらう時に掛かる費用のことです。戒名彫刻料は、40,000円前後が相場と言われています。この金額は、文字数や依頼する石材店によっても、多少変わるので、注意してください。生前にお墓に彫刻してもらう場合は文字を赤で彫刻してもらいますが、没後は白に塗り直すようにします。

お布施

お墓に納骨を行いたい場合は、僧侶に同席してもらって納骨式という法要を行ってから、納骨してもらいます。この時、読経して頂いたお礼にお布施を渡します。なお、僧侶に渡すお布施の相場は、30,000円前後が相場となっています。この金額は地域や風習によっても異なるので、近所の方などに確認した方がいいかもしれません。

塔婆を立てる場合は塔婆料

お墓でよく見かける塔婆ですが、元々の意味は、死者を供養するために、梵字・経文・戒名・没年月日が書いてあるものです。塔婆1枚あたり約3,000円が相場となっています。お寺ごとに塔婆1枚いくらと決まっているので、事前に価格を確認しても大丈夫です。なお、浄土真宗では塔婆は立てないので、それ以外の宗派で立てるようになります。

引き出物

納骨式での引き出物の相場は、3,000円~5,000円ほどが目安です。引き出物の内容は、他の法要と同様ですが、例えばタオル・シーツ・毛布などの繊維製品、コーヒー・お茶・のり・砂糖などの食料品、石けんや洗剤、漆器や陶磁器などが、よく用いられます。葬儀社ではカタログを用意してくれる所もあるので、その中から最適なものを選びます。

線香やマッチなどの必要物

納骨式で使うものに線香やマッチ、ロウソク、お供え物の果物や酒、手桶などがあります。そういった必要物の相場は5,000円~10,000円ほどになります。なお、霊園やお寺によっては、備え付けのものを借りることもできるので、確認しておきましょう。

法要部屋の使用料(お寺で行う場合)

納骨式をお寺で行う場合の、法要部屋の使用料は20,000円前後が相場です。参列する人数が多い場合に、お寺で行うことが多いですが、お寺によっては設備がない所もあるので、確認しております。お寺で法要を行う場合は、お花とお供え物を準備する必要があるので、お寺と相談して決めるようになります。この費用は、法要部屋の使用料とは別となるので、注意します。

会食を行う場合は会食費

納骨は四十九日法要と合わせて行うことが多く、法要の後は会食の場を設けることが一般的です。会食を行う場合の費用は1人5,000円前後が相場となっています。会食費用は用意する料理によっても異なります。僧侶が会食を辞退した場合は、法要のお布施に加えて、会食代相当の金額を用意して渡します。会食を行わない場合は、事前に参列者に知らせておき、参列者はそれを見越した金額を包むようにします。

納骨はせず散骨などを行う場合の費用

お墓や納骨堂に納骨をするのではなく、納骨せずに散骨する場合の費用は、一体いくらくらいなのでしょうか?散骨の種類は、近年非常に増えてきています。よく聞くのは海洋散骨や樹木葬ですが、他には空葬散骨・宇宙散骨など、変わった種類のものがあります。ここでは代表的な散骨方法である、海洋散骨の個別での散骨、合同散骨、委託散骨について、費用を紹介したいと思います。

個別での散骨

個別での散骨は、依頼者の家族だけで行う方法で、費用は20万円前後となります。家族だけで船をチャーターするので、団体で行うよりも、じっくり落ち着いて散骨や見送りをすることが可能です。チャーター料金を家族で支払う余裕があれば、個別での散骨をオススメします。

合同散骨

合同散骨は何家族かが複数で同じ船に乗って、散骨を行うものです。合同散骨の費用の相場は10万円前後となります。船のチャーター料金は、個別での散骨をするより安くなる所が特徴です。各家族何人までという制限や、スケジュールが指定されるという制限などがあるため、個別での散骨より融通がきかない所さえ我慢すれば、費用は安く済みます。

委託散骨

委託散骨は遺族が船に乗らずに行うもので、業者が遺族の代わりに散骨を行うものです。費用の相場は、他より安い5万円前後となります。遺族が自分の手で散骨することはできないですが、費用は格段に安くなる所が特徴です。業者によっては散骨を実施した証明として、写真や証明書を発行する所もあります。

まとめ

遺骨をどこに納めるかによって、どれだけ費用が掛かる、何を準備するということが、全く異なることは、分かっていただけましたか?今まで何となくしか分からなかったことが、詳しく分かったと思います。ここでは納骨堂・お墓・散骨についての費用について、細かく紹介しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい