永代供養にかかる費用は?相場をご紹介!

葬儀やお墓に対する考え方が多様化する現代では、永代供養という選択肢を用いて遺骨を保管するケースが増えています。永代供養という言葉は知っていても、詳しい内容は実はあまり分かっていないという方も多くいます。費用や相場を含めて、あまり理解されていない永代供養について紹介します。今後選択肢を増やして多様化する時代に対応できるように、是非参考にして下さい。

そもそも永代供養とは?


遠方に住んでいてお墓参りできない人や、お墓参りしてくれる人がいない場合でも、代わりにお寺が責任持って永代にわたって供養と管理をしてくれるお墓を指します。核家族化や子供がいない世帯が増えたことを背景に、最近増えている納骨の仕方です。一般的には他の人と一緒の墓や、同じ納骨室の棚に安置されることから、共同墓や集合墓、合葬式納骨堂などと呼ばれることもあります。

納骨する場所が墓地や霊園とは限らない考え方が増えている証拠で、交通アクセスが良い場所に立地されていることが多い永代供養の納骨堂は、今後希望する方が増える可能性があります。また親の代には田舎にあった墓地を引き払って、足を運びやすい場所に移す際にも、永代供養を検討する方がいます。

永代供養のメリット

墓地を設けて個人で管理するのは、昔は当たり前の行動でしたが、最近では家族の形やそれぞれの考え方が異なり、墓や先祖への考え方も変化しています。永代供養のメリットは、清掃や管理を任せられますので、忙しくて墓参りに行けない時でも安心です。雨や風を直接受ける墓石は、年月と共に劣化が進みますが、定期的に手入れをしておくことで丈夫で長持ちします。

また命日や彼岸などにも読経してもらえますので、職業によっては忙しくてタイミング良く墓参りができないからと心配せず、任せられるのも永代供養の良さです。お墓の購入時には、墓石の料金が高いことで大きな出費になりますが、合同で遺骨を管理する永代供養の場合、墓地の使用料が低価格で済みます。

永代供養墓の購入が適している人とは?

永代供養墓への関心を持つ方がいる一方で、大勢の方と一緒に管理されることに抵抗を感じる方もいます。ではどのような方が永代供養墓を購入すると良いのでしょう。

一番多いケースは、自分が亡くなってからのことを心配する方で、家族や親族に迷惑を掛けたくないと考えるタイプの方が関心を持ちます。そのような考えの方でも、予算に余裕がある方と、できる限り安く済ませたいということで調べていた結果、永代供養墓に辿り着くケースもあるようです。

また先祖のお墓を守ることで金銭的に苦しい思いをしている方も増えていて、墓地やお墓に対して、できれば費用だけでなく檀家との付き合いも控えたいという場合には、永代供養墓が適してします。

永代供養の流れを紹介

それでは永代供養の流れを紹介します。一言で永代供養と言っても様々で、最初から合祀墓へ入る場合と、個別に安置してから最終的に合祀墓へ入る場合、納骨を墓石安置型で行う場合では、多少流れが変わります。3つに分類される永代供養ですが、それぞれの流れを紹介すると共に、違いを比べてみましょう。

最初から他の方と共同のお墓(合祀墓)に入る場合

血縁関係など一切関係なく、全く面識がない他の方の遺骨と一緒に保管される合祀墓は、安く依頼できるメリットはありますが、初めから他の方と同じ場所に遺骨を保管するため、個別に遺骨を戻すということができません。

個別に安置した後合祀墓に入る場合

一般的な納骨の仕方と同じで、一定期間は墓地の中で遺骨が保管されます。永代供養する寺院の方針によって異なりますが、その後33回忌などの一定期間を経て、合祀墓へ保管されるようになります。

墓石安置型による納骨の場合

骨壺と石碑を用意して一つに集められて保管します。骨壺が個別になっていますので、同じ場所で保管されていますが、遺骨は他の方の遺骨と混ざっていないので、分骨をする際にも安心です。墓地を所有しても管理するまでの自信が無い方や合祀墓ではなく、個別で永代供養したい方に最適な手段です。

永代供養の費用はいくら?


永代供養の費用はいくらなのでしょう。流れが異なる永代供養は、費用もそれぞれに異なります。一つずつ紹介しますので参考にして下さい。

最初から他の方と共同のお墓(合祀墓)に入る場合

永代供養をイメージする方の多くがこの方法を思い浮かべると思いますが、大勢の遺骨を一緒に管理することで、低価格で依頼できるのが最大のメリットです。

費用は約10万円前後

他の方法に比べて安く依頼できます。預ける寺院によっては、戒名をつけることや位牌を残すこともできますが、料金がプラスされることもあります。

色んな人と共同に納骨

他の方の遺骨と混ぜて納骨されますので、後々になって分骨や改装を依頼することが難しくなります。血のつながりや面識の有無などを問わず、多くの方と一緒に納骨されますので、特別気にならないという方がいる反面、若干抵抗感を抱く方も少なくありません。

別名合同墓、合葬墓という

合祀墓という名前のほか、合同墓や合葬墓という別名もあります。一つの場所に共に保管されるという意味合いが込められた様々な呼び名が存在するようです。

個別に安置した後合祀墓に入る場合

一定期間は個別に安置することで、一般的な墓地での納骨と同じように墓石を用意します。その後33回忌などを区切りに永代供養される方法で、一般的な墓地での納骨と合同で納骨される合祀墓の両方を体感できますので、多少は費用を抑えられるのがメリットです。

費用は約20万~100万円前後

一般的な墓石を用意する関係上、合祀墓のみの永代供養よりも大きく費用が掛かるのが特徴です。

個別安置期間は寺院による

個別の安置期間は納骨されている寺院によって異なりますが、多くは33回忌など一般的に知られた期間を区切りにすることが多いようです。

合祀墓でも供養してもらえる

個別での安置期間が終了してからは、合祀墓での永代供養になりますので、双方の良い点を体感できるのが大きな特徴です。

墓石安置型による納骨のケース

墓石を用意して納骨しますが、永代供養なので墓参りや後継ぎの心配がありません。合祀墓への抵抗感がある方や、予算面で比較的余裕がある方におすすめです。

費用は約80~200万円

墓石の価格にもよりますが、他の二つの方法に比べて費用が大きく掛かります。

墓石を持ちながら永代供養

永代供養のイメージとは違い、墓石を持ちながらも墓参りの心配や跡を継ぐ人物がいないことを気にせずお墓を所有できる方法です。

墓石代わりの樹木葬型も人気


納骨する場所は墓石と思い込んでしまいますが、最近では樹木葬型の永代供養も支持されています。墓地などの決められた場所に樹木を植えて墓石の代わりにします。墓石よりも安く依頼できるメリットがあります。

永代供養の墓選び

安心して遺骨を預ける永代供養の墓は、全国各地にある寺院などから選ぶのは大変ですが、いくつかある注意点を知っておきますと、自然と厳選されてきます。

価格や費用の金額が適正であること

突然の追加費用や他の寺院に比べて高額であるなど、あまり良く調べないまま契約をしてしまいますと、トラブルに発展する金銭問題に巻きこまれます。インターネットなどで簡単に情報が入手できる時代ですが、一度は現地へ足を運び様子を知るなどしてから申し込みするのがおすすめです。

供養やお勤めが可能な寺院

預かるだけで何もしていない寺院や、業者へ依頼して任せてしまっている場合もあり、良く調べて情報を得ることが大切です。基準としては、電話受付窓口が寺院であることで、他の代行業者などの電話番号や問い合わせ先が記載されている場合、あらゆることを他へ任せている危険性があります。

現地へ足を運んだ時の雰囲気

サイトやパンフレットでは多少の演出が可能ですが、実際に寺院へ足を運んでみて、本当に任せられる寺院であることを、直観的に感じられることが大切です。大切な遺骨を預ける場所ですので、料金や立地場所も大切ですが、寺院の全体的な雰囲気などをしっかり確認してくることがポイントです。

永代供養の豆知識

葬儀や墓地などのことは、知っているようで知らないことが沢山あります。ここでは永代供養の豆知識を紹介していきます。是非参考にして下さい。

永代供養ならではのネットでの寺院探し

永代供養墓を効率良く探す為には、インターネットは欠かせない存在です。地域や宗派などを入力しますと、短時間で条件に合った永代供養墓が探せます。また、宗派を問わないところもありますので、こういったところもチェックしてみると良いでしょう。

永代供養よりもシンプルな送骨

送骨という言葉を知っていますか。専用キットを取り寄せて遺骨を寺院へ送って納骨してもらう送骨のサービスは、様々な法要などを排除して納骨する新たな永代供養の形です。お骨を郵便で送るということで、一見すると寂しさや人間味がない行動に感じられる方もいるかもしれませんが、今後依頼や問い合わせが増える可能性が十分にある供養の方法です。

やっぱり便利な屋内型の納骨堂

高価で立派な墓石でも、雨や風、雪などの自然現象によって、年月と共に傷や劣化が進みます。しかし納骨堂の多くは屋内型になっていて、墓参りの日に天候が悪くても安心です。また日常的に屋内で安置されていることで、防犯面なども安全なメリットがあります。

まとめ

いかがでしたか。永代供養という言葉を聞いたことがあっても、まだまだ知らないことが多かったにではないでしょうか。家族の形が変化すると共に、お墓や納骨に対する考え方も大きく変わろうとしています。全てに対して無駄がなくシンプルにという思いが強く、その思いが墓地や納骨の仕方にも反映されています。是非この機会に永代供養について考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい