墓じまいの流れや費用は?注意するべきトラブルも紹介!

墓じまいという言葉を知っていますか。言葉に通りに所有している墓を終わりにすることである墓じまいは、現在多くの方が検討している場合や関心が高まる言葉として注目されています。実際に墓じまいする場合の流れや費用を始め、注意するべきトラブルなど気になることが沢山あります。初めて墓じまいという言葉を聞いた方にも分かりやすく詳しい内容となっていますので、是非参考にしてください。

墓じまいをする人が増えてきている

や生涯独身を貫くなど、様々な価値観で生活することが当たり前になっている現代となり、後継者がいない墓が増えてきています。

生まれた土地を離れてしまうことで管理が行き届かない

地方で生まれ育った方に多いこの理由は、進学や就職をきっかけに地元を離れ、そのまま地元に帰らないことで、墓の管理をすることが事実上難しい場合が増えています。

ライフスタイルの変化や多様な考え方

そもそも墓に入ることを希望しない方や納骨の仕方の多様化など、それぞれの考えで行動することが増え、当たり前だった墓の管理や継承が難しくなってきているようです。

費用面の問題

墓を守るためにはそれなりの維持費が掛かります。そのような費用を削減せざるを得ない経済状況の方にとっては、墓じまいは経費を削減できる一つの方法となるでしょう。昔のように、亡くなった後はご先祖様が眠るお墓に納骨される選択肢しかありませんでしたが、現在はそうではなくなっています。自分の現在の生活を最優先することが、無理なく選べるようになっています。

墓じまいをするには?流れや手続きを知っておこう

実際に墓じまいをする場合、流れや手続きはどのようになっているのでしょうか。何も分からないままスタートしてしまいますと、手続きに不備があるなど二度手間になります。様々な工程を経て完了することになりますので、一つずつ調べてみましょう。

親戚に墓じまいのことを相談する

理解がすぐに得られれば問題ありませんが、費用や手続きの面倒さ以上に時間が掛かることがあるのが親戚との話し合いです。納められている遺骨が少ない場合でも大変ですが、先祖代々受け継いだ墓の場合、関わる方や思いを寄せる方がその分多くなります。スムーズな話し合いが理想ですが、この時点で挫折して諦めるケースも決して少なくないのが現状です。言葉のみで訴えても難しいので、改装先の資料を見せるなどしますと、具体的な行き先が明確になりますので、少しは理解されるかもしれません。

墓じまい後の遺骨の行き先を決める

墓じまいをしてしまいますと、墓石がなくなるだけでなく納骨された骨壺も移動する必要があります。引越し先となる行き先を決めて納骨してもらうのがおすすめです。また改葬許可申請を管轄する市区町村へ提出する必要がありますので、忘れずに手続きしましょう。この手続きをしないまま移動してしまうのは法律違反となりますので、気をつけて取り組むのがおすすめです。

公営墓地への改葬合祀

他の方の遺骨と一緒に保管される公営墓地の改葬合祀は、手頃な価格で遺骨の保管ができますので、できる限り費用を掛けずに管理したい方におすすめです。多くの選択肢がある中でも選ぶ方が多いのが、この公営墓地への改葬合祀です。

散骨

最近増えている散骨は、海や山などに骨をまいてもらう方法で、思い出の地でいつまでも長く過ごせるということで、生前から希望する方も多いスタイルです。どの山や海でも自由に散骨して良いと思っている方が多いですが、決められた海や山での決められた範囲での散骨のみが許可されています。また海外で散骨を希望する方もいて、自由なスタイルが実現しています。

永代供養

後継ぎがいない夫婦などに最適な永代供養は、墓がある寺院などでずっと管理してもらえる安心感があります。近年では多くの墓地や寺院で永代供養に対応していて、それほど珍しいスタイルではなくなっていることが分かります。

霊園や納骨堂

霊園や納骨堂を移転先として選ぶ方もいます。特に納骨堂は、個別での納骨期間を経てから、最終的には他の方と合同で埋葬される方式です。室内にあることが多いので、参拝時の天候を気にせず足を運べます。

手元供養

最近増えている納骨の方法の一つで、小さな骨壺やペンダントなどに遺骨を入れていつでも身近な場所で故人の存在を感じられるスタイルです。毎日墓参りをしている感覚になり、元気がない時や寂しい時でも故人を近くに感じてパワーをもらえるような気持ちになるとのことから、最近持つ方が増えている形となります。

墓地の管理者への届出

墓地の管理者への届け出を行い、違う場所へ移動することを申請します。不動産で分かりやすく表現しますと、大家さんに引っ越しすることを伝える段階にあたります。

閉眼供養(遺骨の取り出し)

遺骨を取り出す作業である閉眼供養を行います。閉眼供養とは、お墓から遺骨を取り出す際に行う儀式です。大切な遺骨が納められている骨壺を取り出す前の大切な儀式となります。

墓を撤去する専門業者を選定し墓石の撤去工事を行う

墓を撤去するため、墓石を取扱う専門業者を探します。数多くある専門業者から選ぶのは大変ですが、特に決めた業者がない場合には墓地の管理者に相談して、良い業者の紹介を得るのも一つの方法です。中には必要以上に高額な費用を請求する業者もいますので、適切な業者を見つけられるように、正しい判断が求められます。

墓じまいの費用はどれくらい?

墓石は購入に大きな費用がかかる高級品ですが、費用はどの位の金額を計上しておくと安心なのでしょう。項目を一つずつ見ていきます。

墓石の撤去工事

広さや所有していた面積によって異なりますが、1㎡あたり10万円前後とされています。簡単に撤去できる作業ではなく、専門会社へ相談する必要があります。作業に立ち会う必要はありませんが、気になる方は傍で見ていることも可能です。

離檀料

離檀料とは他に遺骨を移す場合に掛かる費用で、お寺へのお礼としてお金を渡します。相場は10万前後とされていて、多くても20万円ほどで十分でしょう。あまり大きな金額は先方に対しても負担となりますので、相場の範囲内で問題ありません。

閉眼供養

閉眼供養とは遺骨を取り出す際の儀式で、3万円前後の費用が掛かります。

改葬先の費用

改葬先での費用は、どのような方法で遺骨を納めるのかで金額が変わります。例として、納骨堂へ納める場合には5万円前後が必要となります。その他散骨や永代供養、手元供養など、それぞれどのような方法で行うのかによって金額が異なります。

墓じまいのトラブルには注意を

墓じまいは墓石を撤去して更地にしてしまうことから、場合によって反対意見がある家族や親族、作業を依頼した業者や改装前にお世話になっていた寺院との間でトラブルに発展することもあります。一つずつ詳しく見ていきましょう。

親族とのトラブル

墓じまいには様々な意見や考えがありますので、思い付きで行動することもできず難しいのが現状です。散骨を始め遺骨の取り扱いも柔軟性が出てきましたが、まだまだ古い考えの方が多くあります。生前から墓じまいを希望する場合には、よく話し合って残された家族がトラブルに巻き込まれないようにするのが大切です。

石材店とのトラブル

相場が分からないことが多い墓に関する費用は、高額な撤去費用を請求されるにも関わらず、気がつかず請求通りに支払ってしまう場合があります。後になって文句を言っても対応してもらえないこともあるので、事前に見積りなどで資産しておくと良いでしょう。

寺院とのトラブル

離檀料の相場を知らずに高額請求に応じてしまう例です。相場は10万円前後で、多くても20万円となっていることから、この金額以上に高額の請求がある場合には注意する必要があります。

墓じまいの豆知識

墓じまいの豆知識をいくつか紹介します。墓じまいについて今まで考えたことがなかった方でも、新たな選択肢の一つとして考えてみるのも良いでしょう。是非参考にしてください。

代行業者に依頼?墓じまい

墓じまいをすること自体を他人に任せてしまうこともできるようになっています。どのような方が利用するのか気になりますが、主に親の世代までが地元に住んでいて、子供がすでに地元を離れて生活している場合、わざわざ地元に戻る手間がなく、専門業者に墓じまいを任せてしまうようです。

疎遠の親戚にも念のため連絡を…

墓じまいをする場合、親族や親戚と話し合いがスムーズにいかないことを理由に、勝手に行動してしまうのは、余計に関係性をおかしくしてしまいます。その他にも疎遠になっている親戚に何も伝えないのも筋違いのような気がする場合、わざわざ出向いて報告する必要はありませんが、電話や手紙でその旨を報告すると良いでしょう。

墓じまいの手続き…誰かに任せられる?

面倒な作業が多い墓じまいですが、希望していても手続きに自信がないことから諦めてしまう方もいます。費用は10万円前後掛かりますが、行政書士を始め専門の代行業者などに相談しますと、手続きに不備があるようなこともなく、スムーズに進められるので検討する価値はあります。

まとめ

いかかでしたか。先祖が眠る墓をおしまいにする墓じまいは、現在注目されている言葉の一つで、多くの方が検討するようになっています。今まで墓じまいのことを考えたことがなかった方でも、新たな考えを見つけ出すきっかけになるかもしれません。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。