自宅葬のメリットとデメリットは?

昔は自宅で葬儀を行い、近所の人たちが手伝いに来る…などという自宅葬の風習がありました。現在も一部の地域ではそのような形で葬儀が行われているようですが、珍しいケースとなっています。しかし故人の生前からの要望や家族の考えなど、様々な理由で自宅葬をすることもあるでしょう。自宅葬のメリットとデメリットについて考えてみました。是非参考にして下さい。

自宅葬とは?


文字の通り故人の葬儀などを自宅で行なうことを自宅葬と言います。葬儀会社へ依頼して行うことも可能ですが、全て個人で行うこともできますので、思い通りの葬儀を格安で執り行えるでしょう。一部の葬儀会社では自宅葬のプランを用意していますので、葬儀会社へ相談する場合には、そのようなプランを活用すると安心です。また全てを個人で手配して行うのは大変ですが、故人が生前から希望していて大好きな自宅で最後まで過ごしたいという考えを持って家族に依頼していることもあります。

自宅葬のメリットとデメリット

では自宅葬のメリットとデメリットを考えてみましょう。

自宅葬のメリット

自宅葬のメリットは、やはり費用面での削減が一番大きいですがその他にも良い点はあります。一つずつ見ていきましょう。

住み慣れた家で送り出せる


長く住んでいた自宅が一番落ち着くと誰もが感じるように、葬祭場での慌ただしい葬儀よりも自宅から送り出したいと考える家族は多くいます。その思いを実現できるのが家族葬です。

故人と長い時間を過ごせる

葬祭場へ依頼してしまいますと、事務的な作業になってしまうので、故人と長く過ごすことは難しいですが、家族葬の場合には自由に設定できます。

場所代が掛からない

葬祭場へ依頼して葬儀を行いますと、それなりの大きな金額が掛かります。特に貸し切る形で会場を使用することから、場所代が費用の大半を占めているといっても過言ではありません。その点自宅葬の場合、自宅で行ないますので場所代を気にすることはありません。

自宅葬のデメリット

一方のデメリットには何があるのでしょう。自宅葬を検討している方にとっては気になる項目です。

手間が掛かる

葬儀会社へ依頼しますと様々な手配などを一括して依頼できるのでそれほど負担ではありませんが、自宅葬の場合には安く済む反面手間が掛かりますので、気苦労が絶えません。

近隣住民への配慮が必要

自宅葬の場合には、自宅で葬儀を行う関係上、人が集まることを了承してもらい、場合によっては手伝いを依頼するなど、近隣住民への気配りが求められます。

スペースを確保しなければならない

自宅が広い場合には問題ありませんが、祭壇を飾って棺桶を配置するとなりますと、想像以上に自宅を占拠することになります。

収容人数に制限がある

沢山の弔問客が訪れることは喜ばしい話ですが、人数を制限して自宅に招く必要がありますので、一同が集まって話をするなどという時間が設けられないデメリットがあります。

自宅葬の特徴

では実際に自宅葬を検討するという場合、費用はどの程度かかるのでしょう。また自宅葬の葬儀へ参列する際の香典や供花についても紹介します。



自宅葬に掛かる費用

では自宅葬を依頼する場合の費用は、どの位の金額になるのでしょう。最近では葬儀会社でも自宅葬プランを設けるケースが多く、葬儀会社でのサービスを受けながら自宅で葬儀をできるようになっています。規模や親族の人数などにもよりますが、40万円から60万円となっていて、豪華な祭壇など様々な必要なものが全部含まれた金額となっています。

依頼する葬儀会社によってサービスは異なりますが、葬祭場へ依頼するよりも大幅に安い価格で進められます。また葬儀会社へ依頼せず全て個人で行いますと、更に出費を抑えて自宅葬ができます。

自宅葬への香典と供花


自宅葬でも故人との関係は変わりませんので、香典も供花も葬祭場で行う場合と同じように、故人への気持ちを添えて持参します。金額も大きく変化させる必要はなく、相手との関係性に見合った金額で問題ありません。

自宅葬の参列者マナーは?

大勢の方が集まる自宅葬では、参列者のマナーによってスムーズに葬儀が進むこともあります。進行を妨げるようなことが無いように、常識がある行動が求められます。場合によっては狭い敷地で行うこともあり、道路にまで参列者が並んでしまうこともあるでしょう。住変住民への交通の邪魔にならないように、隅に避けて整列し、乱れているようであれば互いに声を掛けるなどの配慮が大切です。

まとめ

いかがでしたか?最近では珍しいものとなってしまった自宅葬ですが、取り仕切る側の時と参列する際のマナーと両方について理解が深められたはずです。故人が好きだった自宅から静かに見送ることができる反面で、様々な手間が掛かるのが自宅葬です。自分自身や家族がどのような葬儀を希望しているのかを考えて話し合う良い機会になりますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。



あわせて読みたい