喪主の決め方と役割は?

葬儀の手配をするためには、喪主を早急に決める必要があります。喪主は葬儀を滞りなく進められるように、葬儀内容の取りまとめ・弔問客や僧侶への対応など、重要な役割を担っています。そんな喪主について、どう決めればいいのか、よく分からないという人は多いと思いますので、喪主の決め方と役割、その他について、詳しく説明していきたいと思います。実際の葬儀になった時に慌てずに済むので、是非この記事を役立ててみてください。

喪主の決め方について


喪主を決める時に、最も重要なことが故人の遺言になります。故人の遺言で喪主の指定があった場合は、遺言に従って喪主を決定します。

故人の遺言で喪主の指定がなければ、続柄から、一般的な慣習から決定することになります。

なお、故人が配偶者や血縁者がいない場合は、知人・友人・介護施設の代表者が、喪主となることがあります。喪主は1人というイメージがありますが、1人と決められているわけではなく、複数人数で務めても大丈夫です。

このように喪主の決め方には、いくつか決まりごとがあるので、知っておくと安心です。それでは、喪主の決め方の一つで、続柄から決める方法と、一般的な慣習から決める方法について、詳しく解説します。

続柄から決める

続柄から決める方法の場合は、一般的に血縁関係の深い方が優先となります。つまり第一には、故人の配偶者となるわけです。しかし、配偶者が高齢で喪主を勤めるのが難しい場合や、病気であった場合には、血縁関係が濃い方が優先されます。

配偶者の次は、長男・次男以降の直系の男子・長女・長女以降の直系の女子・故人の両親・故人の兄弟姉妹という順位になります。この順位を基にして、体調の面や故人とどの程度関わってきたのかを考えて、喪主を決定します。

このように優先順位がありますが、様々なケースがあります。例えば親が亡くなり、子供は娘だけだが、既に嫁いでいる場合は、苗字が違っても娘が喪主となります。独身の方が亡くなり、親族が甥のみの場合は、甥が喪主を務めます。

 

一般的な慣習で決める

次に一般的な慣習で決めるということですが、慣習とは一体何なのでしょうか?

この慣習というのは、家督を継ぐ故人の後継者が喪主を務めることでした。意味合いとしては、後継者を地域にお披露目することを目的に、喪主の役割を担っていたと言われています。そのため故人の妻が生きていても、後継者の長男が喪主を務めていました。

昔は三世代同居が一般的でした。しかし、現代では核家族化が進み、後継者という意識もなくなり、そういった図式が成り立たなくなりました。また、地域との繋がりも薄くなったこともあり、慣習を守ることは難しくなりました。

現代では故人の配偶者が元気であれば、配偶者が喪主を務めることが一般的です。

 

喪主は複数でも問題ない?

喪主は1人でやるというイメージがありますが、複数でも問題はありません。

ちなみに法律では家を祀る行事を受け継ぐ人・祭祀継承者は1人と定められていますが、喪主は複数でも問題はないとなっています。

喪主が1人の場合では、決断が難しい場合や、決めるものが多い場合がありますので、そんな時は喪主を複数にしても大丈夫です。複数にすれば、役割分担ができるので、喪主の経験が少ない場合や、決断で悩んでしまう人の場合は、スムーズに葬儀が進められる方法と言えます。

中には配偶者と子供、子供達が共同で、喪主を務めることもあります。喪主を決める時にもめてしまうよりは、共同で喪主を務める方がいいこともあります。

 

喪主の役割は?

やることが多そうな喪主の役割とは、どのようなことがあるのでしょうか。

まず、故人の近親者に亡くなったことを連絡し、それから葬儀の手配など監督全般、通夜や葬儀での挨拶、寺院や納骨堂への連絡などを取りしきります。これを見ると、やはり喪主の役割は数多くあることが分かります。喪主は葬儀の最高責任者となるので、役割が他の人より多く、責任も重大になります。

喪主以外の役割には、喪主のサポート役の世話役(代表)、葬儀の経理全般を担当する会計係、香典の預かりや記帳を受け付ける受付係、告別式の司会進行を務める進行係、弔問客をもてなす台所・接待係などがあります。

葬儀の規模が大きい場合、細かく役割分担されます。ここでは、喪主の役割について詳しく解説します。

 

近親者に亡くなったことを連絡する

一般的な葬儀の場合は、故人の近親者に亡くなったことを、なるべく早く連絡します。

伝える内容は、故人の死亡日時・死因・享年などになります。通夜・葬儀・告別式の日程は、葬儀社と打ち合わせをして決定した後に、近親者に改めて連絡します。

近親者以外で連絡する必要があるのは、危篤や臨終の際に間に合わなかった方、危篤の連絡で駆けつけてきた方が帰った後に亡くなったという方です。伝える内容は近親者の連絡と同じく、故人の死亡日時・死因・享年です。

通夜・葬儀・告別式の日程を葬儀社と相談して決めた場合の連絡では、生前のお付き合いに感謝し、死去によって生じる迷惑へのお詫びも伝えるようにします。

 

葬儀の手配など監督全般

喪主は葬儀に関係する全ての最終決定権を持っているので、それぞれの確認と承認を行います。

葬儀の形式から日時や費用まで、関係者と相談して決定します。

葬儀当日は順調に進んでいるか監督する役割もあります。

葬儀社選びも、喪主が中心となって、葬儀社を決めていきます。故人や故人の家族で、亡くなる前に葬儀社と契約している場合はいいのですが、葬儀社と契約していない場合は、一から選んでいく必要があります。

場合によっては亡くなった病院や施設から、葬儀社を紹介してくれることがあります。しかし、葬儀の品質や内容、料金に不明な点があることが多いため、複数の葬儀社から見積りを出してもらって、葬儀社の検討をすることがオススメです。ネットから無料で見積もりをしてくれるサイトもありますので、活用してみてください。

全国・365日24時間対応の葬儀レビ

 

通夜や葬儀での挨拶


喪主の務めの代表的なものに、通夜や葬儀での挨拶があります。

挨拶が必要なシーンは、僧侶が到着した時や、僧侶にお布施を渡す時、弔問客への挨拶する時、通夜ぶるまいの開式・閉式の時があります。また、出棺時や火葬場での時などでも喪主が挨拶することがあります。

実際は、これら全部のシーンで挨拶することはなく、参列者への挨拶は少なくなっていて、喪主の負担が減っています。葬儀・告別式の挨拶も、最近では省略される傾向にあり、その代わりに棺を霊柩車に運んだ後、参列者に出棺時の挨拶をして終わります。この時の挨拶の内容は、会葬のお礼・故人への厚情のお礼・今後のお付き合いのお願いです。3点を押さえておけば、挨拶は短いもので大丈夫です。

 

挨拶の注意点は?

喪主の挨拶をする上で注意する点は、忌み言葉を使わない、あまり長い挨拶にしないという点です。

忌み言葉は、不幸が重なるという意味の「重ね重ね」「ますます」という言葉などが挙げられます。忌み言葉は、他にも「死亡」「生存中は」「急死」があります。忌み言葉は葬儀では禁句ですが、死亡は逝去、生存中は生前、急死は突然のこと、という言葉に替えれば使っても大丈夫です。

このように言葉だけでも悩んでしまいますが、葬儀の挨拶の例文があるので、参考にすれば安心です。最近では葬儀社のホームページでも、挨拶の例文が掲載されています。また、挨拶の時は緊張して内容を忘れてしまうこともあるので、メモを見ながら話しても大丈夫です。

 

寺院や納骨堂への連絡

故人に菩提寺がある場合は、寺院に連絡を取って、スケジュール調整を行います。

この時に、僧侶の都合が良い日を確認して、葬儀社に連絡をします。葬儀での細かい打ち合わせは、菩提寺と葬儀社、エンディングプランナーが行います。

菩提寺があっても、遠くて僧侶が来られないというケースもありますが、相談すれば同じ宗派の僧侶を紹介してくれるので、ぜひ相談してみてください。

また、寺院と付き合いのない場合は、葬儀社から寺院を紹介してもらったり、親族から紹介してもらったりします。紹介してもらう際は、希望の宗教・宗派を伝えるといいでしょう。

 

喪主の服装はどのような服装?

喪主の服装は通夜では正式の喪服でなく、略式でいいとされています。

男性は洋装の場合は黒いスーツ・白のワイシャツ・黒のネクタイ・ベストは上着と共地のシングル・ズボンは縞柄・裾はシングル・靴下です。和装の場合は黒っぽい無地の小紋の着物、一つ紋か三つ紋の羽織・袴は仙台平で帯は角帯を付けます。

女性は洋装の場合、黒無地のワンピースかツーピースのスーツ着用で、靴は飾りのないパンプスを選びます。葬儀ではバタバタする事も多く、また派手な服装も好ましくない事から、ヒールの高すぎる物を選ぶのは控えましょう。和装なら黒無地か地味な無地のものになります。

 

喪主の心得は?

喪主を務める心得とは、故人をどんな形で送るのが最良なのか見極めることにあります。

やはり喪主と言っても、大切な家族を亡くした遺族には変わりないので、冷静な判断をすることは大変な事もありますが、的確にスムーズに葬儀の段取りを決めていくことは重要なのです。

喪主を経験したことがある人は少ないので、喪主の務めが心配な人は、葬儀社のサポートを受けましょう。葬儀社は葬儀のプロなので、経験も知識も豊富です。そんなプロにサポートをお願いすれば、滞りなく葬儀は進みますので、いい葬儀社を選ぶことも重要になります。

 

まとめ

喪主の決め方と役割について、様々な情報を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。葬儀は故人に最後の感謝を伝える場といえます。そんな場面で親族がお別れと感謝をすることはもちろんですが、参列者のみなさんにもその機会を提供する儀式が葬儀というわけです。喪主を務めることになったら、ぜひこの記事を役立てて、スムーズに葬儀ができるようにしてみてください。

あわせて読みたい