葬儀の流れについて!ご臨終からお葬式を終えるまで

亡くなった方の死を受け入れる余裕がないまま、次々とやることが出てくる臨終から葬式が終わるまでの期間は、遺族にとってあっという間に過ぎ去ります。一体どのような流れで進められるのでしょう。

臨終から葬儀を終えるまでの流れ


生前から葬儀の予約ができるなど、昔では考えられないようなサービスが一般化していることもあり、それぞれの流れで進むこともある臨終から葬儀を終えるまでですが、一体どのように進むのか詳しく紹介します。

①病院やご自宅でご臨終

病院で亡くなった場合は、遺体を自宅や葬祭場の専用の安置場所へ搬送します。また病院で亡くなられた場合は病院に、死亡診断書を書いてもらうように依頼します。

 

②お迎え・安置

この段階で既に多くの遺族が集まっている可能性が高いです。

枕飾りを行う

枕飾りは遺族が行い、故人が女性の場合には化粧を施すこともあります。故人が好きだったものや愛用品なども一緒に棺桶に入れるようにします。

 

法律によりご臨終後24時間は火葬できない

たとえ火葬場が空いていても、法律上臨終から24時間は火葬できない決まりになっています。

 

③葬儀打合せ

葬儀の打ち合わせが開始されますと、親族との話し合いが多く、決めなければいけないことが沢山あるので忙しくなります。

戒名、法名のお願い

遺族であっても戒名や法名は勝手に決められませんので、僧侶に連絡をして決めてもらいます。最近は僧侶も派遣タイプが増えていて、葬儀の時だけの関係で済ませるなど一層の多様化が進んでいます。


 

準備と手配

遺影写真の準備や火葬場の確認、式場の設営など沢山行うことがあります。特に遺影写真を選ぶのが大変で、数ある写真から良いものを選ぶのは必要以上に時間が掛かります。しかし最近では生前に遺影を撮影しておく方も増えています。

 

火葬場おつとめの確認

葬儀会社が一括して行うこともありますが、念の為確認をしておくと次の日に行う火葬の際に安心です。

 

必要書類について

葬儀会社が代行して行うこともある死亡届や火葬許可証(埋葬許可書)ですが、ここで詳しく紹介します。

死亡届の正式名称は死亡届書と呼ばれるもので、記載されている人が死亡したことを証明する書類です。死後7日以内に提出する必要がありますが、国外での死亡の場合はその事実を知った日から3ヵ月以内であれば受け取ってもらえる書類です。 万が一正当な理由がなく届出が遅れた場合には、戸籍法によって3万円以下の過料を徴収されます。死亡届の提出の際には届出人を立てる必要があります。誰でも代理人になれるわけではないので注意しましょう。親族や親族以外の同居人、家主や地主、家屋管理人や土地管理人、更には後見人や保佐人、補助人や任意後見人が届出人に該当します。死亡届は死亡した場所や故人の本籍地、届出人の所在地のどの役場でも提出できますので、住まいが異なる親子などでもすぐに手続きできます。提出するともらえる埋葬許可証は、お寺への納骨時などで必要となる大切な書類です。紛失しないように保管しておきましょう。また届出人は故人の代わりに署名や押印をする役割がありますが、実際に提出する人は、別の代理人でも問題ありません。

一方の火葬許可書は、埋葬許可書とも呼ばれていて、死亡届を提出するともらえる大切な書類です。この書類がない場合には、火葬も埋葬もできなくなりますので、紛失しないように保管することが求められます。

 

④納棺

故人と向き合う大切な時間となります。この納棺は、遺族のみで行うケースがほとんどで、通夜前の慌ただしい時間ですが、故人との別れを一層実感することになります。

 

⑤通夜

かつて通夜は夜を徹して故人に付き添うのが風習でしたが、現在は2時間程度で終了する通夜が一般的となっています。更に都市部では葬儀・告別式より通夜に参列する方が多くなっています。通夜の流れについて紹介します。

通夜が始まる30分前には受付が開始しますので、遺族は1時間前には集まっていると安心です。一同が着席して僧侶が入場します。読経のあと焼香が行われて、僧侶が退場します。その後通夜振る舞いの席が設けられている際には、遺族から会場へ移動します。

 

⑥葬儀・告別式~出棺

通夜の次の日に行われるのは葬儀・告別式です。多くに弔問客が参列するので忙しさもピークに達します。出棺は、棺桶に入った故人の遺体を霊柩車で火葬場に搬送する際のことを指します。

 

⑦火葬

火葬には1時間から2時間かかりますので、待合室などで終了するまで待ちます。

 

⑧骨上げ

骨上げは、焼いた遺骨を骨壺に入れる作業になります。二人一組になって行う一般的なスタイルで行うケースがある一方で、その様な昔ながらのしきたりを気にしないケースもあるようです。

 

⑨還骨法要

換骨法要とは、骨上げ後に葬儀式場や寺、または自宅に戻り、後飾り祭壇に遺骨や位牌、遺影を安置して、僧侶に読経・供養してもらうことを指します。言葉の通り、骨になって帰ってきた故人を追悼する儀礼です。

 

自宅で臨終を迎えた場合の葬儀までの流れを知ろう

入院を嫌がる方や自宅での療養を希望する方は決して少なくなくありません。そのような場合には、どのような流れで進められるのでしょう。

臨終


自宅で療養中の方が危篤状態に陥った場合や、心肺停止などに襲われて万一息を引き取ってしまった時には、直ちにかかりつけの医師に連絡して来てもらいます。医師が到着する前に亡くなってしまった場合でも、医師が確認して死亡を宣告しない限り、正式に死亡したとは認められません。もしかかりつけの医師がいない場合に、救急車を呼び、救急病院に搬送してもらいます。特に在宅療養はしていないにも関わらず、普通に生活していた人が突然死をした場合を始め、事故や自死などで死亡した時には、遺体を動かしたりせず、すぐに警察に連絡します。地域によっては監察医や検視官が来%

あわせて読みたい