精進落としとは?料理や費用、マナーを紹介

葬儀に関する儀式や用語は数多く存在していて、最近では親戚の人数が少ないなどの理由で、小さな時に法事などへの参列経験が少ないまま大人になるケースも珍しくありません。今回は精進落としについて紹介します。料理内容や費用、マナーに関することまで詳しく紹介しています。是非参考にしてください。

精進落としとは?

参列者へのお礼や故人の供養の意味がある精進落としとは、寺社巡礼や祭礼、更には神事など、精進潔斎が必要な行事が終わった後に肉や酒の摂取、異性との交わりを再開するなど、親類に不幸があって通常の食事を断って精進料理を摂っていた人が四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻すことなどを指します。

現代の精進落としへの考え方

ひと昔前まで、故人の死後から四十九日までの間、遺族は精進料理を食べ続けていました。しかし時代が変化している現代において精進料理を食べ続けるのはなかなか大変なことでもあります。そのため現在では通夜や告別式を行っている間のみなど、期間を決めて食べることが増えています。

また精進落としの本来の意味は、故人の臨終から四十九日が経った後、精進料理から通常の食事へ戻す際の会食のことを言い、精進落としで、精進料理では禁止とされていた肉や魚などがふるまわれるのが特徴です。しかし現代では、精進料理を四十九日間食べ続けるという習慣がなくなっているため、お葬式に参列してくださった参列者への感謝の気持ちを込め、火葬後などにお料理をふるまうことを精進落としと言うようになっています。同じ言葉でも時代と共に内容が変化していることが理解できます。

いつ精進落としは行われる?

では精進落としとはどのタイミングで行われる儀式なのでしょう。火葬中と火葬後、更には初七日法要に精進落としが行われることが多くあります。早速一つずつ紹介します。

火葬中に精進落としを行う場合

火葬中は火葬を待つ時間が1時間前後あるため、少しでも効率良く儀式を進ませたい場合、火葬中に精進落としを行う場合があります。この場合には斎場に一度戻る場合と火葬場の待合室で精進落としを進めるケースと両方考えられますが、どちらで行っても方法は同じです。元々あまり長い時間席を設けないように進められる精進落としは、火葬をただ待っているよりもやるべき儀式を先に済ませるのも一つの手段です。

火葬後に精進落としを行う場合

火葬後に精進落としをする場合は、火葬場から斎場へ戻る場合と自宅で精進落としをする場合もあるので、その際には故人の自宅へ移動することになります。火葬を待つ時間では落ち着かないと考える方もいて、葬儀・告別式が全て終わった段階で精進落としをした方が気分的にも良いと考える遺族は多くいます。そのような場合は、火葬が終わってから精進落としを行います。

初七日法要での精進落とし

初七日法要とは、葬儀・告別式から7日経過した時に行う法事ですが、最近では初七日法要を火葬の前後に行うことも少なくありません。理由は再び1週間後に遺族や親戚が一堂に会するのは難しいという考えがあり、また遠方から参列する方への配慮も加わっています。つまり初七日法要と精進落としが同じタイミングで行われる可能性があり、両方の儀式が一つにまとめられる傾向にあります。

精進落としのよくある料理

精進落としと言えば、本来は四十九日の喪が明けて、それまでは精進料理だけを食べていた親族の方が一般食に戻ることを言いましたが、現代では、初七日の法要時に自宅まで来てくださった僧侶への労いを込めて召し上がって頂くお料理を指しています。

しかし、親族が一堂に会する機会も少なくなり、住まいも散らばっていることから告別式後に精進落としをされる方が増えてきました。基本は、精進料理ですので野菜を中心とした煮物や天ぷらなどです。故人をしのび今までのお礼をする場としてお清めの食事をしますので飲酒も度が過ぎない程度に控えるようにします。告別式の会場と火葬場が同じ場所であれば、火葬中に精進落としをされることもあります。告別式に列席される方の人数は事前に把握できることから、個別の食事を用意することも可能です。

仕出し弁当


精進落としの料理は、食べやすくて冷めていても美味しいものを選ぶようにします。仕出し弁当でしたら手頃な予算で準備することができますし、その場で食事できない方にお持ち帰り頂くこともできます。

懐石料理


懐石料理の場合には、季節の食材なども取り入れて、前菜から〆のご飯、デザートまで付くきちんとした食事になります。刺身、煮物、天ぷら、茶わん蒸し、煮魚、椀物、寿司などかなりのボリュームになり、高齢者の方ですと食べきれないこともありますので品数で調節されるといいです。

お寿司


告別式の規模によっては、式当日でなければ列席者の人数を把握することができませんので、そのような場合には、大勢の方がつまむことのできるお寿司を用意します。

精進落とし料理の費用相場と注意点

精進落とし料理は、人数や料理の種類により値段に差が生じます。親族が準備する仕出し弁当などは年齢に問わず、口にすることのできる食材が用いられているので比較的予算を抑えることができます。また、葬儀屋に一任した精進料理であれば味も本格的になることから費用も割高になります。

最近では、高級な店舗からのデリバリーも可能ですが、告別式で行う精進落としである旨を伝えておかなければ華やいだ仕出し弁当になってしまうので注意してください。

費用相場は1人3000円~6000円

葬儀にまつわる費用は、高額になることが予想されていますので生前に互助会などに加入して準備される方が増えてきているようです。ただし、告別式の飲食代は相続における控除対象となることから領収書の保管を忘れないでください。

さて、一番気になるのが費用相場です。精進落とし料理にアルコールやソフトドリンクを合わせると一人当たり3,000円~6,000円程度となります。 

お祝い事で使われる料理は避ける

精進落としですので肉や魚などを口にすることができますが、お祝いの席で使用される伊勢海老や蟹、鯛など豪華な食材は避けるようにします。葬儀屋の手配であれば間違いはありませんが、個人で手配する際には注意してください。

アレルギー対策も意識

精進料理が基本ですが、大豆・玉子・小麦粉・魚・肉などにアレルギー反応を示す方が増えています。事前に準備することができる精進落とし料理ですので、列席者にアレルギー疾患の方がいないか確認してから依頼してください。”

精進落としでのマナーについて

多くの人が集まる場では、自宅のようにリラックスして過ごすのではなく、マナーやしきたりを守って気分良く過ごしたいものです。精進落としでのマナーを紹介します。

席順について

好きな場所に座って良いわけではない席順は、おさえておきたいマナーです。まず僧侶が上座に座り、会社関係や友人が続いて座ります。ちなみに遺族や喪主は入口に近い席に座ります。

献杯について

乾杯ではなく献杯で精進落としでの会食が始まります。喪主が献杯の挨拶をすることもありますが、遺族側で故人と近い関係の方や年配の方が選ばれ、献杯の挨拶をします。くれぐれも間違えて乾杯と言わないように気を付けましょう。

会食中の喪主が行うこと

会食の席についた段階で、喪主から参列者へ向けてお礼の言葉を述べます。葬儀が滞りなく済んだことと、関係者への感謝の気持ちを伝えます。その上でささやかながらおもてなしがあるとの旨を伝えます。喪主の都合がつかない場合は、親族の代表者が代わりに挨拶を行います。挨拶を終えて会食が始まった時、喪主や遺族は参列者の席へ行きお酌をしに回ります。

参列者のマナー


忙しい時間を過ごす遺族がいる一方で、精進落としに参列する側もマナーを守りながら故人を偲ぶ必要があります。どのような点に気を配ると良いのでしょう。

遺族から指定された席に

僧侶が上座に座りますので、その他の方も故人との関わりに合わせた席の場所を設けます。その場で伝えても良いですが、よく聞き取れないなどのハプニングとなり、時間もかかりますので、事前に座席札や座席表を用意しておきますとスムーズに着席できます。

故人の思い出の話を中心に

懐かしい顔ぶれが集まることや、会社の人同士で集まることになる精進落としは、普段の宴会や同窓会のような気分になりかねません。しかし正式な故人を偲ぶ儀式である精進落としで、全く関係ない話をすることはマナー違反です。

大声で笑ったりしない

お酒が入るなどしますと、普段とは違う様子になる方もいます。大声で笑うような態度は、遺族の前では失礼になりますので気をつけてください。

遺族への配慮を

故人の死因や遺産相続についてなど、遺族が聞かれても答えにくいような質問をすることは、遺族だけでなく周囲の方も不快な思いをします。相手の立場に立った発言が求められます。

出された食事が残りました…持ち帰ることは可能?

寿司や刺身などの生もの以外は、保存容器などに詰め替えて持ち帰ることもできます。食事を廃棄しないことで無駄を削減すると共に、全て食べきることで故人を供養することになります。恥ずかしがらずに保存容器の有無を確認してみましょう。

精進落としでの挨拶について


精進落としだけでなく、葬儀や法事の際には節目ごとに喪主または親族代表が挨拶を行います。その場でスピーチ内容を考えるのも良いですが、念の為事前に調べて練習しておくと安心です。ちなみに丸暗記をして本番当日を迎えるのが理想ですが、人前で話すのが苦手な方の場合、カンニングペーパーとしてメモ書きにスピーチ内容を記載しておくと安心です。精進落としの始まりと終了の挨拶例を紹介します。是非今後に活用してみてください。

精進落とし始まりの挨拶例

本日はご多忙のところ〇〇のためにご参列賜りまして誠にありがとうございました。皆様方のお陰をもちまして、滞りなく葬儀をすますことができましたことに親族一同、心からお礼申し上げます。なお粗食ではありますが、心ばかりのお食事を用意させていただきましたので、どうぞ一時おくつろぎくださいますようお願いいたします。故人を偲びながらご歓談くだされば供養になるかと存じます。このたびは本当にありがとうございました。

精進落とし終了の挨拶例

皆様本日はお忙しい中ありがとうございました。皆様一人ひとりの真心のこもったお見送りをいただき故人もさぞかし喜んでいることと思います。故人の思い出話などをもっとお伺いしたいところですが、この辺で終了とさせていただきたいと存じます。十分なおもてなしもできずに申しわけありませんでした。本日はありがとうございました。

精進落としの前後に行う挨拶の注意点

長すぎず短すぎない、時間で言うと1分程度の内容が丁度良いでしょう。必ず参列していただいた感謝の気持ちの一文を入れるのが大切になります。途中でつっかえることなくスムーズに言えることを意識してしまいがちですが、まずは、精進落としに来てくださったことに対して、心を込めてお礼する気持ちを述べる方が参列者に伝わります。

まとめ

精進落としについて理解が深められたでしょうか。普段あまり聞く機会がない精進落としという言葉ですが、故人を偲んで別れを告げる大切な儀式です。参列する側のマナーがあると共に、遺族側にも色々なしきたりがあるようです。今回学んだことを是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい