葬儀・告別式とは?葬儀と告別式が一緒に行われる際の言葉

故人を見送るために行う法要に関する言葉やしきたりは複雑であると共に、時代の流れに合わせて変化があることも事実です。今回は葬儀・告別式というあまり聞き慣れない言葉について紹介しますので、是非参考にしてください。

葬儀・告別式とは?


以前はそれぞれに行われていた葬儀と告別式ですが、一緒に行われるようになったためにできた言葉が葬儀・告別式です。現在では、葬儀と告別式を一緒に行うのが一般的で、葬儀といった場合に告別式を含んでいて、そのような言い方で使われることも多くなっています。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称として葬式という言い方をして、葬式の中に葬儀と告別式があるという使い分け方もされていて、余計に複雑な印象です。葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がないのですが、一般的な言葉として普及しています。

そもそも「葬儀」と「告別式」は何が違う?

では葬儀と告別式は何が違うのでしょう。それぞれについて詳しく調べてみましょう。

葬儀式

本来、親族や知人が故人の冥福を祈って死者を葬る儀式が葬儀式です。宗教・宗派によって異なりますが、僧侶が読経や神官による祭詞、しのびの歌の奉唱や聖書の朗読、祈祷や焼香、出棺や火葬などが葬儀にあたります。

告別式

本来、親族や知人が故人に対し、最後の別れを告げる儀式が告別式です。焼香や玉串奉奠、祈祷や献花などが告別式にあたります。故人が有名芸能人であれば、近親者のみで葬儀と告別式を行い、日を改めて一緒に仕事をした仲間などが集まって別れを告げる告別式があります。その告別式の会場外に焼香台や献花台を設け、ファンなどが焼香・献花するといった形で行われることもあります。

一方で通夜はどのような役目

では通夜にはどのような役目があるのでしょう。

本来は夜通し弔問するものだった通夜


現代では通夜を行わずに1日葬というスタイルで故人と別れの時間を過ごす考えもありますが、本来は夜通し弔問して一晩中線香の火を絶やさないようにするなどの風習がありました。現在では、斎場などで行うことがほとんどで、会場の時間の都合などによって事務的に進められるケースも少なくありません。

通夜の必要性について

焼灼されることも少なくない通夜ですが、故人が生きた証や現世への決別、残された家族が故人の死を受け入れる時間など、通夜には様々な意味があり必要性があります。何でも合理化されてコンパクトに効率化を求められる時代ですが、故人との別れを意味する初めの法要である通夜は、行うべき大切なセレモニーです。

一般的に葬儀・告別式はどのような流れ?

では葬儀・告別式は一体どのような流れで進むのでしょうか。詳しく紹介しますので是非参考にしてください。

葬儀・告別式の一般的な流れを知ろう

■病院でのご臨終
病院で亡くなる方が多いですが、自宅や施設など様々なケースがあります。

■ご遺体の搬送
病院などで臨終が確認されてから、遺体が葬儀会場に搬送されます。

■枕飾り・葬儀打合せ・納棺
枕飾りを行って葬儀の打ち合わせをします。その後納棺をするなど、短い時間で色々な作業をする必要がある忙しい時間です。

■通夜
葬儀・告別式の前日には通夜を行います。

■葬儀・告別式
葬儀・告別式当日は、受付開始が30分ほど前から開始されます。家族や親族は最低でも葬儀・告別式が開始する1時間以上前には会場に到着していると安心です。

■出棺
葬儀・告別式が終了しますと出棺です。火葬をする為に火葬場へ向かいます。

■火葬
火葬が行われている時間が1時間以上ありますので、控室などで待機して骨上げをする準備を供えます。

■骨上げ
焼いた骨を骨壺に入れる作業です。喪主から開始して順番に行います。二人一組で行う昔のやり方を残すケースもありますが、最近ではそのようなしきたりについてあえて指定をしない火葬場も多いようです。

■還骨法要
最近では初七日法要を繰り上げて、還骨法要と供に葬儀会場で行うこと一般的です。

初七日とは、死後7日目の日に行われる法要で、還骨法要とは、火葬場から自宅に遺骨が戻った時に行う法事や儀式のことを指します。別の良い方で還骨勤行と呼ばれることもあります。つまり、これらの儀式を葬儀・告別式当日に同時に行うということになります。また別の日に改めて顔を合わせるのはスケジュールの調整などが大変で、遠方から来る方への配慮も加わり、当日に済ませてしまうケースが多いようです。

■精進落とし
最後に会食をします。葬儀でお世話になった人々へのおもてなしの意味を込めて、遺族側からお酒や料理が準備されます。喪主の挨拶で開始され、準備された料理を頂きます。故人との思い出話などを語り合い、最後に喪主が挨拶をしてお開きになります。

まとめ

いかがでしたか。葬儀・告別式というあまり聞き慣れない言葉ですが、現代に相応しいスタイルとして定着しつつあるようです。是非今後の参考に葬儀・告別式について考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい