樹木葬のメリットとデメリットは?

墓石ではなく樹木を墓標としている樹木葬は、最近多くなっている納骨の形です。しかし樹木葬を行う場合には、メリットばかりに注目するのではなく、デメリットにも着目してしっかり検討する必要があります。今回は樹木葬について詳しく紹介しますので、是非参考にして下さい。

樹木葬のメリットとデメリットは?


樹木葬を行う場合には、良い面と気をつけた方が良い面を考慮して、しっかり自分の考えと合致していることを確認する必要があります。まずはメリットについて考えてみましょう。

樹木葬のメリット

樹木葬を検討する方の多くは、費用面や管理について魅力を感じて検討する場合があります。その他花や自然が好きだった方にとっては、墓石を墓標とした一般的なお墓とは違い、窮屈な感じがしません。それでは一つずつ紹介します。

墓石への埋葬に比べて費用が安い

埋葬に掛かる費用が安いのは、樹木葬が50万円前後の相場であるとされているのに比べて、墓地の場合は200万円以上掛かるとされています。費用が少なく済むという点では、樹木葬を検討する価値は十分価値があります。

墓石とは違い管理しなくてよい


樹木葬を検討する方の多くは、遺された家族に負担を掛けたくないという考えから、任せられる身寄りがいない方など様々です。管理の負担が大きい墓石とは違い、樹木葬は個人の余裕物となることから、ストレスを感じずに所有できます。

お墓の後継者がいらない

核家族化や子供がいない世帯が多くなっている現代では、先祖から守られているお墓を受け継いで…という考えを貫き通すのは難しくなっている。そう考えますとお墓の後継者がいらない樹木葬は大きなメリットです。

自然思考の考えにあう

遺骨を直接土の中に埋める樹木葬は、自然が好きな方や自然を好む気持ちを大切にしたい方に適しています。

樹木葬のデメリット

一方のデメリットはどのような点でしょう。デメリットについては、良く考慮することで自分が良い方向へ解決して進められることもあります。早速紹介しますので、是非参考にして下さい。

親族の中で反対する方が多くトラブルになることも


樹木葬をする方が多くなっている現代ですが、中には樹木葬を知らない方や樹木をすることに理解が得られないことがあります。今まで良好な関係を築いていた場合でも、葬儀に関する考え方の違いで親族をトラブルになることがあります。故人が生前から希望していることが多い樹木葬は、その時点で親族と話し合う時間を設けておくのがおすすめです。

埋葬場所が限られているため自宅から遠くなることが多い

どのような墓地や霊園でも樹木葬ができる訳ではなく、決められた場所でのみ行うことができます。特に郊外に多くあることから、都心部に自宅がある方の場合、遠く離れた場所にお墓を求める感覚になります。

一度埋葬すると取り出すことができない

樹木葬は土の中に直接埋葬する上に、指定先によっては他の方の遺骨と一緒に埋葬されているケースも珍しくありません。そのような場合には、墓石を墓標とする一般的なお墓のように、骨壺を取り出して遺骨を分骨することやお墓の引越しとなる改葬をすることができません。

管理費を取らないため、その墓地が満杯になれば管理できない可能性がある

管理費を必要としない樹木葬を行う墓地や霊園の場合、限られた敷地を利用して少ない人数でも管理ができる範囲で樹木葬を受付けしていることがあります。そのような体制で運営していることから、樹木葬の敷地が満杯になった段階で受け付けを締め切るなど、思うような埋葬スタイルを実現する為には狭き門となっている場合があります。

しっかりとした運営会社を選ぶことが大事

樹木葬を希望する場合、生前から予約ができることで自分自身が見学会などへ参加しながら本当に気に入った場所を探して申し込みできます。その際には、距離や値段だけでなく様々なサービス面やサポート面も考えて申し込みしますと、その後の管理や墓参りをする家族の負担を軽くできます。

1か所で決めないで複数の場所を比較して決めよう

最初に見た場所はすぐに気に入ってその場で申し込みをしてしまいたい気持ちに盛り上がることが多いですが、念のため複数の場所を見学して決めた方が安心です。

自分で決められない時には専門家のアドバイスを受けよう

自分一人で決めるのが難しいこともある樹木葬の場所は、家族と一緒に見学に行って話し合うのは勿論ですが、樹木葬に詳しいアドバイザーなどに相談をして、自分の理想や予算を考慮して選ぶなどすると、一層理想的な樹木葬が実現できます。

まとめ

いかがでしたか。樹木葬のメリットとデメリットを考えてみますと、自分がどのような葬儀を希望していて、どんな考えで樹木葬を望んでいるかがより明確になります。家族や親族の意見を聞いて賛同を得る必要があることから、中には超えるべきハードルが高い方もいるかもしれません。是非この機会に今一度樹木葬についてよく考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい