神道のお墓の特徴は?

様々な宗教があり、それぞれに信仰する対象は異なります。今回は数ある宗教の一つである神道のお墓の特徴などを紹介します。あまり耳馴染みがない神道ですので、是非この機会に詳しく学んでみてはいかがでしょうか。

そもそも神道とは?

仏教やキリスト教を始め、数ある宗教の中の一つ神道は、日本の土着の宗教とされています。信仰対象は天皇とその祖先の神様で、日本に仏教が存在する前からある宗教であります。

神道と仏教の違いは?

飛鳥時代に日本に来たとされる仏教に比べ、神道は古くは縄文時代から日本にあったとされる宗教です。仏教で使用する経典が神道にはなく、生活の中で自然に生まれた宗教であることから、これをしなければいけないという決まりがありません。仏教の聖職者はお坊さんや尼さんですが、神道の聖職者は神主さんになります。また仏教の宗教施設はお寺ですが、神道では神社が宗教施設です。お墓や仏像がある寺院に対して、神社には鳥居がありますので、ここでも仏教と神道の違いが分かります。

神道は死への考え方が仏教とは異なります

仏教用語となっている言葉が自然と法事などで出てしまうかもしれませんが、神道では冥福や成仏、供養という言葉を用いて表現することはありませんので、亡くなった方の法事などへ参列する場合には、「御霊のご平安をお祈りいたします」という言葉で悲しみを表現します。

神道のお墓の特徴

では、神道のお墓の特徴はどのようになっているのでしょう。形はもちろんですが、刻む文字や墓地がある場所にもそれぞれ他の宗教との違いがあるようです。早速紹介しますので、是非参考にしてください。

お墓の形

お墓の形は、和型と洋型に加えてデザイン型の3種類があるのが特徴です。墓石の一番上の石は縦に長くピラミッドのようにとがった形をしているなどの特徴がありますが、地域によって様々であるため一概ではないとも言われています。早速ですが、お墓について詳しく紹介しますので、是非参考にしてください。

和型の特徴

和型はさらに分類されて、仏式と神式に分かれます。神道を信仰する方の多くは、神式を選んでお墓をつくることが多いようですので、神式について紹介します。主な特徴は、一番上の石は縦に長い形をしていて、トキンと呼ばれる頭の方はピラミッドのようにとがった形をしています。八足台に見立てた形の石があり、花を立てる部分はシンプルな角形が多いです。

洋型の特徴

シンプルなデザインが多い洋型は、和型が昔ながらの形であるのに対して、若干新しい印象があります。形の特徴は和型が全体的に縦長であるのに対して横に広く、和型では難しい淡い色の墓石を用いて墓をつくることもできます。珍しい形であるため、年齢層が高めの方にとっては、墓石という印象がない場合があります。意見をよく合わせて納得のいく墓づくりをすることが大切です。

デザイン型の特徴

圧倒的な個性と見た目ですので、参拝した方だけでなく近くに墓石を構える方からの注目が集まる墓です。洋型同様に珍しい形やデザインですので、賛否両論ある可能性が高いです。金額面でも大きな費用が必要になることから、家族を十分納得させて建立する必要があるのがデザイン型です。

刻む文字が異なる

神道では墓石表面に刻む文字が他の宗教とは異なります。仏教のお墓では、南無阿弥陀仏や南無妙法蓮華」、○○家之墓などが多いですが、神道では○○家奥都城(おくつき)や○○家之奥都城、○○家先祖代々霊位や○○家之墓という文字が入ります。ちなみに奥都城とはおくつきと読み、都の文字を津に変えて奥津城とする場合もあります。奥都城は〇〇のお墓という意味を持っている言葉です。また戒名や法号を用いない点も仏教などとは違います。

墓地の場所

では墓地の場所はどこにあるのでしょう。主に公営墓地や民営墓地、更には寺院墓地の3つになります。公営墓地は市町村が管理する墓地で、比較的安く利用できるのがメリットですが、その分場所や地域よっては人気がありますので競争率も高いです。民間墓地は、民間の業者が経営する墓地で、公営墓地のように安く利用できるわけではないですが、競争率を気にする心配もなく好きな場所を選べるメリットもあります。最後に紹介する寺院墓地はお寺が管理する墓地です。基本的にはお寺の檀家になる必要があり、神式のお墓は立てられないのが現実です。無宗教・無宗派という寺院墓地もありますので、気になる寺院がある場合には問い合わせして確認することもできます。

神道専門の墓地が増えている

神道方がお墓を新しく建てるのは様々な規制があり、色々と苦労がありそうですが、最近では神道専門の墓地が増えていて、今までの煩わしさから解放される可能性が十分あります。神道専門の墓地について詳しく紹介します。

宗教法人稲足神社

東京都あきる野市にある宗教法人稲足神社は、総区画数が1,200ある大規模な神道専用の墓地で、東京都にありながら自然豊かな場所に立地されています。一般的な墓地以外にも、軽く開放的な芝生墓地や天候に左右されずいつでも参拝しやすい環境が整った納骨堂、更には後継ぎがいない方でも墓の心配をせず過ごせる永代供養墓が用意されています。駐車場が完備されていますので、公共交通機関ではなく車を利用して足を運べます。

石浜霊園

東京都の23区内で神道専用の墓地を探している方におすすめなのは、荒川区にある石浜霊園です。都内では貴重な存在となる神道専用の霊園で、120年以上の歴史がある場所でありながら、手入れが行き届いた綺麗な環境となっています。都内にありながら駐車場も完備されているほか、売店もある霊園として親しまれています。

鶴岡八幡宮墓苑

神奈川県だけでなく全国的にも有名な鶴岡八幡宮の祭祀によって営まれている鶴岡八幡宮墓苑は、神奈川県にある神道専用の霊苑です。緑が豊かな場所に立地されているのが特徴で、全国的にも珍しい神社関係者などが利用できる神道専用霊苑となります。

神道のお墓参りの方法について

神道のお墓参りはどのような形式で行うのでしょう。あまり関わることがない分、他の宗教との違いや異なりが理解できていない方も多いはずです。早速紹介しますので、是非参考にしてください。

まずはお墓の周りをきれいにします

この方法は宗教に関係無く同じで、神道でもお墓の周りを綺麗にすることから始めます。墓地などの用意されている道具が多いですが、自分で気に入った道具がある場合は持参しても構いません。ほうきや軍手、ゴミ袋や雑巾、スポンジやタワシなどがあると便利です。雨や雪が降った後や、風でゴミやホコリをかぶってしまうことも多い墓石は、短期間でも汚れがつきます。綺麗に汚れを落としましょう。

線香はお供えしない

神道では線香をお供えしないことになっています。お墓参りと言えばお線香と思う方も多いとは思いますが、神道ではロウソクを持参して火を灯します。

「ニ礼、二拍手、一礼」で合掌礼拝

神社でも墓地でも共通の礼拝作法である「二礼、二拍手、一礼」を行います。ただし故人の逝去から五十日祭までは、拍手はしないしのび手で礼拝作法を行います。しのび手は、両手の親指同士を接触させるように意識しますと、拍手をしても音が出ません。

花ではなく榊を持っていく


墓参りというと線香と同じく花を持参することがイメージされますが、神道では榊を供えます。また、神具にお神酒や水、塩や洗った米も一緒に備えます。

神道の墓参りの服装

特別服装を気にする必要はありませんが、あまり華美で露出が多いなどの服装を避ける以外はそれほど意識する必要はないようです。また周囲の参拝者への配慮から、過剰な香水や化粧品の香りをさせるのは避けた方がよいでしょう。

神道についての豆知識

仏教が主流となっている日本では、古い歴史を誇る宗教でありながらも神道について詳しく知っている方が少ないのが特徴です。ここでは、神道についての豆知識をいくつか紹介しますので、是非参考にしてください。

神道での葬儀とは

仏教での葬式の場合は故人を極楽浄土に送るために行われるとされていて、 故人は仏のもとで安らかに暮らすと言われています。 一方の神道式の葬式である神葬祭は、故人を極楽浄土に送るのではなく、家に留めて守護神とするための儀式とされていますので、全く考えや使用が異なることが良く分かります。また、本来仏式の葬式は寺で行われますが、神葬祭が神社で行われることはほとんどありません。これには、神道では死はけがれであるとされていて、神社のような神の聖域にけがれを持ち込むことはよくないとの考えがあるからです。

神道の神葬祭で行う玉串奉奠について

仏教での焼香やキリスト教での献花のように、神道で故人への手向けとして行われるのが玉串奉奠です。この玉串奉奠にも独自の作法があるため、言葉としては聞いたことがあっても、正しい作法を知る方は貴重です。まず神職に一礼し、玉串を受け取ります。この時に右手は上から枝の根元をつまむようにして、左手は下から葉を支えます。左手側が高くなるように持つと分かりやすいでしょう。その後、玉串を捧げる机の前まで進み、軽くお辞儀をします。腕を胸の高さまで上げて、葉先が祭壇を向くように右手を引きます。この際に右手と左手の位置を持ち替え、今度は根元が祭壇を向くよう右回りに回します。それから玉串を両手で静かに机に置き、2回礼をします。音を立てないしのび手で2回拍手、もう一度礼をします。最後に軽くお辞儀をし、元の席に戻ります。これが玉串奉奠になります。

まとめ

いかがでしたか。神道のお墓について詳しくなることはできたでしょうか。仏教に比べますと信仰する方が少ないこともあり、年齢を重ねた方でも法要などに参列した経験を持つ方は少ないはずです。是非この機会に神道について考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい