納骨の時期に決まりはあるの?決まりと納骨式までの準備事項

細かなマナーや風習がある法事などは、知っているようで知らないことが沢山あります。特に納骨について詳しく知りたい場合でも、今さら人に聞けないこともあるはずです。今回は納骨式までの準備や決まりにについて紹介しますので、是非参考にしてください。

まずは納骨をする意味を知っておこう


遺骨を納める儀式となる納骨とは、一体どのような意味があるのでしょうか。

骨を納める場所も様々です。

納骨イコールお墓とイメージされる場合がほとんどですが、実際には納骨にも様々な選択肢があります。これは遺族が希望するというよりも、故人が生前から遺言に遺しているケースも増えていて、亡くなった後も自分らしく過ごしたいと考える方が思いを実現できる時代になっています。

墓への納骨

定番であるほとんどの場合がお墓に納骨されることになりますが、先祖の墓を継承することを負担と感じる場合や、後継ぎがいないなど問題があるのが現代のお墓事情でもあります。しかし耐久性に優れていて丈夫で長持ちするのが墓石のメリットですので、安らかに眠れることは確かです。

納骨堂を利用する

最近増えている納骨堂は、寺が運営するものと企業が運営するものが存在していますが、後継ぎの心配もなく低価格で利用できる手軽さが人気です。また都心部でも駅近くの便利な場所にあることも多くあり、注目の納骨方法となります。

散骨する


海や山などへ散骨することを希望する方もいます。好きな山に勝手に散骨して良いのではなく、決められた海や山の決められた場所のみ許可されていますが、自然が好きな方が生前から希望して散骨を依頼するケースもあります。

樹木葬

墓石ではなく樹木を墓標とするのが樹木葬で、散骨同様に自然や花が好きな方に支持される納骨の仕方です。以前では珍しいと思われていた樹木葬ですが、最近では対応する霊園も増えてきたので知名度が上がっている納骨の仕方の一つです。

手元供養

全てをお墓に納骨せず、分納という形で一部手元に遺骨を残す手元供養も増えています。小さな骨壺やペンダント型の遺骨入れに遺骨を入れて御守りにするなど、自由な発想で故人の遺骨を取扱うことも一般化しています。

親戚や周囲の理解を得ることが先決

自由な納骨方法が選べる時代になった一方で、まだそのような方法に全ての方が賛同するとは限りません。特に遺言などで生前から納骨の仕方を希望する場合は、家族だけでなく親戚にも話を聞いてもらい、理解を得てから遺言とした方がトラブルにもならないはずです。遺された家族への負担を減らす目的で始めることも多い遺言作成でも、しっかり理解が得られていない内容のままでは、家族が余計なトラブルに巻き込まれる危険性もあります。慎重に作成するのがおすすめです。

納骨をする時期に決まりはある?

納骨をする時期に決まりはあるのでしょうか。既に火葬場で焼かれた状態にある遺骨ですので、急いで納める必要もないように思います。どのような手順で決めるのが良いか紹介します。

遅くとも三回忌法要までには

お墓の都合や遺族の気持ちの整理がつかないなど、それぞれの理由で納骨が先延ばしになるケースも少なくありません。しかしお墓に納骨をする場合には、僧侶に読経を依頼するなど様々な準備があります。遅くとも三回忌までには納骨式を済ませるのが一般的です。

四十九日法要と同時に納骨する場合が多い

お墓を新しく設けた場合には間に合わないこともありますが、多くは四十九日法要に合わせて納骨式もするケースが多いです。納骨式のみを執り行う場合、また遺族や親戚のスケジュール調整をしなければならず、同時に僧侶への依頼もしなければいけません。そのような手間暇を考えますと、通夜や葬儀・告別式の後に行われる初めの法事でもある四十九日法要に、納骨式をすることが多くなっています。

その他、よく見られる納骨の時期

納骨式は四十九日法要に合わせて行うだけではありません。その他にはどのようなパターンがあるのでしょう。

火葬当日に納骨する

四十九日法要を待たずに、火葬した当日に納骨まで済ませてしまうケースもあるようです。悲しみが癒えない状況で…と思う方もいるようですが、手元に置いておくよりもお墓に納めて安心したいと考える方もいるようで、このような選択をする場合もあります。

故人の節目の日にあわせて納骨する

故人の誕生日など何か記念となる日や節目となる日に合わせて納骨をすることもあります。他の法事とはまた別の日に集まらなければいけないなど、遺族には様々な手配などが大変ですが、あえて他の法事と一緒にしないようにする方もいます。

親族全員で話し合って決める

一部の親族で勝手に話を進めてしまいますと、後になってトラブルになる可能性があります。納骨など大切なセレモニーについての話し合いは、親族が全員集まった状態で行うのがおすすめです。多くの人がいる分だけそれぞれの意見があります。一方的に話を進めて事後報告にするようなことをしない方がよいでしょう。

納骨の日程が決まってからの準備することは?

納骨の日程が決まったら、今度はその日に向けて様々な準備をする必要があります。一つずつ紹介しますので是非参考にしてください。

お寺に連絡し予約

お寺に連絡をして僧侶に読経の依頼などをする必要があります。遺族や親戚のスケジュール調整も大切ですが、僧侶も他の予約が入っていることが考えられますので、早めに確認をして予約手続きを進めます。

石材店に戒名彫りの注文を

石材店の専門スタッフしかできない戒名彫りは、早めに注文をして依頼しましょう。

参列者に向けた案内状及び連絡

納骨式のみをする場合と四十九日法要などと合わせて行う場合がある納骨ですが、どちらにしても参列する方に連絡をして出欠確認をしなければなりません。案内状を作成して出欠確認をする返信用はがきを入れておくこともできますが、参列する人数や顔ぶれによっては電話連絡で済ませてしまうこともできます。

納骨に必要な「遺骨埋葬許可証」の準備

死亡届と引き換えにして市区町村役場で受け取ることができる遺骨埋葬許可書ですが、この用紙が準備できていないと納骨することができません。その他にも必要な書類があることから、事前に良く調べて滞りなく進められるように整えておきましょう。

お供え物の準備

参列する方が持参してくださることが多いお供え物ですが、施主側でも用意して並べておくのがマナーです。果物や飲み物などを用意するほか、お菓子やお花も並べておきます。

お布施の準備

僧侶に読経を依頼する関係上、お布施を包んで用意する必要があります。僧侶が一緒に開所の席に参加することもありますが、辞退することもあるので、このような場合は御膳料を用意しておき、お布施と一緒に渡します。会食の出欠は早めに確認しておくと、僧侶分の食事を無駄にすることがありません。

会食のためのお料理の手配

無事に納骨式が終わった段階で参列者が集まって会食をします。寺院近くのレストランなど個室がある食事処を選ぶことが多いですが、中には自宅で行うなど様々です。また弁当を手配して持ち帰りにすることもあります。

その他忘れてはならないこと

納骨式をする場合にもお供え物や御供物料を参列者から受け取ります。また参列できない方が郵送で届けるなどのこともありますので、受け取った全ての方に引き出物を手配することを忘れないようにするのがおすすめです。あまり高額なものでは相手に負担をかけますので、日常使用できるタオルなど男女年齢を問わず好みなどが偏らないものがおすすめです。

納骨式に参列する際の注意点

執り行う側ではなく参列する側になることもある納骨式は、どのような点に注意して足を運ぶのが良いのでしょう。

お供え物と御供物料

四十九日法要と一緒に行われることも多い納骨式は、参列する際にお供えお物や香典となる御供物料を持参します。お供え物は施主側が用意するお菓子や果物、飲み物やお花などが多いですが、持参する際の荷物や施主側と同じようなものを用意してしまう可能性から、現金として御供物料を用意します。また両方準備して持参する地域もあるようです。一緒に参列する方と相談するなど、事前に調べてから用意をしましょう。

納骨式の服装は?

四十九日法要に合わせて行う場合には、喪服や略式喪服を着用している可能性が高いですが、納骨式のみの場合には、喪服や略式喪服にこだわらずに黒っぽい服装でも構わないという場合もあります。それほど堅苦しく考えない方がいる一方で、あまりカジュアルなのは…という方もいます。季節などによっても異なりますが、事前に確認するのが難しい場合には、参列する方同士で話し合いをするなどしておきますと、当日不安な気持ちのまま足を運ぶこともありません。

仏教以外の納骨式はどんな?

宗派によって異なる納骨式ですが、仏教以外ではどのような形で行われているのか、実際にはあまり知られていません。ここでは神式とキリスト教について紹介します。

まずキリスト教の納骨式はこの日に行わなくてはならないという決まりはありませんので、 1ヶ月後の命日に行う追悼ミサや昇天記念日などに合わせて納骨を行います。その他には七日目の追悼ミサに合わせて行う場合もありますが、1年目の記念ミサに合わせて行う場合もあり様々です。
一方の神式の納骨式はキリスト教徒同じく、納骨をこの日に行わなくてはならないという決まりはありません。よって亡くなってから50日目に行う五十日祭などに合わせて納骨を行い、神式ではこの日が忌明けの日として区切りの時期としています。

まとめ

いかがでしたか。納骨についての決まりや納骨式までの準備事項を理解しておきますと、参列する場合にも執り行う場合にも役立つ知識となります。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい