一回忌と一周忌の違いは?法事は何回忌にあたる?

家族が亡くなってから数年ごとに行われる法要ですが、亡くなった翌年を一周忌と呼ぶのかそれとも一回忌と表現をするのか、どちらの呼び方が正しいのか実はよく理解できていないと言う方ももしかしたら多いのかも知れません。そのような一回忌と一周忌についてどういった違いがあるのか、今回は法要の実施される年や回忌を簡単な計算方法などと併せて解説をしていきます。

一回忌とは


回忌とは数え年と同様の数え方をするもので、一回忌は第1回目のお勤めと言う意味合いを持っています。このお勤めは、葬儀についてのお勤めをすることを表しているのですが、回忌はゼロから数えるものではなく、1から数えられるのが基本です。これは現代とは異なり、昔の日本では数え年で考えていくのが一般的とされてきたため、年忌法要における計算の仕方もこのように数え年であったと言われています。そのため、数える場合は亡くなった日を1回目として数え、亡くなってから1年経った年が二回忌と表現されますので、実は本来の使い方としては一回忌と言う表現が使われないのです。

また、仏教においては亡くなってから七日ごとに七回の審判を受けるものと考えられており、一周忌までに遺族は7日ごとの法要をします。これは初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日と呼ばれ、命日も含めてそれぞれ7日ごとに執り行われるのが慣例です。七七日はよく四十九日とも呼ばれていますが、この日を以て忌明けとなります。現在、初七日は告別式と同じ日となっているケースがほとんどのため、親族以外が法要へ参列をするのは四十九日の七七日だけです。そして、忌日は通常こういった数え年で表されるものの、関西地方では亡くなった前日を1日目として数えることもあります。

一周忌とは

一周忌とは亡くなった日から1年後の命日を表すもので、こちらは満年齢と同様の数え方をするのが基本です。そのため、命日から数年経ったことを表すにも、数え年の考え方である回忌と満年齢で考える周忌では表現の方法も変わります。例えば、亡くなった1年後を表す場合、回忌では二回忌となるのですが周忌では一周忌と表されるわけです。

一周忌の法要では、住職を呼んで読経をあげご焼香を終えた後に会食を取ります。こうした法要では四十九日までは家族や親族の他、親しい友人なども集まりますが、二回忌つまり一周忌以降になると家族と親族だけで済ませてしまうことも珍しくありません。

法要は何回忌に実施される?


故人を偲ぶために行われる法要や法事ですが、実はこれら2つの意味はちょっとした違いがあります。法要は故人を偲ぶために住職にお経を読み上げてもらうことを意味しており、一方の法事はこの法要に加えて供養の後に行われる会食も含めて法事と呼ばれます。

さて、厳密に言うとこのような表現の違いが見られますが、法要については実際に何回忌に実施されるものなのでしょうか。これは亡くなった翌年である二回忌、翌々年の三回忌、それ以降は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌まで行われるのが正式な流れです。先にも述べたように、数え年で考えられていた昔の日本の名残で今でもこうして回忌として表されます。この時に1つ気になるのがいつまで法要をするのかですが、特に何回忌までやらなければならないといった決まりは設けられていません。地域性や家庭ごとの考え方などによるものの、現代の日本においては五十回忌まで行う家庭は少なくなってきており、十三回忌までの法要が相応ではないかと考える家庭も増えているのが現状です。ただし、三十三回忌については仏教の考えでは33年が経つと無罪放免になり極楽浄土へと旅立てる節目の年に当たること、そして三十七回忌では法要を仕切る方の世代が交替してしまうことなどの理由から、三十三回忌で弔い上げとする家庭も多くなってきています。

回忌の数え方について


二十三回忌や三十三回忌などと言われても、実際にこれらの年は西暦何年に当たるのか少し把握がしづらいといった方も多いかも知れません。煩雑だと思われやすいこの回忌の数え方については、基本的に数え年の考え方で「亡くなった年+回忌の数-1」で計算をすることが可能です。例えば、2012年に亡くなった方の十三回忌がいつになるのか知りたいのであれば、2012+13-1=2024の計算となります。そのため、年忌法要としては2024年に十三回忌が行われると言うことが分かります。

まとめ

法要に関しては、一周忌と表すのは亡くなった年の1年後だけであり、基本的にはそれ以外は回忌として用いられています。一見分かりづらいと思われがちですが、周忌と回忌の表現の違いや法要がどの時期に行われるかなど、ある程度のことを理解しておけば、法事を催さなければならないタイミングを逃すことなく、故人の供養ができるのではないでしょうか。

あわせて読みたい