お盆のお墓参りはいつ行くべき?またお墓参りの作法は?

お盆のお墓参りの作法について自信がある…という方はあまりいないのではないでしょうか。法事や墓参りなど故人が関わるものは、地域によって風習が違うなどの理由であまり統一されていることがありません。しかし大体のことを知っている場合と何も分かっていない状況では、実際にお墓参りをする際にも行動がかわります。今回はお盆のお墓参りのマナーについて紹介します。

お盆とはどういう由来がある?


お盆のお墓参りのマナーを知る前に、お盆の由来について理解しておくことが大切です。お盆にはどのような意味があり、現在のようなスタイルに辿り着いたのでしょう。

知っておきたい!お盆の由来

先祖の霊を供養する行事であるお盆は、仏教行事のひとつとされていますが、仏教の盂蘭盆や盂蘭盆会の行事に、祖先の霊を祀る信仰が次第に混ざったという考え方もあるようです。

亡くなって初めて迎えるお盆は初盆

初盆は四十九日などの法事や法要とは別に供養の儀式が営まれますが、初盆以外のお盆には、遺族だけで祖先の霊と一緒に供養をするのが一般的です。現代では一般的にお盆は年に一度祖先の霊が私たちのもとに帰ってくる期間とされていて、迎え火を焚いて祖先が迷わず家に来られるようにしてお迎えます。その後戻ってきた祖先の霊の供養をします。やがてお盆の期間が過ぎると送り火を焚いて送り出します。

お盆休みという言葉も定着

企業などが8月15日前後期間をお盆休みとして夏期休暇に設定していますが、これは江戸時代に小正月である1月15日とお盆の2つの時期を商家が薮入りとして、奉行人たちに実家に帰る休みの日としていたものが盆休みとして定着しています。この時期に帰省をして墓参りをする方も多く、家族揃って祖先の霊をお迎えする機会として受け継がれています。

地域によっては旧暦でのお盆期間を設ける場合もあります

地域によりますが、現代でも7月にお盆を行っていて、旧暦のままお盆の供養を行う場所もあります。この場合には7月15日ごろをお盆としていて、特に東京都ではまだ旧暦でのお盆が定番となっています。

お盆の墓参りはいつ行くべき?

では実際にお盆にお墓参りをする場合には、いつ行けばよいのでしょう。

いつ行けばマナー違反ではない?

お盆のお墓参りですが、お盆の期間である8月13日から16日の間に行けばよいとされています。行く際にも親戚は集まって一緒に行くケースもありますが、それぞれに行ける時間に家族単位で行くなど様々です。

お墓参りの際の服装は?

お盆の場合でも故人が亡くなって初めてのお盆の場合には、法事として行うことも多く、親戚だけでなく友人や知人を招く可能性が高いので、喪服を着ることが多いでしょう。しかし二年目以降には遺族のみでの墓参りになりますので、その場合には派手ではない服装であれば、特に普段着でも問題ありません。暑い季節なので黒い服は太陽熱を吸収します。手持ちの服装で工夫をしてシンプルな装いでお墓参りをしましょう。

初めてのお盆に招かれた場合の服装

遺族側が喪服を着ていますので、招待された場合には同じ喪服ではなく略式喪服など遺族側よりもグレードを下げた服装で行くのがマナーです。暑い季節ですので遺族側も喪服を着ないで法事をすることも多くなっています。場合によっては普段着に近い落ち着いた服装でも可能かもしれません。気になる場合には事前に確認しておくと、安心して当日を迎えられます。

お盆でのお墓参りの頻度


ではお盆のお墓参りは期間中、どのくらいの頻度でいけばよいのでしょう。

13日と16日の2回が一般的

毎日行く必要があるイメージが強いお盆期間中のお墓参りですが、13日に迎えに行き、16日に送り返す意味があることから、2回お墓へ行けば良いとされています。毎日行く必要はありませんので注意しましょう。

3回の場合も

しかし地域などによって風習が異なりますので、3回行く場合もあります。13日に迎えに行き、14日にお墓参りをします。そして16日に送り返すという考えから、3回行くこともあります。自分が何回行けば良いのか、事前に把握しておくと安心です。

お墓参りにどうしても行けない場合は?

お盆に全ての親戚が集まれるとは限りません。中には何年も実家にも墓参りにも行っていないという方も少なくない時代です。しかし先祖がいるからこそ今の自分がいるということを再認識するためにも、お盆期間中は墓の前でなくても静かに手を合わせる時間を設けるのも良いのではないでしょうか。お墓参りをすればそれだけで全て良いという訳ではありません。どうしても無理な場合は、次の年には日程を早めに調整して帰省するなど工夫をするのがおすすめです。

お盆ならではのしきたりと準備品

亡くなって初めてのお盆に限らず、先祖を供養する大切なイベントとなっているお盆には、様々なしきたりや準備品があります。いくつかご紹介しますので、是非参考にしてください。

精霊棚や盆棚

お盆の時にのみ用いられるもので、お盆期間中は仏壇の扉を閉めて、この精霊棚や盆棚を設置します。その際位牌は仏壇から取り出して精霊棚や盆棚におきます。

盆花

祭壇となる精霊棚に飾る花です。逆さに吊るして飾る地域もありますが、そのまま花を立てる入れものに入れて飾ることもあります。

きゅうりの馬とナスの牛

位牌の前に飾るきゅうりの馬とナスの牛は、早く帰ってきてゆっくり戻って欲しいという願いを込めています。お盆と聞くときゅうりとナスのことを連想する方も多いスタンダードなアイテムです。

盆提灯

盆提灯を飾っておくことで、先祖の霊が迷わず来られるように明るく照らしておく役割があります。

お墓参りで行うことは?

お墓参りではどのようなことをするのでしょう。お盆だからという特別な作法はありませんが、一般的に行われる内容を紹介しますので、是非役立ててください。

お墓掃除

雨や雪が降った状態で、風によって砂や土も付着しています。お墓は汚れやすいですが、丁寧に掃除をする必要があります。取扱いに気を付けながら綺麗に掃除しましょう。掃除の道具として、ぞうきんやブラシなどを時間しますと細やかな箇所まで綺麗になります。また大きなゴミ袋や軍手、ほうきやちりとりがありますとお墓の周りも綺麗にできて、枯れ葉や雑草の処理も可能です。自分一人では無理ですが、お盆には多くの家族や親戚が集まります。コミュニケーションを図りながらお墓を掃除しましょう。

線香に火をつける

お線香に火をつけたらお線香をお供えします。お墓の構造や宗派によって立ててお供えする場合と、寝かせた状態でお供えする場合があります。また火を扱うので小さな子供がいる場合には、特に取り扱いに注意しましょう。お線香をお供えしたい子供もいますが、やけどに注意して慎重に行う必要があります。しかしなかなかない機会ですので、小学生ぐらいの子供にはお線香を持たせて自分でお供えさせるのも良い経験となります。

お供えをする

お供え物を持参して並べます。果物や飲み物など、先祖が喜びそうなものを並べますが、そのままにして帰るのはマナー違反です。お墓参りが終わった段階で全て持ち帰るようにしましょう。

合掌

両手を合わせて先祖や故人の冥福を祈ります。 近況の報告をして話しかけるのも良いでしょう。読経を依頼することができれば唱えてもらうことも可能です。特にこだわる必要はありませんが、家族で参拝する時に拝礼の順番を気にする場合もあるでしょう。その際には血縁の濃い順から参拝しましょう。 また田舎などの場合、墓石がたくさんあることもあります。その際には古い祖先のお墓にもお参りをするのを忘れずにして帰ります。

お墓参りでやってはいけないことは?

ではお墓参りでやってはいけないことはどんなことでしょう。今さら人に聞けない…と困っている方も多いはずです。是非参考にしてください。

墓石にお酒をかける

故人や先祖にお酒好きがいた場合、このようなことをしてしまいますが、墓石を劣化させることにも繋がります。高価なものなので簡単に破損することはないお墓ですが、アルコールを直接かけるのは、特に天然石でつくられている場合には好ましくありません。お酒をお供え物として持参するのは構いませんが、掛けるのではなくお供えして持ち帰るようにしましょう。

お墓に傷のつく洗い方をする

お墓掃除をすることからお墓参りは始まりますが、お墓を傷つけるような洗い方は避けましょう。柔らかめのスポンジやたわしを使用して、あまりゴシゴシこすらない方が良いかもしれません。見た目には丈夫そうに見える墓石ですが、繊細に仕上げられているものが数多くあります。また親戚皆のものでもあることから、個人の判断で掃除をして傷つける訳にはいきません。くれぐれも取扱いに注意しましょう。

線香などの火を口で吹き消す

このマナーは守れないことも多く、特に上手く火を消せないこともありますので、つい口で吹き消してしまいます。しかし口で吹き消すのではなく手で線香などを揺さぶりながら消すのが正式なマナーです。しっかり覚えておきますと、大勢の前で恥ずかしい思いをすることもありません。

大きな声で騒ぐ

普段あまり足を踏み入れないこともあり、子供はお墓参りに行くとテンションが高くなる可能性があります。中には鬼ごっこのように遊びだしてしまうかもしれません。しかしお墓参りには様々な方が来ていて、それぞれの立場や心情が大きく異なります。大声ではしゃいだりするほか、大きな声で笑ったり騒いだりするのはマナー違反ですので、子供だけでなく大人も気を付けたいものです。

まとめ

いかがでしたか。お盆のお墓参りについて理解を深められたのではないでしょうか。知っているようで知らないことや、勘違いしていたことなど、まだまだ分かっていなことが沢山あります。是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい