家族葬への参列は遠慮するのがマナー?

核家族化が進むと共に、葬儀に対する価値観の多様化も見受けられるようになっており、葬儀を行わないスタイルの葬送も増加しています。近年、注目されている家族葬もその中の一つですが、遺族以外の参列のマナーは一般の葬儀と少し違いがあります。今回は、家族葬の参列のマナーを紹介します。

まずは家族葬を執り行う意味を理解しよう!

る方が希望することが多くなっているのが現状で、日程を自由に設定しやすい点や費用を低く抑えることができるのもメリットとして挙げています。

家族葬は、儀礼的及び社交辞令的な弔問客に気づかい対応に追われること無く、ゆっくりと落ち着いて故人との思い出に浸りながら心がこもった葬儀が行えるという点で、遺族にとっては大変意味のある有意義な葬儀方法の一つとなります。

家族葬はどこまでの人が参列する?

一口に家族葬といっても、参列者の選択は基本的には遺族が決めます。家族葬の一般的な参列者の範囲は、亡くなった方の両親と配偶者及び配偶者の父母、更には子供や孫、兄弟姉妹の直系家族となっています。しかし、はっきりした定義があるわけではありませんので、場合によっては故人の兄弟や子供のみ、叔父や従妹までを含めることもあります。

遺族が自由に参列者を選択できるのがメリットの一つの家族葬ですが、執り行う際にはその他の親族や近所などには家族葬で行うことをはっきりと伝えた上で、香典を辞退するケースでは辞退することを事前に知らせておくことが後々の思わぬトラブル回避には重要です。また、家族葬は、費用を安く抑えることができる反面、香典を辞退するということは遺族に金銭的な負担が掛かるということでもありますので、親族間でしっかりと内容を確認しお互い了解した上で執り行うことが大きなポイントとなります。

静かにゆっくりとお別れできる時間を取る葬儀ですので、参列できない場合でも親族間が納得した送り方を尊重しましょう。

遺族以外は家族葬には参列するべきでない?

家族葬を執り行う旨の連絡があった場合、遺族以外の方は参列や香典の辞退などをしっかりと確認することが大切です。家族葬は、仕事関係の方や近隣住民が通夜などにも参列しないのが一般的となっています。しかし、決まりがある訳ではありませんので、生前の故人との関係や家庭の事情なども含め、遺族に確認することが大切です。

遺族からの参列辞退の旨があったら参加しない

遺族から参列辞退の旨の連絡があった場合は、参加しないのが無難です。仕事関係者及び近隣住民の場合などは、会社の文書や自治会の会報などで知ることもありますが、故人への関係性や思いもありますので、きちんと関係者に確認することが大切です。家族葬は、遺族のみでゆっくりと故人とのお別れを行う葬儀ですので、参列辞退の連絡を受けた時は参列しないのが基本的なマナーです。

辞退の旨がなくとも、家族葬であれば極力参加は控える

仕事関係者や近隣住民などの場合は、会報や回覧板などで訃報を知ることもしばしばです。会報には葬儀会場や葬儀日時などが記載されている場合が殆どですので、そこで初めて知った場合は、葬儀の内容を会場に直接問い合わせてみるのも一つの方法です。一般会葬の有無や香典辞退の有無などを確認し、家族葬であった場合は参列の辞退が無くても参列は極力控える方が良いでしょう。辞退の記載がなく参列する場合でも、遺族に対する配慮は忘れないようにするのがマナーです。

できれば、会報を管理している関係者に問い合わせてみると安心ですし、地域によって葬儀への参列方法や香典の有無などに違いがありますので、事前に確認しておくことが大切です。

香典や弔電も原則送らない

家族葬の場合の香典や弔電は、親族以外は受け取らないケースが一般的ですので、送るのは控えた方が良いでしょう。しかし、弔電の場合は、特に断りが無い時には送ってもマナー違反にあたらないとされています。一般の葬儀と同じ様に弔電が送られてくることも多く、遺族に喜ばれることもあります。とはいえ、遺族の意向もありますので、自分の気持ちをはっきりと伝えた上で遺族の判断に任せることが大切です。以前に香典を貰っているからといってお返ししたいと思う方が多いのが現状ですが、一般的な葬儀の場合でも家族葬でも、あくまで遺族の気持ちを考え意向に沿うことが大切なポイントとなります。

家族葬の場合は、親族以外は参列や香典は差し控えて、辞退の意向が無い限り弔電は送ってもマナー違反とならないとの見方が一般的となっているようです。

それでも参列したい場合は?

親しい方が亡くなり家族葬を執り行う旨の連絡を受けた場合でも、荼毘に付される前にどうしてもお別れをしたいと思う方もいるかも知れません。そんな時は、どうしたらよいのでしょうか?

