葬儀の積立てについて。相互会の仕組みを知ろう!

当事者にならないと実感できないことが沢山ありますが、その一つとなるのが葬儀費用の支払いでしょう。日々の生活費の工面で苦しい場合でも、先に取り分けて積み立てをしておきますと、残金で預貯金を増やすよりも確実です。今回はあると心強い葬儀の積み立てについての記事です。是非参考にして下さい。

葬儀費用の積立は重要


最近では小規模化して葬儀を行うケースが増えていますが、それでも日常生活で支払っている金額では想像ができない出費が求められます。

葬儀費用の平均値は、葬儀一式で約130万円から200万円と言われていて、急な身内の不幸で慌てた経験を持つ方も少なくありません。

意識して積み立てをしようと思っていても普段の生活で使用してしまい、思うように予算を取り分けておくのが難しいのが現状です。

葬儀費用の相場は?

では葬儀費用の相場はどの程度の金額なのでしょう。葬儀の規模や地域によって違いがありますが、おおよその見当がつくはずですので是非参考にして下さい。

葬儀一式の相場は?


地域や葬儀の規模によりますが、全国的な平均として120万円前後が相場とされています。葬儀会社では一括依頼できるプランが主流となっていますが、良く内容を確認しないで申し込みを済ませますと、大切な項目がオプション設定なっているなど、思いがけない追加料金を請求されることがあります。

 

飲食接待に関わる相場は?

飲食接待も大きな費用のひとつで、あまり豪華にする必要はありませんが、その逆もせっかく参列している方に対して失礼になります。葬儀会社のプランに含まれていることが多いですが、何人分がセット料金依含まれているかしっかり調べる必要があります。

全国的な平均は35万円前後が相場とされていています。

 

寺院費用の相場は?

では寺院費用はどうでしょう。主な費用の内訳は僧侶への謝礼金が大きな割合ですが、気持ちを添える部分が多く、値段設定が難しい場合があります。

全国的な平均は45万円前後です。葬儀一式の費用や飲食接待に関わる金額と合わせますと、200万円近い金額が掛かることが理解できます。

葬儀費用の積み立てができる互助会について知ろう。メリットとデメリットも紹介

互助会のことを知って葬儀費用を賢く積み立てることも大切ですが、メリットと共にデメリットについても知っておいた方が安心です。

互助会とは?

互助会という言葉を聞いたことがあるでしょうか。結婚式や葬儀などの冠婚葬祭の関わる費用を事前に積み立てをしておける機関で、自力での貯蓄に苦労している方をサポートする仕組みです。大きな金額を突然支払うことなく、毎月コツコツ貯められますので安心です。

 

互助会のメリット

ではメリットはどこにあるのでしょう。

やはりいつかに備えられている安心感が一番大きく、今まで貯金などが上手く進められなかった方でも、互助会のサポートによって積み立てが実行できるという達成感が味わえます。

また物価が変動しても掛け金や積立金に大きな影響がない点も大きなメリットです。

 

互助会のデメリット

一方のデメリットはどうでしょう。

せっかく契約をしても、様々な理由で解約を申し出た場合、解約すると解約金が発生する可能性があります。このシステムを理解しないまま安易に申し込み手続きをしますと、トラブルが発生することもあります。

大切な契約手続きですので、細かな内容までしっかり確認して、こんなはずではなかった…と後悔しないようにすることが大切です。

 

積立金は葬儀費用の一部のみ?

行う葬儀の規模によっては、積立金のみで全ての葬儀費用を完済できるわけではないようです。場合によっては、不足分が生じることも十分考えられますので、追加での請求にも驚かないように心の準備とある程度余裕がある資金の準備をしておくのがおすすめです。

 

積立可能な葬儀屋は?


積み立てに適した葬儀会社をいくつか紹介しますので、良く比較検討をして申し込みを考えてみるのがおすすめです。

ベルコ

全国各地に拠点があるベルコは、わずかな掛け金から開始できるのが特徴です。オンラインで入会申し込みが可能な便利さがあり、初めての方でも問題なくスムーズに手続きが進められますが、詳しい問い合わせを電話で受付していますので安心です。

 

JA

農業関係者のみが利用できるイメージですが、農業に携わっていなくても葬儀に関する積み立てはできます。難しい手続きの必要もなく入会できる上に、抜群の知名度によって多くの会員数を誇ります。

 

日本セレモニー

冠婚操作に備えて積み立てができる日本セレモニーは、全国各地に300か所以上の拠点がありますので、転勤や引っ越しなどで契約時とは住所が変更されても、同じようにサービスが受けられます。加入者以外の家族が利用できることで、幅広い用途に活用することが可能となります。

 

まとめ

いかがでしたか?葬儀の費用について改めて考えると同時に、様々な選択肢の中から選んでもしもの備えができることが理解できました。決して安い費用では済まない葬儀の支払いは、わずかな金額でも少しずつ積み立てて増やしていくことが大切です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。



あわせて読みたい