告別式の受付係りのマナーは?

告別式に訪れた弔問客を迎えることが役割の受付係りですが、最低限守っておきたいマナーがあります。初めて受付係りを任されたという方は、知らないことがあるのは当たり前ですが、事前にマナーを知識として頭に入れてみてはいかがでしょうか?ここでは服装マナーから数珠、準備の時間、香典を受け取った時のあいさつ、芳名帳に記帳してもらう時の注意など、詳しく紹介していきたいと思います。

受付の服装マナー


親族ではなくても遺族の代表として扱われる、告別式の受付係りですが、言動はもちろん、服装もそれなりに注意が必要です。ここでは男性・女性の服装マナー、アクセサリー類の注意点、コート、数珠について、マナーを紹介します。知っておけば、恥ずかしくないマナーばかりですので、役立ててみてください。

男性の服装マナー

男性の服装マナーは、上下とも黒のスーツで、ワイシャツは白になります。スーツのタイプは、ダブルでもシングルでもOKですが、上下が違っているものは避けましょう。ちなみにズボンの裾はシングルです。ネクタイ・靴下・靴も黒で揃えます。ネクタイピンは派手なものは外し、カフスボタンも外しておきましょう。

なお、靴はエナメル・光る飾りがNGです。髪型も落ち着いた髪型にしておくことが無難です。長髪の場合は、下ろさずに束ねるようにすれば、だらしない印象になりません。

女性の服装マナー

女性の服装マナーは、黒のスーツかワンピースのセットアップが基本です。ただし、露出が多いデザインのものは、ふさわしくありません。ストッキングは肌色か黒を、靴やバッグも黒にします。靴は動きやすい靴で、高すぎるヒールをはかずに、3cm~6cmくらいの控え目な高さのヒールをはきます。

メイクは薄化粧くらいなら大丈夫ですが、派手なメイクは避けましょう。ヘアスタイルは派手なヘアアクセサリーをつけずにまとめ、長い場合は低い位置でシンプルにまとめます。

アクセサリー類の注意点

告別式の受付係りは、アクセサリー類を身に付けるのは最小限にしておきます。例えば、金色など派手な色でない腕時計、結婚指輪、女性だったら白か黒の、一連パールネックレスや、一粒タイプのピアスやイヤリングなどが無難です。パール以外にはブラックオニキスなどが、控え目なので許されます。

男性のアクセサリーは、ほとんどありませんが、先ほども書いたように、ネクタイピンとカフスボタンは外します。告別式やお葬式では、光り物はとにかくNGと覚えておきましょう。

コート


受付係りは入り口にいることが多いので、冬場は非常に寒いです。しかし手袋を付けたり、ポケットに手を入れることは、マナー的にNGです。手袋やポケットはNGですが、同様にコートを着ることもNGです。告別式に参列する方はコートを着ていても、受付でコートを預けるので、受付係りをする時はコートを着ない方が無難です。そのため冬場など寒い時期は、厚着をして備えておきます。

数珠

受付係りも告別式の参列者ですので、数珠なども持っていきたいものです。数珠は仏式の告別式の場合、自分の宗派に合わせたものを用意します。浄土宗は二連の輪違い数珠、浄土真宗は片方の房が結ばれていて、もう片方の房には20個の弟子玉が付いています。また、宗派に関わらず利用できる略式念珠は、片手用の一連タイプで本式のものより、小さいものになります。玉は黒で、数に決まりはなく、自由度が高いので、選ぶ際には注意が必要です。

何分前から受付準備をする?

通常、参列者は30分前から会場に来ることが多いのです。受付係りは準備のために、余裕を持って1時間前までに集合し、顔合わせなどを行うことが望ましいです。顔合わせ後は、責任者より具体的な指示を受け、ご遺体の到着時間になったら、式場前でお棺・ご遺族を迎えます。

香典を受け取る際のあいさつは?


受付係りは、遺族の代わりに弔問に来てくださったことに対し、お礼をします。言葉の例として「本日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます」、雨天の場合は「本日は足元のお悪い中、お越しいただきありがとうございます」などが望ましいです。

芳名帳に記帳してもらう際の注意点

芳名帳に記帳してもらう時は、氏名は必ず記載してもらうようにします。また、他人の香典を預かっている方の場合は、預かった方の名前を記載してもらいます。氏名の他に会社関係の方ならば、会社名と会社の住所の記載もお願いし、個人ならば自宅の住所を記載してもらうようにします。葬儀社などによって違いがありますが、記帳した行に振られた番号を、香典袋に記入するということも受付係りが行います。

まとめ

人生の中でも、あまり経験することが少ない告別式の受付係りですが、依頼された際はスマートにこなしたいものです。ここでは基本的なマナーとして、女性・男性別の守っておきたい服装・アクセサリー・マナーや、芳名帳に記帳してもらう時の注意点などを紹介しました。最低限、身につけておきたいマナーですので、ぜひ、身につけて準備をしておきましょう。

あわせて読みたい