通夜見舞いの金額相場と必要なマナー

亡くなった方を見送る際には様々な事柄やセレモニーがありますが、知っているようで知らない事の方が多いのかもしれません。その一つが通夜見舞いで、皆さんは通夜見舞いという言葉を知っていますか。あまり知られていないかもしれない通夜見舞いについて知っておきますと、いざという時に慌てること無く落ち着いた気持ちで故人との別れの時間を過ごせます。あまり聞かない通夜見舞いとはどのような内容なのでしょう。詳しくご説明しますので、是非参考にしてください。

通夜見舞いとは?


通夜見舞いと聞くと、通夜に参列する時に持参する見舞金と勘違いしてしまいますが、通夜や告別式に参列できない人が弔問できるように時間を設けられている際に持参するものです。また闘病中の見舞いが無理だった場合など、故人を思って持参するものです。元々は夜通し故人の傍にいる家族の為に差し入れすることを指していて、親族が亡くなった時などが一般的で、近所の人や会社の関係者などの場合は持参する必要はありません。

地域によっては現金を持参する場合と、お菓子や飲み物などを持参して通夜見舞いとするケースに分かれます。しかし菓子やジュースも、賞味期限が短い生菓子やサンドイッチなどの場合、食べきれないことで処分されてしまうこともあります。持参する際には、分量なども含めて配慮しましょう。また通夜見舞いという風習がない地域もありますので、相手に失礼が無いように、事前に確認してから持参するのがマナーです。

通夜見舞いの相場は?

では通夜見舞いの相場はいくらでしょう。あまり多い金額では負担と感じてしまい失礼になります。また少なすぎても失礼ですので、相場を事前に知っておくと安心です。

通夜見舞いの相場は1,000円から2,000円程度を包むことが多く、現金でなく菓子やジュースを持参する地域でも、1000円から2000円程度の予算で買い求めて持参します。

一見するととても少なく感じるかもしれませんが、これから通夜や告別式が行われる段階での通夜見舞い金です。一刻も早く駆けつけたいという思いとささやかな気持ちを添えるという意味の金額で、1000円から2000円が相場になっています。また通夜見舞いと香典などは別と考え、それぞれに渡すのが常識です。

のし袋の表書きの書き方は?


次はのし袋の表書きの書き方です。金額を相場通りに持参しても、表書きが正しく記載されていないのでは、せっかくの通夜見舞いが台無しです。

表書きは「通夜見舞い」と書いて、水引は白黒のものを選びます。また自分の名前を書くことも忘れてはいけません。夫婦が連名で出す場合にも、二人の名前をしっかりフルネームで横に並べて記載します。

また地域によって現金でなくお菓子やジュースなどを持参するということを紹介しましたが、その際にも通夜見舞いとのし書きをして持参します。更に手渡す際にはしっかり通夜見舞いであることを伝える必要があります。その理由はお供え物と勘違いされてしまい、祭壇などに飾られてしまいます。最終的には家族の手元に行き渡りますので問題ありませんが、持参した目的と異なって受け取られてしまいます。気を付けましょう。

お金の入れ方は?


お金の入れ方もお札の向きがありますので、失礼が無いようにしっかり確認しましょう。

お札の表側が袋の裏側に来るように揃えて入れます。つまり、通夜見舞い金ですと手渡す際には、袋の表側にはお札の裏側が上になっている状態ということです。

新札と旧札で悩むこともありますが、新札しかない場合には仕方がありませんが、あえて新札を入れる必要もなく、その逆でどうしても旧札にしなければいけないということもありませんが、地域の風習によっては大きくこだわる場所もあります。もし確認出来るようであれば事前に調べておくとスムーズです。

お札の入れ方にもマナーがありますので、是非この機会に習得しておきましょう。

中袋・中包みの書き方は?

では次の段階ですが、中袋や中包みの書き方はどうしたら良いのでしょう。

まず中袋や中包みの説明です。通夜見舞いの袋の中に直接現金を入れるのではなく、現金を入れる封筒が入っていてこれが中袋や中包みです。真っ白でシンプルですが現金を入れて包んで終わり…ではありません。

中包みの表または裏に金額を記載します。難しい漢数字を使用するのがマナーとなっています。更に裏側には自分の住所や名前を記載しておくと良いでしょう。

完成した中袋や中包みは、通夜見舞いの袋に入れて持参します。

手渡す際にはたとえ表書きに通夜見舞いと記載しておいても、念のため通夜見舞いを持参したことを強調してきましょう。香典などと同じにされてしまうこともあります。

まとめ

近しい人の不幸があった場合、それだけで気が動転して冷静な判断ができなくなります。通夜見舞いというあまり聞き慣れない言葉ですが、故人が亡くなってしまった悲しい気持ちを少しでも早く伝えたい時や、苦しい闘病などで入院していても見舞うことができなかった時は、真っ先に駆けつけることも大切です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい