友引の日は通夜や葬儀を避けるべき?

友引と聞くとお祝い事をする日というイメージや印象がありますが、通夜や葬儀を行うことは可能なのでしょうか。高齢者など年齢層が高い方は暦を気にする傾向にありますが、最近の若い世代はそれほどこだわっていないようにも感じます。今回は友引と通夜や葬儀の関係性について紹介しますので、是非参考にしてください。

友引とは?

六曜という暦の中の一つである友引は、この他に大安と先勝、先負と仏滅、そして赤口の6つで構成されています。友引に通夜や葬儀を行わない方が良いとされる理由には、「凶事に友を引く」という言葉があり、故人と親しかった人も連れていかれてしまう意味を持っているためとされています。

六曜のそれぞれの意味

友引以外にも大安など6つの暦で構成されている六曜には、それぞれどのような意味が込められているのでしょう。

友引とは

凶事に友を引くという意味があります。かつては勝負事でどんなことも引分けになる日、つまりともに引き分ける共引とされていて、現在のような意味はなかったようです。葬式や法事を行いますと、友が冥土に引き寄せられて死んでしまうとの迷信があり、友引の日は火葬場を休業とする地域もあるようです。逆に慶事については、幸せのおすそ分けという意味で、結婚披露宴の引出物を発送したりする人もいます。

大安とは

大いに安しの意味がある大安は、六曜の中で最も吉の日とされています。何事においても吉、つまり成功しないことはない日とされていて、特に婚礼は大安の日に行われることが多いのが特徴です。

先勝とは

先んずれば即ち勝つという意味がある先勝は、午前中は吉、午後二時より六時までは凶と言われていて、何か行うことがある場合には午前中に取り組むのがよいとされた日です。

先負とは

先んずれば即ち負けるという意味がある先負は、午前中は悪く午後はよろしいとされていて、先勝とは異なり、午後に物事を行うのがよいとされた日が先負です。

仏滅とは

仏も滅するような大凶日の意味がある仏滅は、六曜の中で最も凶の日とされていて、婚礼などの祝儀を忌む習慣があります。

赤口とは

陰陽道の赤舌日という凶日に由来する赤口は、六曜の中では唯一名称が変わっていないのが特徴です。午前11時頃から午後1時頃までのみ吉で、それ以外は凶とされています。

実際、友引に通夜や葬儀は行うべきでない?


では友引に通夜や告別式を行うという考えはどうなのでしょうか。実際に行うことは可能なのでしょうか。一つずつ紹介しますので、是非参考にしてください。

言葉の意味を気にするかどうか

友引の通夜や葬儀を避けるべきかどうかについては、友引の意味を気にするかどうか一つの基準になります。年齢を重ねた世代の方の中には、暦にこだわる方も多いでしょう。しかし最近では、カレンダーや手帳に暦が書いていないことも多く、若い世代の方の中には、六曜の暦について知らない方もいます。 世間一般的には、友引に通夜や葬儀を行うのは縁起が悪いとされていますが、もともとの共引という言葉には、違う意味が込められているため、それほど神経質にならない傾向も増えつつあります。そのため、友引の持つ意味について気にならない場合、通夜や葬儀の日程についても気にする必要はないでしょう。万が一気になる方でも、友人形という身代わり人形を棺に入れるという風習もあります。これを利用すれば友引でも葬儀を行うことができますので安心です。

六曜は仏教と関係がない?

仏教との関わりが深そうな言葉と感じる六曜ですが、実際には仏教とは特に関わりがないとされています。ですので、六曜の一つである友引に通夜や葬儀を行うことは、特別大きな問題ではないようです。

友引の日は火葬場が休みことも多い

もう一つの問題としては、友引の日には火葬場が定休日になっていることが多いということが挙げられます。友引に通夜や葬儀を行う人が少ないということから、地域によっては合わせて休みにしている火葬場が多いです。もし友引の日に葬儀を行う場合、事前に火葬場の休みについても確認しておくとスムーズです。その場合、遺体を安置しておく必要があることから、安置場所や保存用のドライアイスの確保が求められます。 また友引の日にお通夜を行いますと、友引の次の日が葬儀ということになります。このような日は友引明けと呼ばれていて、友引に葬儀をできなかった人が殺到するため火葬場が大変混み合います。葬儀日程を考える場合は、様々な状況を考慮して把握しておきましょう。

仏滅の日に通夜や葬儀は問題ない?

六曜の中に仏滅という暦がありますが、この仏滅の日に行う通夜や葬儀は特に問題ないのでしょうか。何か悪いことが起きてしまうのでは…と不安になっている方は、是非参考にしてください。

仏滅の通夜や葬儀について

仏滅は仏も滅するような日という意味から、通夜や葬儀を避けられることもありますが、友引のみを避けるという考えのほうが多いとされています。

ちなみに仏滅の結婚式は?

暦を気にしない方が増えたとされていますが、実際には縁起が良くないことから避ける方が多く、プランによっては低価格設定になっています。しかしコストダウンを目的に仏滅を選んで結婚式をする方も中にはいるようです。当人同士だけでなく、両家の親や親族が集まる結婚式は、様々な考えの方がいることから説得に時間が掛かるなど、仏滅の結婚式には難関が待ち構えているかもしれません。

大安の日は?

では大安の日に通夜や葬儀を行うことはどうなのでしょう。

大安の日に行う通夜や葬儀

おめでたいイメージがある大安ですが、通夜や葬儀をすることに特別問題がないとされています。六曜にばかりこだわっていますと、通夜や葬儀をする日数が限られてしまい、葬祭場や火葬場がパンクしてしまいます。実際に数多くの通夜や葬儀は大安に行われています。基本的には友引以外は気にせず進めて良いようです。

ちなみに大安の結婚式は?

大安を選んで結婚式や入籍、七五三などの祝い事をする方が多いです。その他ひな人形を飾る日など、節目や大切なことをする日としても大安は活用されています。

通夜や葬儀をする日程の決め方

通夜や葬儀をする場合、亡くなってから〇日以内に行わないといけませんという法律がないことを知っていましたか。亡くなってすぐに行う方がいる一方で、次の週末まで行わない…などと言うケースも珍しくありません。しかし様々な条件が揃って初めて執り行うことができる通夜や葬儀は、どのような段階を経て日程を決めるのでしょう。

火葬場のスケジュール

現在の日本では、ほとんどの遺体が火葬されています。そのため、誰かがが亡くなった際はまず火葬場の空き状況を確認する必要があります。季節など時期にもよりますが、火葬場は一般で想像されている以上に混雑しています。火葬場の数が少ないにも関わらず、高齢化社会によって亡くなる方の数は増え続けています。そのため、必ずしも自分の希望する日にちや時間に予約を取れないことが多いのが現状です。特に友引の日の翌日は火葬場が非常に混雑しますので、まずは火葬場の予約が取れる日時から逆算してお通夜の日程、葬儀の時間を決めるのが一般的となっています。

遺族や親族の予定

急に亡くなった場合など特に難しい遺族や親族のスケジュール調整ですが、全員が必ず合致する日を見つけるのは難しいので、決まっていた予定をずらしてもらうなど妥協してもらうしかありません。しかし葬式には必ず参列すべき人というのがいるのを知っていますか。親が死んだ場合の子供、子供が死んだ場合の親などがこれに当てはまり、喪主として通夜や葬儀を取り仕切る立場になるためともされています。仮にこれらの人が海外で生活しているような場合、帰国するのを待ってから葬式を始めることになります。その他にもどうしても葬式に参列したいと言っている方や、故人の遺言で参列して欲しいと思っている親族がすぐに葬式に駆けつけることができない時など、それぞれの状況が整ってから葬式を始めるということもあります。遺族や親族のスケジュール調整も重要です。

葬祭場や僧侶の予定

現在主流となっている葬式は、葬祭業者や地方自治体が所有している葬斎場を利用して行うことが多く、火葬場と同じようにこちらも必ずしも遺族が希望する日時や時間で、会場の予約が取れるとは限りません。また僧侶の予定が合わないことも考えられ、特に付き合いのある菩提寺から僧侶を呼ぶような場合は、火葬場と葬斎場の予定、更には遺族のスケジュールと照らし合わせる注意が必要です。

六曜の暦と関わる通夜や葬儀の豆知識

通夜や葬儀を行う場合、六曜の暦に加えて火葬場や葬祭場の空き状況なども大きく関係することが分かりました。ここでは、六曜の暦と通夜や葬儀の関わりについての豆知識を紹介しますので、是非参考にしてください。

通夜や葬儀ではなく、法事と六曜の暦の関係は?

通夜や葬儀が終わってひと段落したと思っても、亡くなった方に関わる法事は多数あります。四十九日や一周忌、三回忌など…様々な法事を行う場合、六曜の暦は気にした方がよいのでしょうか。法事の場合、通夜や葬儀の場合と同じく仏滅に行うのがよいという意見があります。 また、赤口の日は万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良いということも言われているため、法事に限っては赤口に行うのもよいとされていますので、是非今後の為に覚えておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。友引の日を始め、六曜の暦と通夜や葬儀についての関わりについて理解を深められたのではないでしょうか。今まであまり気にせずに日々暮らしていた方でも、友引など暦について調べてみますと、今までとは違った日常が見つけられるかもしれません。お葬式をはじめとした冠婚葬祭だけでなく様々なものに役立ちますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい