火葬の時間や仕組み、参列者の過ごし方

告別式が終わった段階で行われる火葬は、親族や親しい間柄の方のみ参列することが多い、あまり経験した数が多い方は少ないのが現状です。特に火葬の時間や仕組み、参列者の過ごし方などは、理解が不足する部分があるかもしれません。今後何かに役に立つ可能性は十分考えられますので、是非この機会に新たな知識を増やしてみてはいかがでしょうか。

火葬はどのタイミングで行われる?


故人を火葬場へ搬送して行う火葬は、どのような流れの中で行われる儀式なのでしょう。

火葬に関する法律での決まり

死後24時間以内の火葬は法律で禁止されています。その理由は、心臓が再び動き出して生き返る可能性があるからと言われています。人が亡くなってから体温がなくなり、体が硬直するまで24時間程度かかります。このような状態から生き返ることが考えにくいため、死後24時間は火葬できないことが法律で定められています。

火葬までの一般的な流れ

火葬が行われるまでの一般的な流れを紹介します。

①病院やご自宅でご臨終
病院で亡くなる場合が多いですが、近年では自宅で療養を続ける方も多く、また突然死のように急になくなるケースもあります。しかしどちらの場合も医師による死亡が確認された段階で死亡診断書が発行されます。

②お迎え・安置
遺体は亡くなった病院などにずっと置いておくことはできません。自宅や葬祭場の霊安室へ搬送する必要があります。この際遺族が集まって故人の傍に付き添うこともあります。

③納棺
棺桶の中で眠る故人が好きだったものや愛用していたものなどを納め、あの世でも元気に楽しく過ごせるようにします。花も飾り、故人が女性の場合は化粧をすることもあります。

④通夜
多くは亡くなった翌日に行いますが、友引が重なった場合には友引には行わずその翌日に変更するなどの日程調整が必要です。遺族や親族以外にも親しかった友人や知人が多く参列しますので、挨拶をする機会は多いこともあり、遺族にとっては慌ただしい時間となります。

⑤葬儀・告別式~出棺
通夜の翌日に行われる葬儀・告別式は、通夜よりも長い時間掛かる儀式となります。通夜に弔問に来られなかった方が参列するなど、多くの方にきちんと挨拶をする必要があり忙しい一日です。葬儀・告別式の後は、火葬場へ移動する必要がありますので出棺が行われます。出棺時には、棺桶を霊柩車へ運ぶ必要があることから、力がある男性の人手を求められますので、依頼された場合には手際よく動くようにしますと、その後の儀式もスムーズに進められます。

⑥火葬
霊柩車で搬送された棺桶は火葬場に到着しますと、すぐに火葬されるイメージですが、遺族と最期のお別れをするために一度別の場所に安置されます。その後、実際に火葬が行われます。

火葬時間はどのくらい?


火葬が始まってから終了するまでにはどのくらいの時間が掛かるのでしょうか。

知っておきたい!火葬が終わるまでの時間

火葬が開始されてから終了するまでの時間は、1時間半前後が多いですが、40分から50分と早いところもあります。また収骨を行うために、できるだけ骨の形が綺麗に残るように火葬を行うのが特徴です。

骨の形を綺麗に残すコツ

専門のスタッフによって行われる火葬は、そのまま放置してただ燃やしているだけではありません。故人の体形などに合わせて温度や時間を細かく調整しているので、骨の形が綺麗に残るようになっています。

火葬場が休む場合が多い日は…

友引の日に通夜や葬儀・告別式を行う方がほとんどいないことから、火葬場を休みに設定しているケースが多いです。しかし場所によっては友引でも休むにしていない場合もありますので、事前に良く調べてから通夜や葬儀・告別式の日程調整に役立ててください。

友引の翌日は火葬場が混雑?

友引の翌日に火葬場が混雑する理由は、上記に記載した通り火葬場が友引に休みである可能性があり、待っていた方の火葬に加えて通常の火葬の予約と重なり、大変混雑します。禁煙では火葬場自体が減少傾向にあるにもかかわらず、高齢化社会の影響で亡くなる方は増えています。そのため友引の翌日に限らず、比較的混雑することが多いのが特徴です。

火葬炉の仕組み

更に火葬について詳しく紹介します。続いては火葬炉の仕組みです。普段あまり関わる機会が少ない、火葬炉がどのようなものかイメージできない方も多いでしょう。火葬炉には、網の上で焼くロストル式とバーナーで焼く台車式という方式がある。早速それぞれの特徴を紹介します。

ロストル式の特徴

故人の入った棺桶をロストルの上に置いて焼くのがロストル式です。火格子と言う意味があるロストルは、網の上で焼くことをイメージすると分かりやすいでしょう。燃焼効率がよく燃えやすい一方で、骨がバラバラになりやすいというデメリットもあります。構造がシンプルであるロストル式の火葬炉は設備に費用を掛けず低コストで設けられます。しかし最近ではごく一部の火葬場でのみ採用されている珍しい火葬炉となっています。

台車式の特徴

近年主流となっている火葬炉は台車式で、台車に棺桶を乗せて主燃料炉と呼ばれる場所で、バーナーを使用して焼きます。一番の特徴は遺骨が綺麗に焼き上がる点で、悪臭が少ないメリットがあります。しかしコスト面では設備に掛かる費用が多く、ロストル式に比べて書く時間は多く必要になります。しかし焼き上がりが綺麗である点が広く普及して採用されることに繋がっています。

火葬の時間は?

では火葬の時間と温度はどのようになっているのでしょう。

ロストル式の時間と温度

遺骨化するまでの時間が短いロストル式は、火葬時間が短く済むのが特徴です。最短で35分程度で終わる火葬炉もありますが、多くは1時間弱となっています。温度は900度前後で調整されています。

台車式の時間と温度

台車式の場合にはロストル式よりも火葬する時間が若干長く、1時間超の70分程度となります。しかし焼く温度は900度前後とロストル式と同じくらいで調整されています。

環境に配慮した火葬

ダイオキシン発生を抑えるため、大変高温で焼くことが分かった火葬の際の温度調整ですが、その結果悪臭を抑えることにも繋げられ、遺骨が燃え尽きてしまうことを避けるために、900度前後で調整されているようです。

火葬中、参列者はどのようにして待つ?

火葬に掛かる時間は火葬炉の種類によって異なりますが、およそ1時間前後であることが分かりました。では火葬を待つ間、どのように過ごしていれば良いのでしょう。

精進落としとは


最近では、葬儀・告別式から7日目に行う初七日法要を、葬儀・告別式のすぐ後に行う式中初七日や、火葬場から戻ってすぐに行うことが多く繰り上げ初七日法要が多くなっています。このような形になった理由は、再度遺族や親戚が予定を合わせて法事を行うのが難しいケースが増えてきており、一同が集まっている機会を有効に利用する合理化が進んだためとされています。遠方から参列する方にとってもメリットです。その際には精進落としや仕上げ料理などを用意して親族や係員の労をねぎらいます。遺族が参列者に感謝する立場になりますので、宴が始まったら遺族は参列者一人ひとりに酌などをしながらお礼を言って回ります。1時間ほどをめどに喪主や親族代表があいさつに立ってお開きとなります。

精進落としの際の挨拶

喪主や親族代表が挨拶をする機会が多い葬儀・告別式ですが、儀式の節目には挨拶をして参列者に感謝を述べるケースが多いです。精進落としの際にはどのような挨拶が良いのでしょう。精進落としを行うタイミングによって挨拶が変わりますが、ここでは火葬後に精進落としを行う際の例文を紹介します。

皆さま、本日は誠にありがとうございました。

お陰さまで葬儀を無事に終えることができました。これもひとえに皆さまのご厚意とお力添えのお陰でございます。誠にささやかではございますが、皆さまへの感謝と慰労の思いを込めまして酒肴をご用意いたしましたので、故人の思い出話などをしながらゆっくりとお過ごしいただきたいと存じます。本日はありがとうございました。

このように、無事に葬儀・告別式を終えられたことの感謝を伝える文言が必要になります。特別な決まりやルールはないので、自分流にアレンジして挨拶をしましょう。また喪主や親族代表は、挨拶の機会が多く全てを丸暗記するのは難しいはずです。無理せずメモ書きなどを用意しておきますと、精神的にも楽になります。

火葬中に精進落としを行う

火葬をしている時間が1時間程度あることから、この時間を使って精進落としを行うケースが増えています。精進落としの席では、位牌や遺骨、遺影写真を飾り、影膳と故人が好きだった飲み物を置きます。一般的に席の順番は、僧侶が最上位に座り、来賓者が上座に座ります。家族は下座に座りますが、来賓者になかなか上座に座っていただけない場合もありますのでその際には家族が上座でも問題ありません。献杯の発声は親族の長老に依頼することが多く、最後に喪主が終わりの挨拶をします。

火葬後に精進落としを行う

火葬後に精進落としを行う場合は、火葬場からもう一度葬儀・告別式を行った斎場へ戻ります。精進落としの内容は火葬中に行う場合と同じ内容となります。

献杯の挨拶とは

全員が着席してから行う献杯の挨拶は、乾杯と言い間違えないように注意する必要があります。挨拶は故人を偲ぶ内容を入れて行うのは良いのですが、あまり長すぎますと好ましい状況にはなりません。1分程度の手短な挨拶として済ませるのが理想です。また喪主が献杯の挨拶を行うこともあり、決してマナー違反ではありません。

まとめ

いかがでしたか。火葬について詳しく知る機会はそれほど多くないので、この記事が良いきっかけになったのではないでしょうか。今後身近な人に不幸があった時にに役立ててみてください。

あわせて読みたい