お墓参りのお花の選び方。人気の花を紹介。

知っているようで実はあまり良く理解できていないことというのは、世の中には沢山ありますが、その中でもお墓参りのマナーがその一つに該当するかもしれません。今回はお墓参りに欠かせないお花について紹介しますので、是非参考にしてください。

お墓参りのお花のマナー


お墓参りに欠かせない持ちものの一つが、お墓に供えるお花です。お花と言っても様々な種類があり、全てがお墓参りに適しているものでないことは見当がつくはずです。マナーを知って故人や先祖を敬う気持ちとして表現しましょう。

避けるべき花は?

避けた方が良い花の種類は知っておいた方が良い知識になります。是非参考にしてください。

香りの強い花

縁起が悪いとされるバラやユリなど香りが強い花は、お墓参りの際には避けた方が良いお花になります。特にユリの花の花粉は墓石との相性があまり良くないとされていて、墓石に花粉が付着することでシミができてしまうようです。綺麗な花ですがお墓参りには持参しないのが好ましいようです。

毒のある花

トリカブトや彼岸花、スズランやスイセンなど毒のある花も縁起が良くないので避けましょう。あまり毒があるイメージがないスズランやスイセンですが、お墓参りには適さない花とされています。

刺のある花

刺があるバラやアザミ、ザクロはお墓参りには相応しくない花とされています。

つる性の花

アサガオなどつる性の花をお墓参りに持参しますと、そのままつるが伸びて周りのお墓に迷惑を掛けることが想定されますので気を付けましょう。

故人が好きな花なら良い?

避けた方が良い花をいくつか紹介しましたが、その中に故人が好きだった花が含まれていた場合には、できればそれ以外の花で好きだった花を選んでお墓参りに持参する方が良いでしょう。決まりとして禁止されているわけではありませんが、周囲の方を含めてマナーとして避けた方が良いとされています。是非活用して花選びを行ってください。

故人が亡くなってから四十九日が過ぎていない場合は

四十九日を過ぎていない時のお墓参りには、どのようなお花を持参するのが良いのでしょう。

四十九日を過ぎていない時の花選び

一般的には淡い色や白い色の花束が良いとされていて、故人が好きだった花やお墓参りで定番とされている種類の花を選んで持っていくのが良いとされています。

四十九日を過ぎた時の色づかいは…

5色や3色などで彩られることが多いお墓参り用の花ですが、白色や黄色や紫色が使われた花束の他に、白色や黄色や赤色、紫色やピンク色を組み合わせた花束が一般的なようです。購入する場所によって異なりますが、お墓参り用の花束は、基本的には奇数の数字の色づかいで構成されることが多いようです。

造花でも良いですか?

生花の印象があるお墓参りの花ですが、造花を用いて供える方もいるようです。特に禁止されていることもなくマナー違反ではありませんが、軽くて風に飛ばされやすい造花の場合には、生けたまま放置してしまいますと、周囲のお墓の方に迷惑が掛かる可能性があります。風に飛ばされないように対策をするなどして利用するのがおすすめです。

お墓参りに人気のある花は?

では一体どのような花に人気が集まっているのでしょう。

お墓参りの定番と言えば菊になります。花束の中でも存在感を大きくする表現する落ち着いた雰囲気がある花です。

りんどう

りんどうも人気がある種類の一つとなっていて、個別で注文して花束をつくる際に良く用いられます。

アイリス

アイリスも人気がある墓参り向けの花です。

カーネーション

母の日のイメージが強いカーネーションですが、色の展開が豊富であることから広く支持されます。あまり派手になり過ぎない雰囲気が人気の理由です。

ユリ

香りが強いので避けるべき花であるのかもしれませんが、少量加えることで花束が一層豪華に見えるのがユリです。

お墓参りのお花の費用相場は?

お墓参りのお花はどの位の費用を掛けるのが相場とされているのでしょう。

お墓参りの花代の相場とは

高額なイメージがあるお墓参りの花代ですが、500円前後が一般的な相場とされています。スーパーやコンビニなどでも仏事用の花束が販売されていますので、無理をして高級品を買い求める必要もなく、そのような花を購入して持参するのがおすすめです。

花屋でお墓参り用の注文する際のポイント

予算や彩りなどを注文時に伝えますと、素敵な花束を綺麗につくってくれるのが花屋です。その際にはお墓参り用であることをしっかり伝えておいたほうが、避けるべき花を排除して素敵な花束を完成させてくれます。スーパーやコンビニなどで購入するよりも高くなる可能性がありますが、1,000円程度で入手できます。

1か所?2か所?お墓によって違うお花を生ける場所

お墓の種類によってお花を生ける場所が、1か所である場合と2か所である場合があります。事前に確認しておいて、お墓に合わせた花を用意しましょう。その際にはお花代も多く掛かりますので、購入先を工夫するなどして故人が好む花を探して持参するのがおすすめです。

お花の供え方は?

お墓参りのお花の供え方について、詳しく紹介します。

知っておきたい!墓参りの際に役立つお花の生け方

仏花はお墓のほうに向けるのではなく、参拝者に向けて供えるのがマナーとされています。その理由は、供養する人の気持ちを静める意味や花を通して命の尊さを学ぶなどの意味があるようで、命が短い花を供えることで命へのありがたみや感謝の気持ちを再認識する時間にもなります。お花の向きにも気を配りながら生けるようにしましょう。

買ってきたまま生けるの?

買ってきたままですと、仏花などはフィルムや包装紙に包まれていることが多いので、外して生けるのが一般的です。また茎が長すぎてお花を生ける入れものとのバランスが取れないこともあります。そういった時に、はさみを持参しておきますと、持ってきた花を綺麗に供えることができます。自由に長さを調節してカットして生けられるよう、お墓参りの際には必ず、はさみを持参するのがおすすめです。

お墓に供えるお花の片付けについて

お墓参りをして帰る時に、持ってきたお花の片付けについて考えたことがありますか。ここにもマナーがあるようですので紹介します。

置いたまま?持ち帰る?お墓に供えたお花について

せっかく飾ったお花ですから、次のお墓参りまでそのまま置いていってしまう方が多いようですが、本来はその場で片づけて帰るのが最近の正しいマナーです。ちょっともったいない気がしてしまいますが、枯れた仏花が長く生けられているよりは見た目の印象も良いですし、虫がわいて周囲のお墓の方に迷惑を掛ける心配もありません。また数日して墓参りをするなどと言う方は例外ですが、しばらくお墓参りできない方は自分が帰宅する際に持ち帰るように心がけましょう。

その仏花…再利用していいの?

購入したばかりのお墓参り用の花はまだ綺麗なので、帰宅してから仏壇用の花にしたいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、こういった使い方は好ましくありません。お墓参りで使用した花は、そこで役目を終えたと考えて、少しもったいない気がしますが処分するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。お墓参りのマナーの中でも、花に着目して考える機会はあまりないはずです。知っているようで知らないことが多いお墓参りのお花の選び方などは、是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい