親族への香典返しの相場は?

葬儀を行うと親族からの香典が集まります。血縁関係者であることから金額的にも大きな額であることが多く、お返しをしないのは失礼にあたります。親族への香典返しの相場について詳しく紹介しますので、悩んでいる方は是非参考にして下さい。

香典をいただいたら親族にも「香典返し」を


いただいたままにするわけにはいかない香典は、お返しをして感謝の気持ちを伝えるのがマナーです。特に親族への香典返しの費用はどうしたらよいのでしょう。

親族への香典返しの費用は?

親族への香典返しの費用は、どの位必要なのでしょう。関係が深い分だけ余計に気をつかうことがあります。

半返しでなくてもよい

香典返しに用いられる半返しですが、親族からの香典は高額なことが多いでしょう。一般的にはいただいた香典の半額で香典返しを行うとされていますが、地域によっては親族など高額の香典をいただいた場合は必ずしも半額でなくても良いとされています。

ですので、他の参列者よりも少しランクアップをする程度でも良いのかもしれません。

やや高額なおすすめの香典返し

では実際に香典返しをする場合、どのようなものが良いのでしょう。最近では店舗をいくつも見て回る手間がなく、インターネットで注文できる便利さがあります。カタログギフトと百貨店のオンラインショップの二つを紹介します。香典返しを探す際の参考にしてみてはいかがでしょう。

カタログギフト


カタログギフトの最大のメリットは、やはり商品選びを先方に任せられる点です。何が喜ばれるか…と考えるだけでも大変ですが、届いたカタログから選んで申し込みしてもらうだけですので、年齢を重ねた方でも簡単に手続きできます。

カタログギフトは金額別にカタログが設定されていて、いただいた香典の金額に合わせてカタログを発注します。金額に関係無く、全て統一してしまっても良いでしょう。

カタログ内の商品は様々で、全国各地の名産品や日用雑貨など、多彩な内容から選べます。普段は口にできないような高級品を楽しめるのもカタログギフトの良さで、子供から大人まで誰もが満足できる一品が選択できるはずです。

食べ物では食べて消えてしまうので、記念に残るものが欲しい…と考える方もいます。そのような方におすすめなのは、一つのカタログから2つ選べるカタログがあります。一つは食品を選んでもう一つは形に残る物を選ぶほか、子供向けと大人用に分けてカタログからそれぞれが選ぶなど、受け取った側で好きなように活用できるのがメリットです。

送料も全国どこへでも無料で届けてもらえますので、遠方から参列した親戚へも送料を気にせず同じカタログを香典返しに利用できます。また宅配便で届けられることで、先方に届いたことを知らせる連絡サービスなどがあり、安心で安全な香典返しが実現します。

香典返し.com



百貨店などのオンラインショップ


また名の知れた百貨店を利用して香典返しをしますと、一層豪華な印象になります。しかし店頭へ行く時間がない場合や、近くに店舗がないことも考えられます。そのような時に便利なのは、百貨店のオンラインショップです。自宅にいながら高級品が閲覧できるので、ゆっくり時間を掛けてセレクトできます。

皆同じ物で統一してしまう方が楽な香典返しですが、相手の顔を思い浮かべながら一軒ずつ違うものを選んで送れるのも百貨店の香典返しの良さです。

香典返しに最適なタオルや寝具を始め、日本茶や菓子類などデパートにいるような感覚で商品が選べる便利さがあります。カタログギフトのように、カタログを送ることも可能ですので、多種多様な中から選べます。勿論香典返しののしをサービスするほか、あいさつ文が記載された礼状を同封する心配りまであります。

オンラインショップですが、注文の仕方が様々で、自宅や店頭での商談の他、ファックスやメールまで幅広い手段で申し込みできるので安心です。

伊勢丹のお香典返し

香典返しはいつ頃手配する?

香典をもらってすぐの時期は、まだ喪中でありますので、色々な執り行いを控える時期です。四十九日を過ぎてから徐々に行動を開始して、手配すると良いでしょう。

しかし当日返しや即日返しとして、通夜や告別式の日に香典返しとして、参列者全員に同じ品物を配る場合もあります。これは事務的な作業を軽減するためで、誰からいくらもらって…という作業は、葬儀に規模によっては大変な場合があり、身内の仕事となるケースが多いです。香典返しにも様々なスタイルがあるようです。

まとめ

いかがでしたか?親族への香典返しのマナーや相場を知っておきますと、これからの関係も良い状態で維持できる上に、更に頼りになる存在となるでしょう。金額が大きいことで香典返しに費用設定に悩んでしまいますが、半返しにこだわる必要がないという情報はとても役立ちます。

感謝の気持ちを込めて香典返しを選びますと、金額に関係無く思いが伝わり喜んでもらえるはずです。香典返し選びで悩んでいる方は、様々な店舗やサイトを比較して、より良い商品の品揃えがある所を是非活用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい