遺骨は自宅に保管しても大丈夫?様々な遺骨のあつかいを紹介

大切な人が亡くなった時には、遺骨をいつまでもそばに置いておきたいと思うものです。近年では、遺骨の扱い方も様々方法が提案されていて、法律的には大丈夫?と疑問に思うこともあるかも知れません。では、遺骨の保管場所は自宅でも良いのでしょうか?今回は、保管する場所など様々な遺骨の扱い方を紹介して行きます。

遺骨は自宅で保管してもよい?


遺骨は、葬儀後火葬して一定の期間自宅で保管した後、墓地に納骨するのが一般的です。しかし、亡くなった方が大切な人であればあるほどいつまでも一緒に居たいものですし、供養の形も多様化の傾向が強くなっています。

ここ数年を見てみますと、遺骨を遠くの墓地や墓園に埋葬して供養を人任せにするのではなく、自宅において自分らしく供養することに注目が集まっています。とはいえ、法律的に不安を持つ方もいるかも知れません。法律上では、自宅で遺骨を保管することは違法ではなく公的に認められている行為です。しかし、埋葬する場合は墓地や納骨堂に収めることが義務付けられていますので注意が必要です。

遺骨は、必ずお墓に納骨しなければならないという決まりはありませんので、それぞれの事情や価値観で選択するのが良いでしょう。

遺骨のあつかい

近年、葬儀に対する考え方が多様化し、表立った葬儀を行わないという方も少なくありません。理由の一つとして考えられるのは、葬儀は、必ず行わなくてはいけないものではなく、役所に亡くなった旨を届け出て火葬を行えば遺骨を自宅において供養することができるということがあるのかも知れません。しかし、納骨する場合は、一定の場所が決められていますので、遺骨を自宅で保管する場合は、納骨する際のことも検討しておく必要があります。

お墓に納骨

決められた場所で火葬を行った後は、お墓に納骨するというのが一般的な流れです。現時点では、遺骨をお墓に入れなくてはいけないという法律や義務はないものの、やはりお墓に納骨する方が良いと思う方が多いようです。

その際には、代々のお墓がある方はそこに納骨することが殆どですが、無い場合は新しく墓地を購入してお墓を立てて納骨することになります。宗教や宗派などの関係もあるのが現状ですので、納骨する際には親族間でよく相談したり、詳しい方に相談してみると安心です。

納骨堂への納骨

もう一つ、遺骨の納骨場所として知られているのが納骨堂です。納骨堂は室内のお墓とも言われていて、個人や家族の遺骨を納骨できる場所です。近年、コンパクトさと、墓地や墓石の購入などの手間が要らないことから人気となっています。寺院で提供していることが多くなっていますが、その他にも市町村などの地方自治体や公的機関が提供している納骨堂もあります。お墓は、遺骨の収蔵場所であるのに対して、納骨堂は遺骨を保管してもらう施設という違いがあり、現在では様々な形の納骨堂が登場しています。

核家族化が進み、お墓が遠くにあり管理や処分に悩んでいる方は少なくありませんが、一時的に預かってもらえる一時納骨と永久に供養される永年納骨を行ってくれる所がありますので、寺院や地方自治体などに相談してみると良いでしょう。

樹木葬


納骨の方法として、近年注目されているのが樹木葬です。墓石の代わりに樹木を墓標とするもので、遺骨は自然の中に埋葬するという考えの下行われる自然葬の一つで、法律によって墓地の許可を受けた場所にしか埋葬できないことになっています。

その納骨法は、遺骨を埋葬する時に新しい苗木を植えたり、遺骨の周辺にある樹木を墓標としたり、シンボルとなる樹木の周りを区画分けして遺骨を埋葬する方法など、様々なものが提案されています。選ばれる樹木は、あまり大きく成長せず生態系に悪影響を及ぼさない樹木が一般的で、墓地全体を樹木葬専用としている所もあります。

散骨

樹木葬が、墓地として許可を得なければ埋葬できないのに対し、墓地以外の場所に埋葬できるのが散骨です。散骨とは、遺骨を粉末にした後海や山などにそのまま撒く方法をいい、自然に還すという意味では、樹木葬と同じ自然葬といえますが、樹木葬が法律的な縛りがあるのに対して、法律的には縛りが無いのがメリットです。

樹木葬と並んで注目されている方法ですが、法律的に縛りないといっても、モラルやマナーを軽視すると思わぬトラブルを招く可能性もありますので、他人の敷地や水源を避ける、漁業水域は避けるなどの配慮が必要となります。

手元供養

お墓に埋葬するという日本古来からのスタイルも、現代では多種多様なスタイルに変化しつつあり、その一つが手元供養です。手元供養とは、文字通り遺骨や遺灰の全てを自宅で保管して供養するもので、大切な人を葬りたくない、経済的にお墓が立てられない、お墓や戒名は必要ないなど様々な理由から注目され、実際に行う方も多くなっています。

その方法は、加工して行うものと納骨型の2種類があり、供養する方の好みによって様々な選択ができます。お墓が遠方で出向くことが難しい方にとっても適している方法です。

遺骨の一部のみを残し、残りを納骨や散骨する方も多い

手元供養を行う場合でも、遺骨の全部を残す方法だけでなく一部のみを残し納骨や散骨などを行い供養するという方も少なくありません。遺骨の全部を納骨するのではなく、一部と残しておくことは、大切の人をいつまでも偲びたい、そばにいて見守ってほしいという気持ちの表れで、従来の画一的な供養ではなく生活スタイルに合った供養をしたいという方が多くなっているということなのかも知れません。

現在では、様々な手元供養品が販売されていて、供養する方の価値観や好みによって選択ができるようになっていますので、お墓の代わりとして検討してみると良いでしょう。

遺骨の一部を身につけることも

手元供養が注目されている中でも、遺骨を自宅に置き一部を散骨するという形式の他に遺骨の一部を身に付けるという方法がここ数年注目され、静かなブームとなっています。

遺骨の一部を持ち歩けるようにしたものや遺骨を加工して身に付けられるようにしたものなど、多彩な形とデザインが登場しています。しかし、様々なアイテムがあるといっても大切な遺骨ですので、ライフスタイルや供養の価値観などに合わせて慎重に選ぶことが大切です。

遺骨ペンダント

手元供養アイテムとして、注目されているのが遺骨ペンダントです。遺骨をただ保管するだけでなく、大切な人をいつも身近に感じていたいという方におすすめで、いつでも身に付けられる、一緒にどこでも行けるなどのメリットがあり、手元供養に選ぶ方が増えています。

新しい供養の仕方として注目されていて、中が空洞になっているペンダントに遺骨や遺髪、遺灰などを入れて使用します。素材や形が豊富に揃っていて、毎日身に付けたり仏壇に飾るなど使い方も様々です。写真や手紙などを入れておくのも良いでしょう。

防水加工や文字の刻印ができるなど、独自のサービスを行っている所もあります。

遺骨アクセサリー


遺骨ジュエリーは、宝飾品の意味合いが強くプラチナやゴールドといった貴金属を使って加工しますが、遺骨アクセサリーは、宝石や貴金属を使用するジュエリーに比べて比較的安価であるものが多く、ジュエリーに拘らずいつも身に付けたいという方にはおすすめです。

代表的なものに、ペンダントやブレスレット、ピアスなどがあり供養する方の好みに応じたスタイルが提案されています。勿論オーダーで製作してくれる所が多くなっていますので、オンリーワンのアクセサリーで、大切な人を身近に感じることができます。

遺骨ネックレス

遺骨を納めるアイテムとして人気があるのが、遺骨ネックレスです。遺骨や遺灰をそのまま納める手元供養品が多い中、近頃では遺骨そのものを使ってアクセサリーにしてしまう方法も提案されています。その中でもダイヤモンドにしてしまうという形が注目されています。

その方法は、遺骨の中に含まれている炭素を抽出して、この炭素の成分に高温及び高圧をかけます。それによって結晶化し人口のダイヤモンドができあがり、できたダイアモンドを加工してネックレスや指輪などのジュエリーに加工することも可能となっています。

遺骨そのものを身に付けるというのも手元供養の一つですが、遺骨を加工してアクセサリーという大切な形見として残しておくことも新しい手元供養の一つの方法です。少々高額にはなってしまいますが、画期的な方法といえそうです。

遺骨入れジュエリー

大切な遺骨を入れておくなら、骨入れジュエリーがおすすめです。持ち歩きにも便利ですし、何といってもデザイン性に富んだ商品が豊富にありますので、ジュエリーとして身に付けられるのがメリットです。日常的に使いやすい小ぶりなサイズで、デザイン性にも拘った素敵なものが多彩に揃っていますので、選ぶ楽しみも味わえます。素材も好みで様々なものが選べますしセミオーダーでの依頼ができるのもメリットです。遺骨が納められていることを感じさせないお洒落なデザインに仕上がるのが大きな魅力です。

遺骨を食べることも

葬儀の場面で骨を食べるという儀式を行っていた地域が存在していたといわれています。これは「骨噛み」と呼ばれていて、地域の権力者や長寿を全うした人物などが亡くなった際に行われ、故人の能力や生命力にあやかろうとする心情があった為とされています。また、家族や配偶者など最愛の人の遺骨を噛むことは、失った悲しみや虚無感などの素朴な感情が根底にあると捉えられています。

死者を食べるなど、似たような風習は世界各国にあったとされていて、真相は明らかではないものの日本でも九州の一部の地域で行われていたとされています。

まとめ

いかがでしたか?現在では、葬儀や供養方法もライフスタイルに合わせて多様化し、遺骨を自宅に置いて供養する場合でも、様々な供養品が登場しています。しかし、自宅に遺骨を置けなくなった時のことを考えておくのも重要なポイントですので、遺骨を自宅で保管したばかりに、後々トラブルにならないように家族間で十分に話し合っておきましょう。

あわせて読みたい