直葬後に散骨する流れも!費用や注意点は?

大切な人が亡くなった場合には、葬儀を行うのが一般的でしたが、近年では多様なライフスタイルがもてはやされていることに伴い、葬儀に対する価値観も変化してきています。通夜や告別式を行なわず火葬だけを行う直葬もその一つで、火葬した後に散骨を選択する流れも出てきています。そこで今回は、散骨する際の費用や注意点などを紹介します。

直葬後に散骨する選択肢もある

葬儀の形の中でも注目さ入れている直葬ですが、直接火葬を行うシンプルな葬儀であるため様々なメリットがある一方で、納骨を断られる場合があるというデメリットがあるのが現状です。そんなトラブルを回避する為に、散骨を選択する遺族も増えていて、トラブル回避という理由だけでなく、生前からの故人の意向である場合もあるなど、直葬後に散骨を選択する理由もそれぞれです。その社会背景には、高齢化や少子化、核家族化などにより、後継者がいないという場合も少なくなく、お墓の維持が難しくなってきていることが一つの理由として挙げられます。

散骨とは?

直葬を行った後は、納骨や手元供養をするなど様々な方法で供養を行いますが、散骨も一つの方法です。散骨とは、火葬後に遺骨を粉砕したものや遺灰を空や海、山などに撒く葬送方法で、近頃では、宇宙葬なども提案されていて話題となっています。また、散骨は日本のみならず世界の一部の地域でも風習として行われているケースも存在します。

日本では、埋葬する場合には法律で埋葬する場所が定められていますが、それ以外の場合は特段の規制を行っていないのが現状で、散骨についても、節度を持って行われる限りは違法とはならないとされています。

国内では、散骨については難しい手続きや違法性は無いものの、一定のルールやマナーを守ることが重要ですし、他の国では法律で規制されている場合もあり、違反した場合は犯罪となったり賠償金を支払わなくてはいけなくなったりと思わぬ事態に発展することもありますので、旅行がてらに散骨するなどという行為は慎んだ方が良いでしょう。

火葬後は散骨の選択肢も

故人の葬送方法に直葬を選択する方が増えています。しかし、通夜や告別式を行う一般の葬儀でも直葬の場合でも納骨することが一般的ではありますが、火葬後に散骨を選択する方も増加しています。法律的に見ても散骨を規制するものはありませんので、自主的なマナーとルールによって行われています。

散骨は、現在のところ行政機関への届け出や手続きなどは必要ありません。また、個人でも行えるとされていますが、粉骨にしなければ撒けませんし、一部の地方自治体では許可が必要な場合がありますので、実施する場合は葬儀社など専門家に相談したり、事前に居住地の自治体や散骨を希望する場所の自治体などに問い合わせをして確認しておく方が良いでしょう。

直葬+散骨の費用は?


注目とされている直葬は、どれぐらいの費用が掛かるのでしょうか?直葬のみなら20万円前後となっている場合が多く、直葬と散骨を合わせると30万円前後が一般的のようです。しかし、散骨の方法や撒く場所などで違いがありますので、直葬及び散骨を検討する際には依頼する葬儀社などに相談してみると良いでしょう。例えば、海洋散骨の場合は、同じ海洋散骨でも代行で行う場合や乗船する親族の人数などにより、費用に違いが出てきますので注意が必要です。遺族によって様々な事情や意向の相談を受ける中で、現在では葬儀社でも直葬や散骨を扱っているプランが豊富に提案されていて、リーズナブル価格で行えるプランも出てきているなど注目度の高さが伺えます。

散骨する際の注意点は?

散骨は、時間や費用の面から見ても故人を自然に還すという意味からいっても、メリットの多い葬送法です。では、法律的に見た場合においては違法とはならないのでしょうか?

埋葬する場合は許可された墓地でなければなりませんが、散骨の場合は法的な縛りは無いとされています。しかし、近年ではモラルを守らない散骨が問題視されているのが現状ですので、モラルをしっかり守って行う必要があります。

散骨する場所は、何処でも良いのかというとそうではありません。散骨できる場所としては、自分の所有地及び公海上、業者の管理している場所などが挙げられ、散骨できない場所は他人の私有地や湖、海水浴場などでは行ってはいけないことになっています。また、海だけでなく川を含めた漁業権が存在する場所に加えて、条例で禁止されている自治体もありますので注意が必要です。

大切な人を心から偲び思いを込めて送る儀式ですので、モラルやマナーをしっかりと把握し守りながら行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?最もシンプルな葬儀といわれている直葬は、時間に追われる生活をしている方にとってはメリットの多いものです。火葬後に散骨を選択するという流れも増加傾向にあります。

故人の送り方も多様化が進んでいますが、散骨をモラルやマナー抜きにして自分勝手に行ってしまうと思わぬトラブルに発展してしまう場合もありますので、事前の相談や準備をしっかりと行ってから実施しましょう。また、親族間でも十分に話し合いを行い確認した上で行うことが重要です。

あわせて読みたい