老後に役立つ資格は?今から準備して安心の老後を!

老後の生活を少しでも豊かにするためには、様々な知恵や工夫が求められますが、事前に準備をすることで、安心して穏やかな余生を過ごせます。そのために必要な資格取得は、少しでも年齢が若い時から技能を身につけ、老後の就職に備えることが大切です。老後に役立つ資格を紹介して、安心して過ごせる準備の仕方を伝授しますので是非参考にして下さい。

老後の生活を有意義にするために資格を取得しよう


資格を活かして働けるということは、自分が好きなことや得意なことが仕事に繋がっているということになり、生活のために働いているという感覚ではなく、好きなことをして収入を得ているという考えができるようになるでしょう。高齢化社会に既に突入している日本では、年齢を重ねてからでも元気で働く人は沢山います。自分にしかできないことや、楽しく働ける仕事が見つけられることは、この上ない喜びになるでしょう。

老後資金不足を補うために・・

年金が受給できるので、働く必要がないのでは?と思うかもしれませんが、受給された金額だけで生活できる人はわずかで、その方々も金銭面で余裕がある生活をしている人はわずかなはずです。老後の生活には3000万円から4000万円が必要とされていて、それらの大金を既に入手できている人は優雅な老後を過ごせますが、多くは年齢を重ねてからでも汗水流して働いているのが現状です。

退職金があるので大丈夫…というケースもあるでしょう。しかし近年では退職金の金額にあまり期待できることはなく、住宅ローンなどの完済に充てられることが多く、生活資金に回ってこないのが現状です。

老後の就職で資格は有利!

では老後の就職にはどのような準備をするのが良いのでしょう。健康で元気な自分が一生懸命働くしかありません。そのためには、少しでも有利に仕事探しができて年齢を問わず職探しができる資格の力を借りることです。国家資格から民間の資格まで幅広くあり、現在では専門知識を活かせる沢山の資格が存在しています。趣味と実益を兼ねて自分が得意とする分野の資格取得を若い時から行っておきますと、年齢を重ねて就職先を探すころには、豊富な実務毛権を有する人材となっているはずです。

おすすめの資格は?

いざ資格を取得しよう!と思っても、実際に活用できる資格の方が即戦力として役立ちます。また費用面でも効率良く欲しい資格をする方が断然お得です。ここではおすすめの資格として5つ紹介します。良く知っているものからあまり馴染みがないけれど職探しに有利な資格まで幅広く揃っていますので、是非参考にして下さい。

DIYアドバイザー


最近では男性だけでなく女性も気軽に楽しむようになった日曜大工ですが、手作りが好きで仕事として活かしたい方におすすめなのは、DIYアドバイザーの資格です。

日曜大工や住まいの補修などに興味があってやってみたいけれど、どうしたら良いか分からない方にアドバイスをしてサポートできる資格となります。

材料の選び方や道具の使い方など、初心者には分からないことが沢山あります。DIYアドバイザーに資格を活かして、多くの方に手づくりやDIYの楽しさを伝える役割があります。更に活躍の場を広げることも可能で、サークル活動での講師として沢山の人に関わることもできます。

DIYアドバイザーの資格試験は、一次試験に学科を行い、二次試験に実技と面接を行います。合格者にはDIアドバイザー認定証が交付されます。

英検・TOEIC

語学を活かして仕事に繋げられるのは、若い時から憧れていた…などという方もいるはずです。海外の方とコミュニケーションを図りたくても、言語の壁によって思うように交流を深められないことがあります。英語ができることで、日本語学校で日本語を教えるなどの仕事に携われるほか、観光案内やインフォメーションセンターでの仕事など、多彩な選択肢から職業を選択できます。

英語の資格試験と言えば、英検と呼ばれて広く浸透する日本英語検定協会が行う検定試験が主流です。級別でレベルを分けて受験できるのがメリットで、筆記試験とリスニング試験によって合否判定が行われ、上級になりますと二次試験として面接試験が行われて最終的な合否判定がされます。

英検とは違う形で英語の資格を取得することもできます。スコアでレベルを判定するTOEICも受験者数を伸ばしています。最近は英検よりもTOEICでのスコアを表化宇する企業も多く、幅広い年代の受験者がいるのも特徴です。

言葉を通してコミュニケーションが図れることは重要で、英検やTOEICの資格を取得しておくことで、直接英語を使用する仕事でなくても、一緒に働く人の中に外国人がいる場合など、サポート役としての役割を与えられる可能性もあります。

中小企業診断士

中小企業診断士の資格について知っていますか。企業の経営に対するアドバイスやサポートをする立場の存在である中小企業診断士は、軽軽コンサルタントのような役割を担います。専門知識を求められることから、資格を取得していることは大きな強みとなり、故人で独立して事業を立ち上げることもできます。

資格試験の内容も本格的で、一次試験後の二次試験では、筆記試験と合わせて口述試験を行い、最終的な合否判定をします。経営に関する相談相手が欲しい中小企業にとって、中小企業診断士の存在は大きく、頼りになりますのでやりがいがあるはずです。若い時に資格を取得して実績を重ねておきますと、年齢が高くなっても同じ仕事を継続できる可能性があります。中小企業診断士のように信頼関係が仕事に大きく影響する立場の方は、一度獲得した契約関係は、大きなトラブルがない限りは継続されます。

専門的な知識と共に、人望の厚さも求められるのが中小企業診断士です。

宅地建物取引士

不動産のスペシャリストである宅地建物取引士は、宅建と呼ばれる国家資格として知られています。人気が高い資格試験の一つで、仕事で必要に迫られて受験する方だけでなく、資格試験を受験することを目的に趣味のようにして受験する方もいる資格です。

国家資格ですので内容は難しく、それなりにしっかり勉強しないと合格は難しいでしょう。何度も不合格で、何年も掛けて受験してようやく合格した経験を持つ方もいます。試験が1年に1回のため、次の試験まで1年待たなくてはいけませんので、合格まで時間が掛かる方が多いようです。

不動産に携わる仕事は安泰で、住まいに関する専門知識を持つ人材は活躍の場が広くあります。また年齢を重ねてからでもできる仕事である不動産業界は、自分で事務所を開設して事業を展開させる夢も広がります。男性のイメージが強い宅地建物取引士ですが、最近では女性受験者数が多くなっていて、合格後には沢山の方が不動産業界で働いています。

マンション管理士


宅地建物取引士と同じく不動産関係の資格であるマンション管理士は、いったいどのような資格になるのでしょう。マンション管理士の資格所得者の多くは、宅地建物取引士の資格を取得していることが多く、大変関連性があります。マンション管理士はマンション管理に関わるスペシャリストですが、直接管理員として働くわけではありません。

様々な考えを持つ住民が一つの集合住宅に住まうマンションの場合、管理費やマナーの問題、近隣住民とのトラブルなど様々です。管理会社のみではフォローできない部分をマンション管理士が仲介役となり、様々なアドバイスを行います。

そのために必要な専門知識は、マンション管理士の資格試験を取得することで証明されます。

宅地建物取引士と同じく、1年に1回しか試験が開催されていないので、万が一不合格になってまた挑戦したくても1年間待って受験する必要があります。受験者数は多くなっていますが、難関試験として知られるマンション管理士は、毎回合格率が10%に満たない狭き門となっています。

自分に合った資格をみつけよう!!

沢山の資格試験について詳しく紹介しましたが、参考になったでしょうか。この他にも沢山の資格がありますので、自分に合った資格を探して勉強を開始してみるのがおすすめです。

勉強の仕方も様々で、参考書を購入して独学で勉強することも可能ですが、通信講座やスクールに通うなどしますと、同じ目標を持つ仲間と知り合うきっかけにもなります。

資格取得で夢を現実に!

資格を持っていることの強みは、その資格そのもののネームバリューなどもありますが、頑張って勉強して取得したことで、自分にとっても大きな自信に繋がります。自信を勝ち取った人の行動力は素晴らしく、夢に向かってどんどん突き進む力強さがあります。資格職を通して、自分の夢や憧れを形にしてみてはいかがかでしょう。

資格を選ぶうえでの注意点

沢山ある中から資格を選ぶ場合、気を付けることや注意することがありますので紹介します。こんなはずではなかった…と後悔しない選択をする為に役立てて下さい。

即戦力として活かせつ資格を選ぼう

仕事に繋がる資格を選んで取得するのがおすすめです。勉強のしやすさや自分の興味だけで決めてしまいますと、仕事向けに資格というよりも趣味で検定試験を受験している感覚になりますので気を付けましょう。

勉強法や予算を決めてアイテムを揃えよう

その人の性格や受験する資格にもよりますが、独学が良いか通信講座を選んで受験するのか、場合によってはスクール探しをする必要があります。自分の生活スタイルや予算も含めて、最適な資格と勉強方法を選択する判断が必要です。

まとめ

いかがでしたか?老後のことを考えて資格を取得するようにしますと、長く続けられるしごとや、シニアになっても求人が多い仕事に関連する資格を選択するようになります。勉強をして試験に合格することで得られる資格取得の喜びは、受験したものにしか分からない大きな自信となります。自分が興味を持つ分野を中心に探して、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい