終活相談は大切!相談場所や終活でやるべきことを整理

終活と聞くとマイナスなイメージを抱くかもしれませんが、残りの人生をどのように自分らしく生きて、悔いのない人生とするかを考える前向きな話です。最近では終活に関する様々なグッズ販売もされていて、自分一人でも進められるような印象ですが、やはり専門家の力を借りて行いたい…という方のために終活相談という選択肢があります。今回は終活相談について詳しく調べたいと思いますので、是非参考にして下さい。

終活相談とは?


では終活相談とは一体どのようなことなのでしょうか。

何となく将来への不安を抱いて落ち込んだ気持ちでいるのは日常生活にも影響があります。自分が何に不安を感じていて、その不安がどの程度現実的であるかをしっかり見極める必要があります。場合によっては必要以上に不安に持っていただけかもしれませんので、就活相談によって明らかにして気持ちを整理することは重要です。

また何もかも残される家族に任せてしまっては負担が大きく、特に現在は核家族化が進み子供との関係も多様化しています。自分でできることはある程度準備をして、少しのサポートを得られれば良いぐらいの気持ちでいるのが良いのかもしれません。

このように今現在を整理して残りの人生の過ごし方を考える機会となるのが終活相談で、広く活用されています。

なぜ終活相談が必要?

ではどうして終活相談が必要とされるのでしょう。

相続や葬儀、介護のことなど様々な問題が生じるため


普段は仲が良い家族や兄弟であっても、相続や葬儀、介護の問題が関わることで関係性が大きく変わる可能性があります。その中でも特に相続は複雑で、場合によっては大きな金が関係する事柄となります。しかしこれらは簡単に解決できるものではありません。特に当事者同士の話し合いは難しく、更に関係を悪化させるでしょう。終活相談へ依頼しますと、弁護士との提携などが行われていることが多く、スムーズに話が進められる事がありますので活用することをおすすめします。

終活相談ってどこにするの?

では実際に終活相談をしたい場合にはどこへ依頼するのが良いのでしょう。

終活カウンセラーへ相談する

終活相談ドットコムなどを始め、最近では多くの終活相談の専門会社が運営されています。そのような会社には、終活相談のスペシャリストである終活カウンセラーが在籍していますので、安心して自分のプライベートな相談ができる環境ということで、幅広く活用されています。

サイトや電話で相談する


またサイトへアクセスしてメールでの相談や電話相談ですと、忙しい方でも空いた時間を活用して知りたいことを教えてもらいながら、自分に合ったアドバイスが受けられます。

おすすめの会社は、終活相談サポートセンターやイオン、アイエムなどが有名で、親切で丁寧な対応が実現しています。

終活相談会やイベントで相談する

最近では終活相談のイベントも各地で開催されていて、無料で終活相談ができるケースが多くなっています。直接対面してじっくり話をしたい方に最適な方法です。住まいがある地域情報を参考にしますと、気軽に参加できるイベントがあるでしょう。

終活ですることを整理しよう

最後に終活ですることをまとめてみました。一つずつ整理してノートなどに記載しておきますと、家族とも情報を共有できます。

お葬式・お墓のこと

自分がどのようなお葬式を希望しているか、誰に連絡をして葬儀に参列をしてほしいかを整理しましょう。お墓についても大切です。既に準備ができているのであれば問題ありませんが、遺された家族に任せるには負担が大きいので、お墓探しを済ませておくと安心です。

相続などお金まわりのこと

自分が頑張って働いた証である財産は、現金のみでなく土地や建物などの不動産関係も含めて重要なポイントです。誰にどの程度分配するかを決めて証書を作成するなど、専門家へ相談するのも一つの方法です。

医療・介護のこと

かかりつけの病院や何かあった時に入院を希望する病院の手配、介護施設の下見や誰に面倒を見てもらいたいかを決めておくためには、家族との話し合いが必要です。

身辺整理のこと

最近では物を抱え込まずに必要最低限のもので生活するシンプルな暮らしが主流となっています。洋服や食器など、身の回りの持ち物などから少し整理をすると気分もスッキリします。

遺言のこと

遺言書は個人で作成するよりも、専門家に立ち会ってもらって正式な文書を作成しましょう。そのためには自分が伝えたいことをしっかり整理して、何度も作り変える等の手間を掛けないようにするのがコツです。

まとめ

終活相談について詳しくまとめてみましたが、参考になりましたか。今の自分を改めて見つめ直して、残りの人生を悔いなく過ごせる終活相談は、決してマイナスなことばかりでないようです。終活アドバイザーを始め、専門知識を持つスペシャリストに相談しておきますと、安心して余生を楽しめるはずです。興味がある方は、終活相談に向けた準備を是非始めてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい