老後でも稼げるおすすめの仕事は?

定年退職をしてからはゆっくり旅行を楽しみながら優雅な生活を…などと言う方も一部にはいますが、まだまだ元気よく働いているシルバー世代が多いのが現実です。もちろん金銭的な面で働いている方もいますが、自分が好きなことに関わりながら仕事をしているケースもあります。様々な働き方や仕事の選び方ができるのは、定年退職後のシニアならではの考え方です。老後でもしっかり稼げる仕事について紹介しますので、是非参考にして下さい。

定年後の働き方とは?


定年退職後の働き方にはどのような形があるのでしょうか。働き方が多様化している現役世代同様にシルバー世代の働き方も多様化しています。

今まで働いていた企業で立場を変えて継続雇用

正社員としてではなくなり、派遣社員やアルバイトのような立場で定年退職した企業にそのまま残るケースも多くなっています。定年退職をしても自分の居場所が確保されている安心感がある働く側と、会社のあらゆることを知り尽くした人物に残ってもらえる企業側との思いが合致して、双方にメリットがある働き方になります。

全く違う分野への挑戦

今までデスクワークだった方が、畑違いの体を動かすアクティブな仕事を選択するなど、同じような仕事ではなく、あえて違うタイプの仕事に挑戦するというのも一つの方法です。現役で働いていた時には、家族を養うという義務的な縛りがあり、転職をする機会や勇気を持てずに過ごした方も沢山いるはずです。肩の荷がおりて少し気楽に仕事探しができる定年退職後は、自分へのラストチャンスの意味を込めて冒険してみるのも良いでしょう。

在宅での仕事を選択


自宅での開業をはじめ、改めて外へ出て働くことをしなくても、インターネットが普及した今の時代では、自宅で仕事して収入を得ることは十分可能です。一度退職をしてしまいますと、また新たな職場を探すのは大きな負担となります。それほど生活に困っていない場合や、収入以上にゆとりや余暇を贅沢に楽しみたい場合は、在宅での仕事を検討することも可能です。自宅の空いたスペースをオフィス代わりにするなどしますと、テナント料を削減して開業や在宅勤務を続けることが可能です。

収入の相場とは?

では定年退職後のシルバー世代は、どの位の収入を得て生活をしているのでしょう。厚生労働省の発表では、老後の平均世帯年収は221,227万円で、夫婦二人で仕事している場合やどちらか一方が稼いでいる場合と様々ですが、贅沢をしなければ十分生活できる収入を得ているようです。

シルバー世代の大きなメリットとして、子供が既に大きく成長している可能性が高く、成人を迎えて独立しているなど、子供への教育資金がほとんどいらない点があります。また住宅ローンを退職金などで完済させていますと、それほど大きな負担がなく無理なく生活できる金額です。しかし年齢とともに元気に働けるのは短時間になるなど、長時間の過酷な勤務は難しくなり、働き方を常に考える必要があります。

ハローワークを活用しよう

ハローワークに足を運んだことはありますか?職安と呼ばれる職業安定所のことですが、仕事を探したい時には、新聞折り込みチラシの求人広告も良いですが、ハローワークの求人情報を活用して仕事探しをする方が多いです。公的機関が運営しているという安心感が多きく、マンツーマンで職員が相談に応じてくれるのは嬉しいサービスです。

ハローワークの求人情報をチェック

地域によって異なりますが、最近はパソコン画面を通して求人情報を検索できるので便利です。年齢や勤務地域、職種などの条件をインプットして簡単に仕事探しが行えます。定期的に足を運ぶことで最新情報が常に更新されていますので、タイミングによっては早い段階で応募して面接まで話が進められます。

詳細はこちら

仕事の種類が豊富にあります

ハローワークに足を運ぶのは様々な世代の方で、多種多様な働き方の可能性があります。主婦がパートを探す際にもハローワークは活用されますので、短時間でもしっかり稼げるものや年齢を重ねても続けられるものなど様々です。職種も豊富で接客を始め、製造業や清掃に関する仕事まで多数あります。

サポートを受けながら仕事が探せます

自分一人で仕事を探すのは心細いですが、ハローワークの場合には職員と相談しながら話が進められるメリットがあります。また講習会などのイベントも開催していて、仕事探しの合間にスキルを高められますので、興味がある勉強内容の場合は積極的に参加すると良いでしょう。

シニア世代の募集が多いアルバイトは?


老後に働きたいと思っても、思うように見つからない時や、面接で不採用が続くと落ち込んでしまいます。そう考えますと、募集が多い所で効率良く仕事を探した方が良いのかもしれません。シニア専門のハローワークと言っても過言ではなくシルバー人材センターを始め、様々な仕事について紹介します。

シルバー人材センター

シニア世代が働きたい時に頼りになるシルバー人材センターは、働きたい意欲を実現できる場所です。地域に貢献できる職種の案内が多く、やりがいのある仕事を通して世間の役に立てることが喜びに変わります。何より同世代の方と気兼ねなく働けることが多く、現役の時ほどの収入にはならなくても、誇りをもって仕事に取り組めるメリットがあります。

清掃業

地味で細やかな気配りが必要な清掃業は、主婦歴が長いシルバー世代の女性に最適な仕事です。腰を曲げて行う作業など体への負担も大きいですが、体を動かしてアクティブに働きたい方にお勧めです。また早朝や夜間など、勤務時間の融通が利きやすい点もシルバー世代が支持される理由です。

自分で教室を開く

働くイコール外へ出て雇用されるとイメージしますが、自分が好きなことを仕事にしてしまう方法もあります。自分で教室を開く際には、どのような種類があり手続きが必要なのでしょう。

個人事業主になるには開業届を提出

事業を開始したことを税務署に届け出する必要があります。申請に費用は一切掛からず行えます。個人事業主の開業届出・廃業届等手続という書類をもらい、申請します。また開業の手続きのみならず、税金の手続きなども自分で全て行うようになりますが、どうしてもうまく進められない時には、税理士などに相談すると安心です。

音楽教室

ピアノやヴァイオリンなど特技を生かして働ける音楽教室は、自分のペースで生徒の募集人数やレッスン日を調整できますので安心です。同世代のシニアに教えるのも良いですが、子供や若い方と交流する機会が持てるのも音楽教室の良さです。

絵画教室

絵心は短期間で習得できるものではなく、本格的にならいたい方が多い分野です。自己流でも進められる絵画ですが、道具を揃えてとなると一念発起して行動する必要があります。絵画教室なら、同じ目的を持つ生徒同士で楽しみながら美術の世界に浸れるでしょう。

高齢者向けのパソコン教室

指先を動かす作業は、認知症予防に最も効果的と言われています。高齢者向けのパソコン教室なら、自分のスキルを活かしながら高齢者と交流できます。近所の人を中心に生徒募集をしますと、通うのが負担にならないことから生徒が集まりやすいはずです。

女性ならではの仕事とは?

主婦として働いた経験が長いシルバー世代の女性は、手際も良く家事をこなすスキルが自然と身についています。女性ならではの働き方を紹介します。

料理教室


家庭料理からパンや菓子作りまで、興味がある若い方は沢山います。年齢を重ねてからでもできる料理教室は、自宅を改葬して教室を開くほか、アシスタントとして雇用される選択肢もあります。

家事代行サービス

最近は家事の手間を省いて専門会社に依頼する方が増えています。家事代行サービスで働きますと、仕事を通して家事のコツを改めて学べるはずです。何より依頼者に喜んでもらえた時のやりがいがあります。

もっていると有利な人気資格とは?

やはり仕事に就くために役立つのは資格です。そこで、今回は取得しておくと有利な人気の資格を紹介します。

定年後の仕事に活かせる資格とは?

定年後の働き方は、自分のやりがいを優先して職業を選んでも良いのかもしれません。人気がある資格を紹介しますので、自分に合った勉強方法で資格取得を検討するのがおすすめです。

食生活アドバイザー

栄養に関することや食生活、食文化などを学んでアドバイスをする立場になる食生活アドバイザーは、取得することで食品関係の仕事や介護施設など幅広い場面で求められる人材になることができます。

ファイナンシャルプランナー検定

ファイナンシャルプランナー検定は、お金のスペシャリストになれる人気の資格です。仕事としても役立ちますが、年金制度や受託ローンなど知っているようで知らないことを、勉強を通して学べます。資格を取得した後は、ファイナンシャルプランナーとして独立することも可能ですが、マネー講座などの講師やアドバイザーのような働き方もできます。

アロマテラピー検定

趣味が転じて受験する方もいるアロマテラピー検定は、人に癒しを与えて喜んでもらえる資格ですので持っていると様々な場面で活躍できます。若い方にしか関心がない分野のイメージですが、アロマの力は現在介護の分野でも注目されていて、介護職員がアロマテラピー検定の勉強をすることもあります。女性が憧れるアロマのコーディネーターには欠かせない資格です。

まとめ

いかがでしたか?老後でも稼げる仕事は沢山ありますが、自分に合う働き方を見つけるのは難しいかもしれません。しかしシルバー世代ならではの働き方や職種があり、需要が高まっている分野も増えています。高齢化社会に突入している日本では、シニアの働き方や、経験豊かな高齢者の力が大きく求められています。やりがいがある仕事を探して、充実した老後を過ごしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい