法要について!意味の由来と数え方、行う行事を紹介!

一人の故人に関わる法要は数多くあり、実際にどのようなことをするのかなど、知らないことが沢山あります。今回は法要の意味や由来を知ると共に、数え方や行う行事などを詳しく紹介します。是非参考にしてください。

法要とは?


よく耳にする法要には一体どのような言葉の意味が込められているのでしょうか。

仏教用語

仏教用語である法要は、遺族が故人を偲び冥福を祈るために行う追善供養のことを指していて、読経する追善供養を法要と呼び、追善供養の後に行う会食まで含むものを法事と呼びます。

死後七週間は故人があの世とこの世をさまよう期間とされる

死後七週間は、故人があの世とこの世をさまよっている期間であり、その期間である死後七週間までを忌明けと呼びます。故人が無事に成仏できるように、遺族や親族が様々な形で携わるのが法要です。

忌明けまでの注意点

忌明けまでは祝い事を控えるなど普段とは少し違った期間を過ごす必要があります。年賀状を控えることや神社への参拝などは避けて、静かに時が過ぎるのを待ちます。遠い親戚などの場合は忌明けまで待たずに、数日間で元の生活に戻ることが可能ですが、血縁関係の濃い人物が亡くなった場合には、忌明けまで祝い事などを避けて過ごすのがおすすめです。

法要の種類は?

法要にも様々な種類があります。信仰する宗派の違いによってもその内容は大きく変わります。故人が信仰してした宗派を事前に確認して、失礼がないように参列したいものです。今回は神式とキリスト教の法要について紹介します。

神式の法要

神式では霊祭と呼ばれるものが、仏式でいう法要にあたります。神社ではなく自宅やお墓の前で行うのが一般的です。葬儀の翌日に行うのが翌日祭、亡くなった日から10日ごとに十日祭と二十日祭、三十日祭と四十日祭が行われ続けます。五十日祭が忌明けにあたり、五十日祭の翌日に清祓いの儀を行ってから、普段通りの生活に戻ります。百日祭のあとは、一年祭や三年祭、五年祭や年祭となり、仏式に一周忌法要や三回忌法要などと同じようになります。

キリスト教式の法要

では、キリスト教の法要はどのようになっているのでしょう。キリスト教にもカトリックとプロテクタントがあり、その違いによっても法要が異なりますので、それぞれに紹介します。カトリックでは法要という言葉は使わず、追悼ミサという表現をします。故人の死後、3日目と7日目、そして30日目に教会へ行き、親族や知人、友人を招いて追悼ミサが行われます。その後1年後の昇天日と呼ばれる命日には、盛大な死者記念のミサを行います。その後は特に決まりはありませんが、毎年命日に追悼ミサを行い、10年目や20年目に最大のミサを行う場合もあります。追悼ミサでは、聖歌の斉唱や祈祷、聖書の朗読などが行われます。ミサの後は教会の別室や自宅で、茶話会など開かれることも多いとされています。

プロテスタントは故人の死後、1週間目か10日目、または1か月目の昇天記念日に自宅や教会で記念集会を行います。自宅で行う場合は祭壇を作り、遺影と花を飾ります。牧師や親族、友人や知人を招いて一同が祈りを捧げます。礼拝が終われば追悼のための茶話会を開きます。その後は1年目と3年目、5年目と7年目の昇天記念日に教会で追悼の記念集会が開かれます。キリスト教には故人をまつる特別な慣わしはありませんが、十字架やマリア像を飾り、家庭用の小さな祭壇を置く場合があります。思い出の写真を部屋に飾り、故人が好んでいた食べ物や花などを写真の前にお供えしてお祈りします。牧師や教会で記念集会を行った場合には、カトリックの場合と同じように謝礼は教会への寄付となります。

法事と法要の違いは?

同じ意味として使われることが多い法事と法要ですが、実はそれぞれに違った意味を持つ言葉のようです。それぞれの意味を知ってから違いを理解し、正しく使用できるようにしましょう。

ぜひ知りたい!法事と法要の違い

まず法要について説明します。法要とは読経が行われることを指しています。一方の法事は法要の後に会食をする時間も含めてその日の行事を指します。つまり法事の中に法要が含まれていて、それぞれに違うことを表していることが理解できます。一つの言葉として使われることが多い法事と法要ですが、違いを知って正しく使えるようにするのが理想形です。

法要を行う意味は?

誰かがなくなるとお当たり前のように行われる法要ですが、どうして行う必要があるのでしょう。故人を偲び思いやる時間を設けることで、故人がいたからこそ今の自分が存在できていることを再認識できます。また故人が無事に天国へ旅立つことができるように、遺されたもので供養することが法要に繋がります。

法要を行う日は?

一人の方が亡くなってから行われる法要は、下記に記載した通りに数多く存在していることが分かります。その中でも特に重要性が高く、良く名前の知られている初七日と四十九日、百か日、一周忌の各法要について詳しく紹介しますので、是非参考にしてください。

初七日:命日も含めて7日目(★)
二七日:命日も含めて14日目
三七日:命日も含めて21日目
四七日:命日も含めて28日目
五七日:命日も含めて35日目
六七日:命日も含めて42日目
七七日:命日も含めて49日目(★)
百カ日:命日も含めて100日目(★)
一周忌:命日から満1年目(★)
三回忌:命日から満2年目
七回忌:命日から満6年目
十三回忌:命日から満12年目
十七回忌:命日から満16年目
二十三回忌:命日から満22年目
二十七回忌:命日から満26年目
三十三回忌:命日から満32年目
三十七回忌:命日から満36年目
四十三回忌:命日から満42年目
四十七回忌:命日から満46年目
五十回忌:命日から満49年目
百回忌:命日から満99年目

初七日とは

亡くなった日から数えて7日目に営む法要が一般的である初七日は、故人が三途の川のほとりに到着する日とされています。故人が激流か急流か緩流かのいずれを渡るかが裁きで決まる大切な日です。激流や急流ではなく、緩流を渡れるように願いを込めて法要をします。現在では後日親族が集まる負担を解消するため、葬儀の当日に済ませてしまうことが多くなりました。葬儀当日に行なわなかった場合、親族を集めて法要を行い、参列者が集まって会食をします。法要を済ませた場合でも故人の冥福を祈って家族で焼香するとよいでしょう。更に地域や風習によって違う場合もあります。

四十九日法要とは

四十九日は初七日から七日ごとに受けた裁きにより、来世の行き先が決まるもっとも重要な日です。別名で満中陰とも呼ばれます。故人の成仏を願い、極楽浄土に行けるように家族や親族、故人と縁の深かった友人や知人を招いて法要を行います。そして、この日をもって忌明けとなるので、法要後忌明けの会食を開きます。法要は亡くなった日から数えてちょうど49日目の当日に行うのが理想ですが、実際には参列者の都合もありますので最近は週末に行うことが多いです。法要の日をずらす場合は遅れてはいけないとされていて、49日目より早めに行うようにするのが正しいようです。四十九日法要は、それまで喪に服していた遺族が日常生活にもどる日でもある重要な節目となります。

百か日法要とは

百か日は亡くなった日から数えて100日目の法要です。泣くことをやめて悲しみに区切りをつける日でもあります。今まで行った法要とは異なり、家族や親族などの身内のみで法要を営むことが多いですが、故人の生前からの希望でどうしても参列して欲しい方が遺言としてのこされていた場合などは、遺族や親族以外にも参列してもらうケースがあります。しかし近年では百か日法要を省略することが多くなっていて、納骨のタイミングも四十九日法要や一周忌法要に合わせて一緒に行うことが増えています。

一周忌法要とは

故人が亡くなってから一年後の命日が一周忌となり、家族や親族、故人と縁の深かった友人や知人を招いて法要を行うのが一般的な一周忌法要です。 法要は亡くなってからちょうど1年目の当日に行うのが理想ですが、実際には参列者の都合もありますので、最近は週末に行うことが多いです。必ず命日より早めの日に行うのが慣わしとなります。日程調整をする際には十分気を付けましょう。一周忌までが喪中で、この日をもって喪が明けます。故人の死から日数が経過していない喪中に迎えた正月の過ごし方ですが、年賀状や年始挨拶、正月飾りや初詣などのおめでたい正月行事は控えるようにしましょう。

年忌法要について

年忌法要は一般に法事と呼ばれているものです。亡くなった翌年が一周忌となり、その翌年の2年後が三回忌になります。三回忌からは亡くなった年も含めて数えますので、七回忌や十三回忌、十七回忌や二十三回忌、二十七回忌や三十三回忌、五十回忌と追善供養の法要を行います。

複数人の年忌法要を同時に行える?

一周忌法要と三回忌法要は、四十九日法要に次いで大切な法要です。親族を招いて規模の大きな法要を行うことから、スムーズにできるように2か月前から準備をしておくと安心です。一周忌と三回忌は必ず、一人の為に法要を行いますが、七回忌以降は同じ年に法要が重なった場合、まとめて行ってもよいとされています。法要を行う日は、後に亡くなった故人の命日に合わせますので気を付けましょう。案内状には、誰と誰の法要を執り行うのかを必ず明記して、併修や合斎であることを伝えます。

何回忌まで行わないとダメ?

三回忌法要までは家族や親族のほか、故人と縁の深かった友人や知人を招きますが、七回忌以降は次第に招く人を少数に絞っていく場合が多いです。年忌法要の回数は、地域の慣習や寺院の考えによって異なります。しかし一般には三十三回忌か五十回忌をもって、最後の法要の弔い上げとすることが多いです。

一般的な四十九日法要の流れ

年忌法要の中でも重要な位置づけがあるとされている四十九日法要ですが、一般的な流れを知っておきますと、遺族側になった場合だけでなく一般参列者として足を運ぶ際にも役立ちます。是非参考にしてください。

施主挨拶

通夜や葬儀・告別式の際には喪主と呼んでいた遺族側の代表的な人物ですが、四十九日などの方の際には施主と呼ばれます。僧侶の入室と共に開始される四十九日法要は、施主の挨拶が大切です。あまり長すぎる挨拶文は好まれませんので、今日参列して下さったお礼と共に、一日よろしくお願いしますという感謝の気持ちを込めた挨拶がおすすめです。

僧侶による読経

僧侶による読経が始まります。少し長い時間掛かることもありますので、小さな子供が参列している場合には、飽きないように対策をしておくと良いでしょう。泣き出してしまうなど周囲に迷惑が掛かるような場合には、子供と一時的に退出するのも一つの手段です。

遺族から順番に焼香

施主から順番に参列者全員が焼香をします。この間も僧侶の読経は続いていますので、静かに席を立って焼香を済ませます。小さな子供が一人で行うのが難しい場合は、子供と大人がペアになって一緒に行うことも可能です。また小学生高学年ぐらいになりますと、自分一人でもできますので、焼香の正しい方法を事前に教えておいて実践させますと、とても貴重な良い経験にもなります。

僧侶による法話

僧侶による法話も普段なかなか聞く機会がない貴重な時間となります。読経の際と同じく小さな子供には退屈に感じるかもしれませんが、そのような状況でも我慢をして過ごせるようにするのも大切です。泣き出した場合には、読経の際と同じように退子供を連れて一時的に退席するのがおすすめです。

お墓ができている場合、納骨式を行う

お墓ができている場合には、四十九日法要のタイミングで納骨式を行います。新しくお墓をつくる場合には、四十九日法要には間に合わない可能性が高いので、納骨式を別のタイミングで行うほか、一周忌法要に合わせて行うケースもあります。最近では納骨にも様々な価値観や考え方が反映されていて、お墓に入ることを生前から選択しない方もいます。散骨や手元供養によって、死後も自由に過ごしたいという思いを実現させる場合があります。

施主挨拶

四十九日法要が無事に終わったお礼の言葉と、その後の会食に対する案内が挨拶として施主から行われます。施主は節目ごとに挨拶をするだけでなく、法事全体と取り仕切る任務があります。

会食

会食をする場合には個室のレストランやホテル、食事処などを予約して会食の会場と場合が多いです。また宅配弁当を活用して、自宅や斎場の一室などで会食をすることもできます。昔のように全てを自宅で行うことはなくなりましたが、参列する人数によっては自宅で行って食事も自前で用意した方が簡単に済むこともあります。

その他四十九日法要で知っておくべきこと

四十九日法要について詳しく理解できましたが、まだ知っておくべきことは沢山あります。いくつか紹介しますので、是非参考にしてください。

事前に準備しておくべきことは?

遺族側として四十九日法要を取り仕切る場合には、事前の準備を早い段階から進めないと無事に当日を迎えられない可能性があります。滞りなく進められるように、きちんと対策をしておきましょう。

日時と式場、案内状を手配

一番大切なことは日時を決定することです。四十九日法要の理想は亡くなってからちょうど49日目の日に執り行うことですが、多くの遺族や親族、知人や友人などが集まる四十九日法要の場合、平日に実施するのはスケジュール上不可能です。その場合には、49日目よりも早い日にちの土曜日や日曜日に行うようにしましょう。くれぐれも49日を過ぎてから行うような日程調整は避けましょう。案内状の手配ですが、親戚関係は電話で出欠確認をしてしまっても構いませんが、友人や知人など故人との関わりで参列願う方には、返信用のはがきがある案内状がおすすめです。

引き出物や料理など当日必要なものを手配

四十九日法要当日には様々なものを用意して、多くの方を迎えなければなりません。引き出物や料理の手配は、参列する人数が分からないと購入や予約手続きが進められないので、先方からの返信を待って行動します。出欠の返信はできる限り早めにもらえるのが理想ですが、あまり急がせるのも失礼になりますので、こちら側に余裕が持てるように早めに準備を進めることで問題は解決します。引き出物は荷物にならず日常使いできる石鹸やタオルが喜ばれます。また料理の予約時には、四十九日の法要であることを伝えますと、海老や鯛など豪華でおめでたいメニューを排除して献立を構成してくれます。

僧侶、本位牌や仏壇の準備

自分達のスケジュールだけでなく僧侶にも連絡をして、法要の依頼をしなければいけません。そのほか本位牌や仏壇も準備を整え、普段以上に念入りに掃除を済ませておくことも大切です。

所要時間はどれくらい?

焼香する人数によっても変わる四十九日法要の所要時間ですが、多くは午前中に法要を済ませて昼食の時間に合わせて会食をします。会食が終わる全ての所要時間はおよそ4時間から5時間で、会食する会場の距離などそれぞれの違いによっても変わります。また午前中に法要を行って昼に会食するパターンは人気があるケースですので、僧侶のスケジュールが合わない場合や、レストランの予約が難しいかもしれません。場合によっては会食を15時頃に設定して法要を昼過ぎから行うように予約をしますと、参列者も早めに軽い昼食を済ませるなど工夫ができます。しかし予測が難しい法事の参列は、大まかにみて1日掛かるものであると認識しておきますと、終わり時間を気にせず故人をゆっくり偲ぶ時間が設けられます。

参列者の服装は?

では参列する際の服装はどのようなものが良いのでしょう。喪服を着ていくのが間違いありませんが、家族や親族ではない一般参列者の場合には略式喪服でもマナー違反にはなりません。しかし男性の場合、略式喪服であってもネクタイは黒にするのが一般的です。学生は制服を着用して、小さな子供は白のブラウスやシャツを着て、黒や紺のスカートやズボンを着用します。季節によっては暑い場合や逆に寒い場合もありますので、下着で調節しやすいようにするほか。羽織る物を持参するなどの工夫が必要です。その際にもあまり派手な服を持っていくのは避けましょう。

引き出物の熨斗(のし)や費用相場は?


いただいたお供え物や香典のお返しに渡す引き出ものは、どのような熨斗と表書きにして、いくらぐらいの費用を相場と考えるのが良いのでしょう。熨斗の表書きは「志」や「粗供養」で、黒白か双銀の結び切りを選びます。また費用の相場は3,000円から5,000円ほどが目安とされていて、あまり高額で相手が恐縮してしまうようでは失礼になりますので、相場を目安に引き出物選びをしましょう。

法要に関する気になること

知っているようで知らないことや、今さら人には聞けないようなことが多い法要に関する疑問は、早い段階で解決するのがおすすめです。いくつか紹介しますので、同じような疑問を感じている場合には参考にしてください。

法要を早めに行う理由

例えば四十九日法要の場合、亡くなった日から数えて49日目ちょうどの日に法要を行えない時には、49日目よりも早めに行うのが良いとされています。これは故人を忘れていないということを表す意思表示で、49日目よりも後にして先延ばしにしてしまいますと、故人が自分は忘れられた存在だと勘違いして成仏できなくなってしまいます。そのようなことを避けるために、早めに法要を行う方が良いとされています。四十九日だけでなくその他の法要に共通する事柄ですので覚えておきましょう。

法要の後の会食を辞退することは可能か


一周忌や四十九日など、会食を行う法要が多いですが、法要のみ参加して会食を不参加にすることはできるのでしょうか。事前に予約する会食の場合、参列者の人数で手続きをしてしまうことが多いので、事前に参加しない気持ちが固まっているのであれば、法要のみ参列することを事前に伝えるのがマナーです。会食は必ず全ての方が参加しなければいけないということはなく、急用ができてどうしても無理な方や、遠方から来ているのでその日の内に帰宅したい場合など様々です。

参列の出欠確認…返信はがきが来ない時の対処法

記入して出し忘れている場合や、参列するかしないか悩んでいる間に返事するのを忘れているなど、それぞれの理由で遺族側に連絡が来ないケースも多々あります。締め切り日を設けても期日までに連絡がなかった場合には、一度電話などで様子を伺ってみるのも良いでしょう。状況によってはその電話で出欠確認が済んでしまうというメリットもあります。

遠方から参列…宿泊代負担するべき?


法要を行う場合には、遠方から参列する方も決して少なくありません。日帰りできる距離の方はその日に帰ってしまうので問題ありませんが、長い距離を移動する必要がある方が参列する場合、法事の前後に宿泊をする方もいます。そのような場合には、出欠確認の際に宿泊の有無を確認して、参列者に負担を掛けないように、宿泊先の予約や支払いを済ませておくとスムーズです。先方は遠慮するかもしれませんが、高級旅館などの予約ではないことを伝え、あまり負担に感じないようなビジネスホテルを予約しておくと過ごしやすいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。法要の言葉の意味や由来、数え方行う行事など、様々なことが理解できたはずです。今まで法要についてあまり深く考えたことがなかった方でも、是非この機会に考えてみて、身近な人にもしものことがあった時に焦らず対応していけるようにしましょう。

あわせて読みたい