自分の気持ちだけを押し付けるのではなく、遺族特に喪主への確認は重要です。遺族の意向によっては、参列をしたくても辞退しなければならない場合もありますので注意しましょう。一般的には親族だけで行う家族葬であっても、その後の弔問を断るということは少ないと思われますので、後日訪れる方法もあります。その際のマナーとしては、葬儀後1週間の間に訪問するのが良いとされており、その際の服装は一般の葬儀と同じく、葬儀時の基本的な服装とされています。

喪主に確認し、遺族の意向を聞く

参列辞退の旨の連絡が入った場合でも、参列したい時はまず喪主に確認してみましょう。遺族によっても様々な事情があるものですし、意向もそれぞれなのが現状ですので、喪主や遺族の意向を一番に考えなくてはなりません。

事前に知らせがあるということは、家族で静かに送りたいという気持ちの表れですので、遺族の心に寄り添いながら、対応することが大切です。後日の弔問が実現する場合は、平服でということであるなら、男性はダークスーツ、女性は黒や紺のワンピースが基本とされていて、幼児などの場合は黒い普段着、学生の場合は制服が一般的となっています。また、平服での断りが無い場合は、一般的な葬儀時の服装すなわち喪服着用で伺うのがマナーです。

家族葬は、一般的な葬儀とは違うと思っている方が少なくありませんが、服装に於いては後日弔問に伺う場合でも、通常の葬儀と同じように考えて行動すると安心です。

弔電くらいは送りたい。

参列したくても遺族の意向を尊重して遠慮するのが基本の家族葬ですが、故人との関係が深ければ深い程、せめて弔電くらいは送りたいと思うものです。

一般の葬儀の場合は、焼香の合間に読み上げられることが多いのが弔電です。家族葬の場合は、参列や香典は親族のみとなっているケースが殆どですが、弔電は受け付ける場合が多くなっており、送っても失礼に当たらないとされています。遺族からの明確な辞退が無ければ送ってもマナー違反とならないとされており、家族葬が執り行われる際の故人への心を表す唯一の方法として利用することは間違いではありませんし、参列ができない代わりに故人を悼む一つの良い方法となります。ただ、これもそれぞれの遺族によって事情や意向がありますので、事前確認の必要がありその意向を尊重して判断することが重要です。

「お悔やみの手紙」であれば遺族の負担がない

故人の訃報に際して、遠くに住んでいる、忙しくてどうしても時間が作れないなどの理由から葬儀や弔問に伺えない、葬儀を家族葬で執り行う旨の連絡を受け、参列や香典を辞退されているという場合に何らかの形で故人を悼みたいと思う方も少なくないのではないでしょうか?そんな時に、一つの方法として挙げられるのが「お悔やみの手紙」です。

弔電を受付けることも多くありますが、お悔やみの手紙ならお礼の品が必要ありませんので遺族への負担が無いのがメリットで、家族葬の場合でも問題が無いとされています。

お悔やみの手紙を出す際は、初七日までに送るのが一般的なマナーです。しかし、葬儀後や初七日を過ぎて知らせを受ける場合も少なくありませんので、その時はできるだけ早い時期に送るようにしましょう。また、手紙のデザインやカラーは派手なものや華やかなものは避け、シンプルで落ち着きのあるデザインを選ぶこともポイントで、白無地を選んでも良いでしょう。

内容についてもシンプルなものが良いとされ、あまり個人的な感情を全面的に出すのではなくあくまでも故人を悼む気持ちをシンプルに表現するに留めた方が良い傾向にあります。

具体的にポイントを挙げてみますと、一般的な手紙に使用するような時候のあいさつなどは必要が無く、いきなり本題に入る方が良いでしょう。また、弔問に伺えない理由とお詫び、後日伺う予定がある場合はその旨も書き添えておくことも大切です。更には、お悔やみの手紙は故人に対する弔意を表すものですので、悲しみと共に遺族を気遣う言葉を添えることに加えて、葬祭関連では嫌われる忌み言葉や死を連想させる言葉を使用しないことが大きなポイントとなります。

まとめ

いかがでしたか?家族葬といえども、参列基準を除いては一般の葬儀と同じと考えて良いでしょう。参列したことで遺族に気を使わせたり、負担を掛けるといったことが無いようにマナーをしっかり把握することは勿論のこと、参列や香典、弔電といったものは遺族の意向に沿い、配慮を忘れないようにすることが大切です。

家族葬は、はっきりとした決まりが無くマナーが分かり難いという声が多く聞かれますが、遺族の意向に沿うことが一番のマナーと言えそうです。

あわせて読みたい