家族葬に香典を送っても問題ない?マナーや注意点を解説!

葬儀の多様化が進む中、注目されているのが家族葬です。近親者や親交の深かった友人などが中心となって見送るものですが、注目されているとは言え、いざ執り行うとなると戸惑う場面も少なくありません。また、連絡を受けた方も対応に悩むこともあるのではないでしょうか?そこで今回は、家族葬に於いてのお悔やみの際に悩みがちな香典やマナーについて解説していきます。

家族葬に香典を送っても問題ない?

家族葬を行う旨の連絡をもらった際に気になるのが、香典はどのようにしたらよいのかということなのではないでしょうか?家族葬の場合は、参列は依頼を受けた場合のみでそれ以外の方は参列も香典も辞退するのが一般的となっていますので、弔問や香典は遠慮するのがマナーとされています。

そもそも家族葬の基本は、故人との最後の時を弔問者の対応に追われること無く身内だけで静かに過ごしたいというものですので、香典を送った場合には遺族に返礼品などに気を使わせることになりますので、「香典は辞退させていただきます」という知らせがあった場合には当然ながら香典は送ってはいけません。

では、香典辞退の知らせが無かった場合はどうしたらよいのでしょうか?送るべきなのでしょうか?遺族が香典辞退を明確にしていない場合でも、家族葬の基本を考えると送らない方が良いでしょう。ただ、遺族が香典を受付けている場合はその限りではありません。

せめて香典だけでもと思いがちですが、自分の気持ちだけを押し付けず遺族の意向を尊重することが大切です。

返礼品が必要なものは送らないのがマナー

家族葬は、遺族それぞれの事情や考え方の違いはあるものの参列を始め香典、供花などを辞退することが殆どです。

一般の葬儀の場合は、多数の弔問客が焼香に訪れますので、対応に追われ忙しくなりせわしい時間を過ごすことになります。いつの間にか故人とのお別れが終わってしまったということが無いように、遺族だけでゆっくり故人とのお別れをしたいという意図で執り行われるものですので、香典だけでなく返礼品が必要なものは送らないのがマナーとされています。

なぜ遺族は一般の葬式ではなく家族葬にしたかを考えよう

親しい方が亡くなったと連絡があった場合にはすぐにでも伺いたい思うものですが、家族葬を執り行う旨の連絡を受けた場合は、弔問は勿論のこと香典も遠慮するのがマナーとされています。

家族葬を行う意味は、弔問者の対応などに追われること無く身内だけで静かに故人との最後のお別れの時間を持ちたいということですので、その意味をしっかりと把握して自分の気持ちだけでなく遺族の意向を理解することが重要です。

遺族から香典辞退の連絡がなくても基本NG

遺族から家族葬を執り行う旨の連絡を受け、参列や香典辞退の意向があった場合は、当然ながら香典を持参して弔問に伺うことはマナー違反とされています。また、遺族から香典辞退の連絡が無かった場合でも、家族葬という基本を考えれば送らない方が良いでしょう。なぜなら、香典を送った場合は香典返しを用意する必要が出てくるからです。葬儀費用の足しにはなりますが、遺族の負担になりかねないことを念頭におき遠慮することもマナーの一つです。

弔電も原則送らない

家族葬は、葬儀への参列や弔問、香典などを辞退するのが一般的とされていますが、弔電はどのようにしたらよいのでしょうか?家族葬を執り行う側も迷うところですが、知らせを受けた方も悩む所です。弔電辞退が明確な場合は勿論送らないのが基本ですが、弔問や香典を辞退する旨の連絡があった場合でも弔電の辞退が明確になっていない場合は、弔電を送ることは失礼にならないともされています。その理由は、弔電は返礼品を用意する必要がありませんので、それほど遺族の負担にならないからです。ただ、弔電を送るには通夜や葬儀の日時及び場所などを把握する必要が当然出てきます。家族葬の連絡があった場合に斎場や日時が明記されている場合を除いては、家族の意向を尊重して控える方が良いでしょう。

せめて弔電だけでもと考えがちですが、必ず送らなければならないものではなく送っても問題が無いものとして捉えることが大切です。

「お悔やみの手紙」であれば問題ない?

遺族にお悔やみお気持ちを伝える方法として最適といえるのが、「お悔やみの手紙」です。お悔やみの手紙ならば返礼品が要らず、遺族が対応に追われることがありませんので問題ないとされています。

お悔やみの手紙は、故人に対するお悔やみを始め弔問に伺えない理由などをシンプルに明記することで、遺族に故人を悼む気持ちを添えます。故人への思いだけを長々と綴ることは避けお悔やみの気持ちを手短に伝えることがマナーとされています。また、手紙は派手なデザインのものを避けるのも忘れてはいけない注意点です。

送る時期に関しては、一般的に初七日までに出すのがマナーとされていますが、家族葬の場合は、葬儀後や喪中はがきなどで知ることが少なくありませんので、初七日過ぎに知った場合は、できるだけ早く送るようにしましょう。

お悔やみの手紙は、遺族の負担にならないお悔やみの方法の一つとして利用すると、深い悲しみの中にいる遺族に心が伝わり喜ばれるはずです。

香典を渡す場合の確認方法

家族葬の場合でも、香典の相場や返礼品などは一般の葬儀と同じと考えて良いとされていますが、香典の渡し方には少し違いがあります。

一般の葬儀の場合は、通夜及び葬儀の場で香典を渡す場合が殆どですが、家族葬の場合は香典を辞退することが一般的となっていますので、どのように渡したらよいか悩む所かも知れません。香典を渡す場合の確認方法は以下のようになっています。

まずは喪家に確認。ご遺族の意向を知る

家族葬では、参列は勿論のこと弔問や香典を辞退するのが一般的となっていますので、どうしても香典を渡したい場合は、まずは喪家に確認して遺族の意向を把握することが大切です。遺族が辞退している場合は、香典を渡したり送ったりするのはマナー違反とされていますので、家族葬を行う意味や遺族の気持ちを尊重して対応することが重要です。

荼毘に付される前に一目会いたいと思うものですが、遺族それぞれの事情がありますので自分の気持ちばかりを優先させずに柔軟な対応が必要となります。

香典を受け入れてもらっても遺族に負担をかけない形で対応

遺族の方では、香典を辞退したにも関わらず香典を渡したい旨の連絡があった場合、むげに断ることもできずに困惑する場合も少なくありません。香典を渡すことで遺族に迷惑をかける場合もありますので、どうしても渡したい場合の対応は、返礼品を辞退する旨をしっかりと伝えておくと遺族への負担が無くなります。また、遺族が香典を受け入れる意向を示した場合でも、遺族の負担を考えて都合の良い日を確認して伺うのがマナーです。

家族葬の場合の香典は、葬儀が執り行われる日でなくても問題が無ありません。また、香典の金額は各自の経済状況に応じた金額で良いですが、あまり高額になり過ぎないように注意することも遺族への気遣いです。

家族葬で香典を渡す際の注意事項

家族葬で迷いがちなのが香典に関することです。遺族から葬儀を家族葬で執り行う旨の連絡を受け、参列や香典辞退が明記されていた場合はそれに従うのがマナーとされており、弔問も辞退するケースも少なくありません。しかし、どうしても香典を渡したいという方がいるのも現状ですので、その際はどんなことに注意したらよいのでしょうか?

香典の表書き

家族葬は、参列や香典を辞退するのが一般的ですので、弔問の際に持参する場合や送りたい場合には、必ず遺族の意向を確認するのがマナーです。家族葬とは言っても、遺族それぞれに事情があり、参列や香典を辞退しても弔問は受付けるケースや弔問自体も断りがあるケースもありますので、無理に伺い香典を渡すことは厳禁です。

遺族が香典を受け入れる意向を示した場合には、香典を渡しても良いでしょう。その際の表書きは、家族葬でも通常の葬儀と同様に喪家の宗教に合わせるのが一般的です。仏式の場合は、「御霊前」「御香料」などが使われ、神式では香は使用しない為白無地の包みに「御霊前」「御玉串料」「御榊料」などと表書きします。加えて、キリスト教式の場合には、教派によって違いがあり白無地の封筒や「御花料」又は白百合・十字架などが印刷されている市販の封筒などを用います。無宗教の場合は迷いがちですが、一般的な白と黒の不祝儀袋を用い、殆どの宗教に共通するとされている「御霊前」や「御花料」などと明記すると良いでしょう。

また、不祝儀袋に書く氏名は、筆を使用してフルネームで書くのがマナーです。ボールペンや万年筆はマナー違反となりますので注意しましょう。書く際には薄墨で書くことは言うまでもありません。

のし袋の選び方

家族葬であっても、香典を渡す際にはのし袋に表書きをします。一般的には、黒と白の双銀の水引があるのし袋を使用し、「御霊前」「御香料」などと書きます。現在では事前に印刷され販売されているものが多種多様にありますので、それを利用すると大変便利です。

のし袋を選ぶ際のもう一つの注意点としては、金額によってのし袋を変えることです。5千円以下は印刷されたものを使用しますが、水引の数は5本が一般的となっており、他に7本と10本があります。包む金額が1万~2万円なら印刷されていない水引ののし袋、3万~5万円なら双銀の水引、10万以上なら大判ののし袋を使用します。このように様々な決まりがあり、水引の本数が多い程各上になって行きますので、包む金額によってのし袋を変えることが必要です。

まとめ

いかがでしたか?家族葬は、近親者やごく親しい方のみで故人を送る葬儀の形ですので、通常の葬儀とは少し違ったマナーがあります。また、参列や香典を辞退するのが一般的とされていますが、これといった決まりが無いのも特徴と言えます。葬儀への参列や香典の渡し方、弔電までも辞退する遺族があるのが現状ですので、どうしも香典を送りたい場合でも遺族の意向をしっかりと聞き尊重する対応が大切です。

あわせて読みたい